循環器内科 87/5 2020年5月号

出版社: 科学評論社
発行日: 2020-05-28
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 18842909
雑誌名:
特集: 臨床医が知っていてほしい循環器基礎研究最新の成果
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,300 円(税込)

目次

  • 特集 臨床医が知っていてほしい循環器基礎研究最新の成果

    巻頭言

    <虚血性心疾患>
     GWASとは何か?遺伝子多型によるリスク診断
     Non-coding RNAの血管病における役割
     腸管免疫,腸内細菌と動脈硬化との関連

    <心不全>
     カルシウムハンドリング異常の発生機序
     cGMPシグナルと心不全
     レニン・アンジオテンシン系と心臓リモデリング
     心肥大の細胞内シグナルと転写制御
     ミトコンドリア異常は心不全の原因か
     エネルギー代謝と心不全
     Preconditioningによる心筋保護のメカニズムと臨床応用の現状
     酸化ストレスは心不全の原因か?

    <不整脈>
     心房細動を分子生物学的に理解する
     遺伝性不整脈の研究成果を臨床に役立てる
     バイオペースメーカの将来展望

    <血管,その他>
     大動脈瘤の発生機序をマルファン症候群から理解する
     肺高血圧症モデル動物を用いた基礎研究の知見
     心臓発生からACHDを理解する

    ● 話題
    シングルセルオミックス解析で見える新しい世界
    動脈硬化におけるCHIPとは何か?
    HIFと循環器疾患
    腫瘍循環器病学の重要性
    新しい心腎症候群
    高血圧などの慢性疾患に対するワクチン治療

    ● 解説
    オートファジーの心臓における役割
    マイオカインとは何か?
    アンジオポエチン様蛋白質2と心不全
    心臓疾患における心臓マクロファージの役割
    心不全のなりやすさを規定する遺伝子変化

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...