• HOME
  •  > 
  • 医療技術
  •  > 
  • リハビリ技術
  •  >  ナイスバルク! 急性期のリハビリテーションと栄養療法 筋トレのエビデンスから考える

ナイスバルク! 急性期のリハビリテーションと栄養療法 筋トレのエビデンスから考える

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2020-03-20
分野: 医療技術  >  リハビリ技術
ISBN: 9784765318198
電子書籍版: 2020-03-20 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,840 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,840 円(税込)

商品紹介

ICU在室中に生じる急性のびまん性筋力低下ICU-AW対策のための早期リハビリテーションの重要性に注目が集まっている今、あなたと患者のためになる筋トレ理論を学びませんか?
今筋トレは全世代、全職種にススメられている運動です。かつてスポーツをやっていたみなさんも、これから始めようとするみなさんも、もちろんICUに運ばれた患者さんも最新の科学的なエビデンスのあるトレーニング法と栄養理論で筋肉をバルクアップ!!

目次

  • I部 Introduction 筋肉への注目
     01 なぜ今、筋肉なのか?/筋トレブームとサルコペニア、ICU-AWの関係は?
     02 筋肉は尊い

    II部 筋合成の生理から見直す筋トレの方法論
     01 ボディビルドから考える筋量増加の鍵
     02 スポーツ医学の発展と筋タンパク合成
     03 筋トレのエビデンスから考えるエクササイズ
     04 筋トレの栄養学
     05 ドーピングと同化力強化アプローチ

    III部 筋合成の生理から考えるサルコペニア、ICU-AW対策総論
     01 はじめに
     02 筋肉の評価方法~筋肉量、筋力、持久力、機能(パフォーマンス)
     03 高齢者・病気時の筋タンパク合成
     04 一般的なICU-AW/PICS対策

    IV部 サルコペニア、ICU-AWに対する運動・リハビリテーション
     01 サルコペニア・病人の運動・リハビリテーション一般論
     02 ICUでの早期リハビリテーション
     03 早期リハがかえって病態を悪化させる!?
     04 病中病後の運動・リハビリテーションでは炭水化物の前投与
     05 回復期とサルコペニアのリハビリが基本?
     06 ICUで行えるリハビリテーション
     07 呼吸筋のトレーニング/リハビリテーション

    V部 サルコペニア、ICU-AWの栄養療法
     01 ICU-AW/疾患急性期の栄養療法
     02 病後回復期、サルコペニアの栄養療法
     03 下痢の恐怖!?
     04 炭水化物vs脂肪 in 集中治療
     05 サルコペニア、ICU-AWともに、栄養と運動を組み合わせることが大事!

    VI部 サルコペニア、ICU-AWの同化力強化アプローチ
     01 同化力強化の応用可能性
     02 開発中のアプローチ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...