ポリエチレングリコール製剤による慢性便秘症治療のストラテジー

出版社: 先端医学社
著者:
発行日: 2020-04-10
分野: 臨床医学:内科  >  胃/腸
ISBN: 9784865504552
電子書籍版: 2020-04-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,300 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,640 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • Part 1 慢性便秘症の定義と病態
  • 1. わが国における慢性便秘症の現状 - 疫学ならびに予後 ( 心血管疾患 ) との関連も含め -
  • はじめに
  • 1. 慢性便秘症の有病率
  • 2. 慢性便秘症の予後
  • 1) 慢性便秘症と心血管疾患
  • 2) 慢性便秘症の併存疾患および合併症
  • 3) 慢性便秘症の予後と脳 - 腸 - 腸内細菌軸
  • おわりに
  • 2. 慢性便秘症の定義と分類
  • はじめに
  • 1. 慢性便秘の定義
  • 2. 慢性便秘の分類
  • 1) 器質性便秘
  • 2) 機能性便秘
  • おわりに
  • Part 2 慢性便秘症の原因と病態生理
  • 1. 慢性便秘症の原因と病態
  • はじめに
  • 1. 大腸の機能
  • 2. 排便の機序
  • 3. 便秘の原因
  • 4. 特発性便秘
  • 1) 大腸通過遅延型
  • 2) 大腸通過正常型
  • 3) 機能性便排出障害
  • おわりに
  • 2. 消化管運動と自律神経
  • はじめに
  • 1. 内在性神経系と外来性神経系
  • 2. 消化管運動の自律神経支配
  • 1) 交感神経系
  • 2) 副交感神経系
  • 3) 大腸運動と自律神経系
  • 3. 神経伝達物質による自律神経の機能調節
  • 4. 自律神経異常と消化管機能障害
  • おわりに
  • 3. 腸内細菌叢と便秘症との関連
  • はじめに
  • 1. 慢性便秘症患者の腸内細菌叢
  • 2. 粘膜関連細菌叢が宿主相互作用に関与
  • 3. ノトバイオート研究からみた便秘メカニズム
  • 4. 慢性便秘症患者に対する糞便移植は有効か
  • おわりに
  • Part 3 慢性便秘症の診断と治療の考え方 - わが国のガイドラインを中心に -
  • 1. 慢性便秘症の診断手順と検査 ( 画像所見など )
  • はじめに
  • 1. ガイドラインにおける慢性便秘症の診断基準とその解釈
  • 2. 慢性便秘症の診断手順
  • 1) 問診
  • 2) 身体診察
  • 3) 通常検査
  • おわりに
  • 2. 慢性便秘症の臨床症状と鑑別診断
  • はじめに
  • 1. 排便回数・排便量の減少
  • 2. 排便困難感
  • 3. 残便感
  • 4. 慢性便秘症の鑑別診断
  • 1) 器質性便秘
  • 2) 薬剤性便秘
  • 3) 症候性便秘
  • 5. 慢性偽性腸閉塞症
  • 6. 巨大結腸症
  • 7. 便秘型過敏性腸症候群
  • おわりに
  • 3. 慢性便秘症治療の考え方と治療アルゴリズム
  • はじめに
  • 1. 生活習慣の改善
  • 2. 薬物治療
  • 3. 新薬の位置づけと治療の進め方はどうあるべきか
  • おわりに
  • Part 4 ポリエチレングリコール製剤の特徴と慢性便秘症治療における役割
  • 1. ポリエチレングリコール製剤の薬理学的特徴と臨床薬理
  • はじめに
  • 1. PEG 製剤とは
  • 2. PEG 製剤の便秘症治療への応用
  • 3. PEG 製剤の薬理作用
  • 1) 薬物動態
  • 2) 薬力学
  • 4. 薬理学的特徴からみた PEG 製剤の位置づけ
  • おわりに
  • 2. 各国における慢性便秘症の診断基準とガイドライン - ポリエチレングリコール製剤の位置づけ -
  • はじめに
  • 1. 各国における便秘症の診断基準
  • 2. 海外における PEG 製剤の位置づけ
  • 3. わが国における PEG 製剤の位置づけ
  • おわりに
  • 3. 小児における慢性便秘症のガイドラインとポリエチレングリコール製剤の位置づけ
  • はじめに
  • 1. 小児便秘症の特徴
  • 2. 診断
  • 3. 治療
  • 1) 便塊除去
  • 2) 維持治療
  • おわりに
  • 4. ポリエチレングリコール製剤の副作用と安全性
  • はじめに
  • 1. モビコール ( R ) の小児国内第III相試験報告
  • 1) 治験プロトコール
  • 2) 結果
  • 3) 治験の評価
  • 2. PEG 製剤の副作用
  • 1) わが国の慢性便秘症患者におけるモビコール ( R ) の副作用
  • 2) 適応外および禁忌
  • 3) 国際的な副作用報告
  • 3. わが国における PEG 製剤以外の下剤の安全性
  • おわりに
  • 5. ポリエチレングリコール製剤の QOL への影響と服薬アドヒアランス
  • はじめに
