ユーモア看護 癒しと和み

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2020-03-10
分野: 看護学  >  臨床/成人/老人
ISBN: 9784765318143
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,420 円(税込)

商品紹介

今日、医療の現場では入院期間の短縮化や業務の効率化に伴い、医療従事者の多くは業務に追われ、患者の訴えや要求を真摯に受け止め、誠実に対応することの難しさに憂慮しているのではないだろうか。
しかしそのような状況にあっても、とりわけ看護師には不安や苦悩を抱える患者に寄り添い、その思いに共感し、心の通ったかかわりを持つことが要求される。このようなかかわりを持つために必要なもの、それが「ユーモア」である。日々の患者とのやり取りの中のユーモアは、患者の心を癒し、和ませ、積極的に治療に臨む、手助けとなる。本書では経験豊富な執筆陣を迎え、ユーモアとは何か(1章)、その効果や非言語的行動との関連性(2~3章)を解説。さらに現場でよく遭遇する事例をもとに、ユーモア看護の実践方法(4章)を紹介。すでに臨床の現場で活躍する看護師はもちろん、これからの活躍が期待される看護学生や新人看護師にもおすすめの1冊である。

目次

  • 第1章 ユーモアについて
    01 はじめに
    02 ユーモアとは
    03 ユーモアの成立要件
    04 笑い(ユーモア)の三大理論
    05 ユーモアの分類
    06 ユーモアの効用と作用
    07 笑いの古典
    08 笑いの研究および実践の動向
    09 ユーモア活用の看護
    10 クラインの説く「ユーモアと死と癒し」

    第2章 ユーモアの効用
    01 ユーモアの心理的作用
    02 ユーモアの生理的作用
    03 ユーモアと免疫
    04 ユーモアの治療的作用

    第3章 ユーモアと非言語的行動の関連性
    01 ユーモアと表情
    02 ユーモアと動作
    03 ユーモアとアイコンタクト
    04 ユーモアとタッチング
    05 ユーモアと空間距離
    06 ユーモアと相対角度

    第4章 ユーモア看護アプローチ
    01 興奮状態患者の事例
    02 幻覚状態による(恐れの激しい)患者の事例
    03 悔しさを表現し続ける患者の事例
    04 抑うつ状態(うつ病)患者の事例
    05 高齢者の集団に対してユーモアや笑いを活用したゲーム「ふみふみカルタ」の実践例
    06 引きこもり状態(慢性疾患)患者の事例
    07 泣きわめく(幼児)の事例
    08 苛立ち(糖尿病)患者の事例
    09 頑固な認知症患者の事例
    10 拒絶状態患者の事例
    11 絶望的状態(がん疾患)患者の事例
    12 認知症患者の事例(老健施設)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...