神経心理学への誘い 高次脳機能障害の評価

出版社: 西村書店
著者:
発行日: 2020-10-04
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784867060131
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

7,480 円(税込)

商品紹介

神経心理学・高次脳機能障害学のアセスメントの最新知見を網羅した基本書!!
広範な神経心理学・高次脳機能障害学領域の諸症候の評価方法や診断について、各分野のエキスパートが体系的かつ重点的に解説。
脳血管障害や認知症、Parkinson病、脳の外傷性疾患などの基礎疾患の解説と画像診断法の紹介。
意識障害や精神症候、注意障害、記憶障害、失語、失行、失認などの評価法について、豊富な事例を用いて解説。
総論と各論の2部構成。総論では神経心理学の評価のために必要な基本的事項を、各論では各神経心理学的症候・高次脳機能障害の評価の実際を解説。
全37章の構成。

目次

  • ●第1部  総論
    1章 神経心理学の評価―検査計画の立て方
    2章 神経心理学の局在診断
    3章 脳血管障害と神経心理学
    4章 認知症と神経心理学
    5章 パーキンソン病と神経心理学
    6章 脳の外傷性疾患と神経心理学
    7章 社会活動と脳
    8章 脳画像の診かた
    9章 脳血管障害の画像診断
    10章 変性性神経疾患の画像診断

    ●第2部 各論
    11章 大脳優位性と利き手
    12章 意識と意識障害―神経学の立場から
    13章 意識と意識障害―精神医学の立場から
    14章 知能の評価
    15章 精神症候の診かたと評価
    16章 前頭葉機能検査
    17章 注意障害の評価
    18章 記憶障害の評価
    19章 情動障害の評価
    20章 発動性障害の評価
    21章 認知症の評価
    22章 音声言語学的評価の基本方針
    23章 失語の評価
    24章 構音障害と摂食嚥下障害の評価
    25章 読み書き障害の評価
    26章 計算障害の評価
    27章 失行の評価
    28章 前頭葉性行動障害の評価
    29章 視覚性認知障害の評価
    30章 半側空間無視の評価
    31章 視覚性運動失調とBalint症候群
    32章 街並失認と道順障害の評価
    33章 聴覚性認知障害の評価
    34章 身体認知障害の評価
    35章 触覚性認知障害の評価
    36章 脳梁離断症候群の評価
    37章 救急現場の神経心理学

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...