熊リハ発!エビデンスがわかる!つくれる! 超実践リハ栄養ケースファイル

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2019-12-31
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784765317986
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,620 円(税込)

商品紹介

本書では、ADL低下を伴うサルコペニア・低栄養患者に対して行われるリハビリテーション栄養(リハ栄養)について先進的に取り組んできた、熊本リハビリテーション病院(通称:熊リハ)におけるケーススタディもとに、エビデンスを提示しつつ、そのつくり方(臨床研究のススメ)まで網羅。
現状、エビデンスが限られた状況のリハ栄養の取り組みについて、確かな根拠を示しつつ、その基本と実践的ポイントが学べる「リハ栄養のエビデンスがわかる!つくれる!超実践的入門書!」

目次

  • Prologue:なぜ、リハ栄養なのか:リハ栄養のwhy、what、how
    ・リハ栄養とは
    ・リハ栄養ケアプロセス
    ・本当に怖い医原性サルコペニア
    ・医療界にカタカナ語の氾濫?
    ・高齢者医療のパラダイムシフ
    ・リハ栄養でADLがより改善、チームがひとつに、あなたも成長する
    ・エビデンスが乏しい? それなら現場から発信しよう

    Chapter1:覚えておきたいリハ栄養の基礎&関連知識
     1:サルコペニア(診療ガイドライン2017、EWGSOP2をふまえて)
     2:低栄養の新しい診断基準(GLIM基準)
     3:サルコペニアの摂食嚥下障害
     4:フレイル診療ガイド2018
     5:リハ栄養ガイドライン2018

    Chapter2:ケースカンファランスで学ぶ超実践リハ栄養
     Case1:脳梗塞で二型糖尿病と慢性腎臓病を患った80歳代後半男性
     Case2:大腿骨近位部骨折の術後でサルコペニアの70歳代後半女性
     Case3:腰椎圧迫骨折、二型糖尿病、うつ病の70歳代前半男性
     Case4:誤嚥性肺炎、慢性腎臓病の70歳代後半男性
     Case5:脳出血で高度肥満、心不全を合併した60歳代前半女性
     Case6:舌がん術後、悪液質の80歳代半ばの男性
     Case7:誤嚥性肺炎で慢性閉塞性肺疾患を合併した70歳代前半男性

    Chapter3:リハ栄養の実践をエビデンスへ:対談編
     Case1:第一線の管理栄養士に臨床研究は必要?
         ~ずっと避けてた論文執筆
     Case2:臨床をしながら論文を書くということ
         ~歯科衛生士でも、一般病院でも、専門学校卒でも、
          何歳からでも、誰でも、英語論文は執筆できる
     Case3:質が高い臨床研究を一般病院で効率よく実践していくためには
         ~研究を実践する仕掛けを多職種で作ろう(PECO会議、データベース運用)

    Epilogue:熊リハ発!臨床研究のススメ
    ・新規の学術領域の推進にはエビデンスが必要
    ・日本の臨床研究の現状と課題
    ・なぜ臨床研究が伸び悩んでいるのか
    ・医療者は死ぬまで勉強、働きながら勉強
    ・臨床研究はOn the Job Trainingが理想的
    ・研究のきっかけは臨床上の疑問から
    ・英語をマスターしよう
    ・臨床上の疑問をPECOへ
    ・PECO会議のススメ
    ・優れた臨床研究の条件とは3
    ・論文を効率的に書くために3
    ・リハ栄養の視点から見る退院後フォローアップ
    ・研究は最高の贅沢

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...