これからの循環器診療に役立つ 漢方薬処方テキスト

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2020-03-04
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784830619496
電子書籍版: 2020-03-04 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,080 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,080 円(税込)

商品紹介

近年,循環器診療における漢方薬の位置づけは大きく変わり,過去にはタブーに近い存在であった漢方薬が,今や標準治療の一翼を担う存在になりつつある.高齢者の心不全や,心不全パンデミックの到来などの大きな課題を抱える今,これからの循環器診療において漢方薬をどのように役立てられるのであろうか.2013年刊行の好評書『循環器医が知っておくべき漢方薬』の著者による,これまでの経験や新たな治験をもとにした“循環器漢方の教科書”,待望の新作.

目次

  • はじめに
    漢方エキス製剤の基本
    心不全
    心臓リハビリテーションによる包括的疾病・栄養・運動管理における漢方
    胸痛・虚血性心疾患
    動悸・不整脈
    奔豚気病
    高血圧
    低血圧・めまい・失神
    漢方薬の副作用について
    循環器領域における漢方—今後の展望
    あとがき
    索引

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...