看護の現場ですぐに役立つ 麻酔ケアの基本

出版社: 秀和システム
著者:
発行日: 2020-08-06
分野: 看護学  >  臨床/成人/老人
ISBN: 9784798059655
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,760 円(税込)

商品紹介

良好な周術期管理は、患者さんをより早く日常生活に復帰させる効果があります。看護師は良好な周術期管理のために、麻酔科医が何を考え、何をしているのかを知り、息を合わせる必要があります。本書は、若手の看護師や初期研修医、その他の医療従事者向けに、麻酔の基本から術前術後管理まで、イラストを使ってわかりやすく解説したスキルアップノートです。手術室ナースが知っておきたい麻酔のポイントがわかります!

目次

  • Chapter1 麻酔とは
     麻酔とは
     column 世界最初の全身麻酔は日本?
     麻酔科医の役割
     麻酔法の種類
     各麻酔法の特徴
     column 同じ疾患でも術式で麻酔法が変わってくる
     column 局所麻酔薬中毒は危険
     麻酔の流れ

    Chapter2 麻酔の基本
     全身麻酔導入法
     全身麻酔導入の流れ(成人)
     column 迅速導入はマスク換気を行わない
     全身麻酔導入の流れ(小児)
     血管確保
     気道確保
     フェイスマスク
     声門上器具
     気管挿管
     column 申し送りに挿入ラインの確認を怠らない
     脊髄くも膜下麻酔
     硬膜外麻酔
     末梢神経ブロック
     腕神経叢ブロック
     大腿神経ブロック

    Chapter3 術前の管理
     術前診察の重要性
     基本的な診察基準
     術前投与薬の中止・継続
     気道評価1(術前評価1)
     気道評価2(術前評価2)
     呼吸機能(術前評価3)
     心機能(術前評価4)
     肝・腎疾患(術前評価5)
     内分泌、代謝疾患(術前評価6)
     静脈血栓塞栓症の評価(術前評価7)
     患者のリスク評価
     麻酔説明と麻酔同意書
     緊急手術の診察
     麻酔の準備

    Chapter4 術中のモニター機器とモニタリング
     心電図
     非観血的血圧
     パルスオキシメータ
     カプノメトリー
     体温・尿量
     観血的動脈圧
     中心静脈圧
     筋弛緩モニター
     脳波モニター
     肺動脈圧
     経食道心エコー

    Chapter5 術後の管理
     麻酔からの覚醒とは
     抜管基準
     退室基準と申し送り事項

    Chapter6 麻酔に使用する薬剤
     麻酔薬に使用する薬剤
     吸入麻酔薬
     静脈麻酔薬
     麻薬性鎮痛薬
     非麻薬性鎮痛薬
     その他の鎮痛薬
     筋弛緩薬

    Chapter7 麻酔にかかわる合併症
     全身麻酔中の合併症1 悪性高熱症
     全身麻酔中の合併症2 アナフィラキシーショック
     全身麻酔中の合併症3 肺血栓塞栓症
     全身麻酔中の合併症4 空気塞栓症
     全身麻酔中の合併症5 術中覚醒
     全身麻酔後の合併症1 術後の悪心・嘔吐
     全身麻酔後の合併症2 シバリング
     全身麻酔後の合併症3 覚醒遅延
     全身麻酔後の合併症4 その他(術後せん妄・歯牙損傷など)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...