  • 1. ポリエチレングリコール製剤の QOL への影響
  • 1) 下腹部の膨満感や痛み
  • 2) 排便回数が少ない
  • 3) 硬便の排出
  • 4) 肛門の痛み
  • 5) 残便感
  • 2. 慢性便秘症の薬物療法
  • おわりに
  • 6. 慢性便秘症における患者教育と排便習慣 - ポリエチレングリコール製剤の役割 -
  • はじめに
  • 1. 慢性便秘症の治療の基本と生活指導
  • 2. 慢性便秘症の食事指導
  • 3. 慢性便秘症の薬物療法
  • おわりに
  • Part 5 ポリエチレングリコール製剤による慢性便秘症治療の実際
  • 1. 小児における慢性便秘症の特徴と治療
  • はじめに
  • 1. 小児の便秘症の診断
  • 2. 小児の便秘症の治療方針
  • 3. 小児の便秘症の薬物療法
  • おわりに
  • 2. 成人における慢性便秘症の診断と治療 - ポリエチレングリコール製剤の有用性と直腸糞便塞栓の治療 -
  • はじめに
  • 1. 診断と検査
  • 1) 病歴聴取
  • 2) 身体診察
  • 3) 大腸内視鏡検査
  • 4) 専門的検査
  • 2. 治療
  • 1) 食事・栄養指導
  • 2) 薬物療法の基本
  • 3) PEG 製剤の有用性
  • 4) 直腸糞便塞栓の治療
  • 5) 高度大腸通過遅延型便秘症に対する手術
  • 6) 便排出障害に対する治療
  • おわりに
  • 3. 高齢者における便秘症の特徴と治療
  • はじめに
  • 1. 老年症候群としての慢性便秘症
  • 2. 高齢者便秘症の治療目的
  • 3. ポリファーマシーへの配慮
  • 4. 安全な薬物療法
  • おわりに
  • 4. 女性における慢性便秘症とその治療 - 産婦人科領域を中心に -
  • はじめに
  • 1. 女性における便秘の原因
  • 1) ホルモンの影響による便秘
  • 2) 妊娠中の便秘
  • 3) 解剖学的特徴や分娩が影響する便秘
  • 2. 女性の便秘症に対する治療
  • 1) 食事療法
  • 2) 薬物療法
  • 3) 手術療法
  • おわりに
  • 5. 精神科における慢性便秘症とポリエチレングリコール製剤によるアプローチ
  • はじめに
  • 1. 自律神経遠心路の解剖学的構成と伝達物質
  • 2. 認知症と ACh
  • 3. 認知症の終末期と便秘
  • 4. PEG 製剤による治療例
  • おわりに
  • 6. 脳神経内科における便秘症とポリエチレングリコール製剤によるアプローチ
  • はじめに
  • 1. 消化管症状・検査
  • 2. 病態生理
  • 3. 治療
  • おわりに
  • 7. 緩和医療における慢性便秘症とポリエチレングリコール製剤によるアプローチ
  • はじめに
  • 1. 緩和医療における便秘の背景
  • 1) 器質的背景
  • 2) 機能的背景
  • 2. 緩和医療における慢性便秘症のポイント
  • 1) 背景にある病態が多様
  • 2) 病態が複数で複合的
  • 3) 根本的治療が不可能
  • 4) 薬剤服用の負担
  • 5) 排便行為に伴う身体的・心理的負担
  • 3. 治療の実際
  • おわりに
  • 8. 透析患者の慢性便秘症とポリエチレングリコール製剤によるアプローチ
  • はじめに
  • 1. CKD・透析患者における便秘の頻度
  • 2. CKD・透析患者における便秘の原因の特徴
  • 1) 食事療法
  • 2) 運動
  • 3) 透析療法
  • 4) 基礎疾患
  • 5) 薬剤
  • 3. CKD・透析患者における便秘の治療
  • 1) 生活習慣
  • 2) 便秘症治療薬
  • 4. CKD 患者でのポリエチレングリコール ( polyethylene glycol : PEG ) 製剤の使用経験
  • おわりに
  • 9. クリニックにおける慢性便秘症治療 - 連携医療 -
  • はじめに
  • 1. クリニックにおける慢性便秘症治療の特色
  • 2. 便秘症治療の特殊性・高血圧や脂質異常症との違い
  • 3. 複数の疾患の「ひとつ」としての便秘症治療
  • 4. 連携医療のあり方
  • 5. 診療の実際と「機能性便排出障害」をどう疑うか
  • 6. 刺激性下剤の濫用について
  • 7. サプリメントによる刺激性下剤成分の濫用について
  • 8. 刺激性下剤濫用症例への対応
  • おわりに
  • 10. 小児科の慢性便秘症における連携医療
  • はじめに
  • 1. 小児科と小児外科の連携医療
  • 2. 小児科と小児の便秘症の治療経験が豊富な医療機関との連携
  • 3. 移行期医療
  • 4. 地域社会との連携
  • おわりに
  • 11. 在宅医療における慢性便秘症への対応
  • はじめに
  • 1. 在宅患者の便秘の特徴と対応
  • 2. 在宅便秘患者の治療の実際
  • 1) 非薬物療法
  • 2) 薬物治療
  • 3. PEG 製剤の効果があった在宅症例
  • おわりに
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...