薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド

出版社: じほう
著者:
発行日: 2020-08-29
分野: 臨床医学:一般  >  薬物療法
ISBN: 9784840753111
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,300 円(税込)

商品紹介

超高齢社会を迎えるわが国では、嚥下障害や誤嚥性肺炎患者が爆発的に増加しています。そのため、医療者は嚥下機能に影響を与える薬剤を把握し、医療者間で情報共有し、その後の嚥下機能の変化についてもチームでフォローしていく必要があります。本書は、嚥下障害や食支援を薬剤の視点から実践的に解説しました。「嚥下や食を考慮した処方」という臨床的アドバンテージが身に付く一冊です。

目次

  • 序章 薬剤からみた嚥下障害
       ~その誤嚥性肺炎、薬剤が原因かも!?~

    第1章 嚥下障害とは
     1.嚥下障害の基礎知識
     2.誤嚥・誤嚥性肺炎の基礎知識

    第2章 高齢者の服薬の問題点
     1.高齢者の服薬の現状
     2.高齢者が服薬する際の剤型の問題点
     3.服薬困難な場合への対応
     4.高齢者の薬物動態

    第3章 薬剤が嚥下に与える影響
     1.食欲を改善・低下させる薬剤
     2.嚥下機能を改善・悪化させる薬剤
     3.薬剤性口腔乾燥症

    第4章 誤嚥性肺炎への投薬―誤嚥と肺炎
     1.誤嚥性肺炎の基礎知識
     2.治療・予防のための薬剤

    第5章 疾患別の対応
     1.アルツハイマー型認知症
     2.レビー小体型認知症
     3.パーキンソン病
     4.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
     5.気管支喘息
     6.脳卒中

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...