外来で診る感染症

出版社: 日本医事新報社
著者:
発行日: 2020-02-10
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784784929382
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,620 円(税込)

商品紹介

初期研修医からベテランまで外来診療を行うすべての医師へ。内科の診断・治療一般のエキスパートが自身の実践を踏まえて披露する「外来での感染症診療のコツ」。 優れた臨床医の思考の道筋・判断の根拠がここに!

目次

  • 第1章 症候で切った感染症診療のコツ
    1 発熱
    2 頭痛
    3 リンパ節腫脹
    4 「かぜ」の診かた
    5 咽頭痛
    6 咳
    7 腹痛
    8 下痢・嘔気・嘔吐
    9 皮膚の発赤・腫脹
    10 急性の関節痛・関節炎
    11 せん妄・意識障害

    第2章 感染症外来診療で絶対知っておきたいマスト16の知識
    1 外傷と抗菌薬
    2 小児の鼻副鼻腔炎、中耳炎─未来に抗菌薬を残すために
    3 気管支炎,肺炎
    4 インフルエンザ
    5 Red eye─眼の充血の鑑別
    6 膀胱炎,前立腺炎,腎盂腎炎
    7 内科診療の現場で遭遇する性感染症
    8 外来で出合う輸入感染症
    9 高齢者と感染症
    10 大人のワクチン
    11 外来での微生物学的検査
    12 外来感染対策
    13 高齢者施設と感染症
    14 抗菌薬をほしがる患者への対処法
    15 外来抗菌薬事情
    16 漢方による感染症治療

    感染症診療 役立ちコラム
    その1 外傷のマネージメント─抗菌薬と破傷風予防対策
    その2 外来で感染症を診るために何が必要か
    その3 感染症の情報をどこで入手するか
    その4 成人のパルボウイルス感染症 “そのむくみ,感染症です!”
    その5 眼科緊急度の高い疾患
    その6 急性レトロウイルス症候群
    その7 性感染症を鑑別に挙げるべき生殖器以外の症状・所見
    その8 高齢者のサイレントシリーズ
    その9 高齢者感染症治療に使える虎の巻
    その10 ワクチンの概略
    その11 渡航先と推奨されるワクチン
    その12 外来診療で有用な迅速検査
    その13 外注検査を使うコツ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...