• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:一般
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  レジデントノート 22/5 2020年増刊号 改訂版 糖尿病薬・インスリン治療

レジデントノート 22/5 2020年増刊号 改訂版 糖尿病薬・インスリン治療

出版社: 羊土社
発行日: 2020-06-10
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 13446746
雑誌名:
特集: 改訂版 糖尿病薬・インスリン治療 基本と使い分けUpdate
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

5,170 円(税込)

目次

  • 特集 改訂版 糖尿病薬・インスリン治療 基本と使い分けUpdate

    第1章 糖尿病薬の基本と使い分け
    1.序論:糖尿病薬使用のフローチャートは作成可能なのか?
      最初に出す薬は本当にメトホルミンなのか?
    2.スルホニル尿素(SU)薬
    3.チアゾリジン薬
    4.α-グルコシダーゼ阻害薬
    5.グリニド薬
    6.DPP-4阻害薬
    7.ビグアナイド薬
    8.SGLT2阻害薬
    9.GLP-1受容体作動薬
    10.糖尿病の経口配合剤をどのように活かすか

    第2章 インスリンの基本と使い方
    1.インスリンにはどんな種類があるの?
    2.インスリン導入のABC(外来)
    3.インスリン導入のABC(入院)
    4.配合溶解インスリンと混合型インスリン,何がどう違う?
    5.インスリン注射が効かない患者,インスリンボールに注意 ~カレンダー式注射法の勧め
    6.QOLを意識したインスリン療法
    7.今注目されるインスリンポンプ療法,CGM,FGM

    第3章 特殊な病態での薬の使い分け
    1.妊娠中の糖尿病薬・インスリン治療
    2.高齢者の糖尿病薬・インスリン治療
    3.服薬,注射アドヒアランスが上がりにくい患者への対処法のいろいろ

    第4章 病棟・救急で困る,こんなときどうする?
    1.スライディングスケールの落とし穴
    2.シックデイの一般管理やそのときの内服継続・中止の判断を教えてください
    3.糖毒性が改善した後のインスリン量調節はどうすればよいですか?
       ~インスリン離脱が予想される,病歴の短い患者の入院~退院後の管理
    4.BBT(basal-bolus therapy)だけでは,血糖が乱高下する1型糖尿病の治療は
      どうすればよいか?
    5.糖尿病治療中の患者が救急に運ばれてきたら!
    6.周術期,集中治療室での血糖管理のポイントが知りたいです
    7.ステロイド糖尿病の早期発見と治療について教えてください
    8.輸液中や胃管管理中の患者の血糖管理のポイントが知りたいです

    コラム さらに考えたい注目の薬剤の使い方
    1.SGLT2阻害薬が糖尿病患者のモチベーションを上げる!(EMPOWER研究より)
    2.持効型溶解インスリン/GLP-1受容体作動薬の配合剤への期待
    3.GLP-1受容体作動薬はすべて週1回製剤でよいのか?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...