Medicina 57/10 2020年9月号

出版社: 医学書院
発行日: 2020-09-10
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 00257699
雑誌名:
特集: 循環器診療2020 どこまで攻めて,どこから引くか?
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,860 円(税込)

目次

  • 特集 循環器診療2020 どこまで攻めて,どこから引くか?

    ■座談会
    これからの循環器診療戦略
     各領域での進歩

    ■予防医療
    LDLは積極的に管理する!それを果たしてどこまで?
    血圧も積極的に下げる!ただ結局そのカットオフはどうなった?
    TGは良い治療ターゲットになるか?
     REDUCE-IT試験を踏まえて
    運動は体に良く,喫煙は絶対に悪い!でも実際の現場での指導法は?
    循環器予防医学の未来

    ■心不全
    BNPを使った心不全診断とその功罪
    利尿薬でどこまで踏み込むか
    心不全慢性期の至適薬物治療を適切に導入するために
    新規心不全薬
     企業からの情報提供の前に知っておくべきこと
    心不全診療の未来

    ■虚血性心疾患
    トロポニン全盛期の急性冠症候群の診断をどうするか
    ISCHEMIA試験後の安定狭心症治療
     今のカテの立ち位置は?
    血栓の二次予防はどこまで?
     高齢化社会を迎えた日本での考え方
    すべての方にスタチンを?
     虚血性心疾患コレステロール管理のこれから
    虚血性心疾患診療の未来

    ■不整脈
    心房細動早期発見のために
     いますべきこと,やっても意味がないこと
    抗凝固のジレンマをどう解決するか
    アブレーション治療を再考する
     CABANA試験を踏まえて
    不整脈デバイス治療の明暗
    不整脈診療の未来

    ■弁膜症など構造的心疾患(SHD)
    あらためて弁膜症患者
     古典的に聴診か?早めに画像診断か?
    TAVIとMitraClip®の適切な適応とは?
    成人先天性心疾患を成人循環器領域で扱うとき

    ■画像診断・その他
    冠動脈疾患に対する画像診断
     CTか? それとも負荷検査か?
    MRIを用いた心筋症の鑑別
    心不全在宅診療の時代を迎えてEBMを考える

    ■特集の理解を深めるための25題
    問題
    解答

    ●見て,読んで,実践! 神経ビジュアル診察(29)
    手が震える!今度はParkinson病!?-安静時振戦
    ●ケースレポートを書こう! acceptされるために必要なこと(6)
    英文校正
    ●フレーズにピンときたら,このパターン! 鑑別診断に使えるカード(9)
    ●本気で書く!入院時サマリー! 患者情報,丸見え化プロジェクト(4)
    入院時から退院への戦いは始まる! ~最初が肝心!CGA!
    ●目でみるトレーニング
    ●物忘れ外来から学ぶ現場のコツ 認知症患者の診かた(28)
    高齢者2人世帯の認知症診療はどうしたら良いですか?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...