よくある副作用症例に学ぶ降圧薬の使い方 第5版

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2020-03-20
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784765318174
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,630 円(税込)

商品紹介

降圧薬治療では、つい使い慣れた薬を処方しがちである。本書はさまざまな副作用症例を提示して丁寧な解説を加えたわかりやすさで定評のある指南書。著者が副作用の少ない降圧薬の処方を追及していく過程は、さながら専門医の診療を間近に診る臨場感に溢れており、何年にも及ぶ患者の診療は物語でもある。
5年ぶりの改訂となる第5版では、「高血圧治療ガイドライン2019」に沿って内容を刷新。最新の情報へのupdateはもちろん、一見複雑になったガイドラインを一般臨床家がどう読み解き、どうエッセンスを吸収すればよいのかを、わかりやすく解説。また新たに「降圧薬における保険診療上の注意点」を追加。

目次

  • 第1章 降圧薬の使い方のヒント

    第2章 高血圧患者の診察・検査
     1.目的
     2.診察の実態

    第3章 高血圧治療ガイドライン2019年版をどう読み解くか
     1.高血圧治療ガイドライン2019年版(JSH2019)のポイント
     2.血圧測定と臨床評価
     3.高血圧の管理および治療の基本方針
     4.生活習慣の修正
     5.降圧治療
     6.日常診療上重要な病態における診療指針
     7.降圧薬の併用療法および治療抵抗性高血圧に対するアプローチ

    第4章 症例から考える降圧薬の使い方
    【1】血圧とは?
    【2】降圧薬の作用機序
     1.Ca拮抗薬(カルシウム拮抗薬)
     2.アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)
     3.アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)
     4.降圧利尿薬
     5.β遮断薬(βブロッカー)
     6.α1遮断薬(α1ブロッカー)
     7.MR(ミネラルコルチコイドレセプター)拮抗薬
     8.中枢性交感神経抑制薬
     9.直接的レニン阻害薬
     10.ラウオルフィア製剤
     11.ARB/サイアザイド合剤、ARB/Ca拮抗薬配合剤
     12.多剤併用

    第5章 早朝高血圧の治療
     1.早朝高血圧の病態
     2.早朝高血圧の治療についてのこれまでの報告
     3.早朝高血圧の治療法-著者の考え-

    第6章 高血圧治療における漢方薬の役割

    付録1 主な降圧薬(2020年1月現在)
    付録2 著者(後藤)の頻用薬
    付録3 降圧薬における保険診療上の注意点

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...