基礎講義 分子生物学

出版社: 東京化学同人
著者:
発行日: 2020-09-16
分野: 基礎・関連科学  >  生物/分子生物
ISBN: 9784807909971
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,860 円(税込)

商品紹介

生命科学系の学部生を対象とした教科書.分子生物学で学ぶ標準的な内容を,半期2回(通年1回)で講義できる分量に収めた.自習用の講義動画を下記よりダウンロードできる.学生に“考えさせる”章末問題が各章に用意されているので、講義動画または各教員のオリジナル講義と併せて利用すれば,アクティブラーニング用の教材としても活用できる.姉妹書の「基礎講義 生化学」(下掲)と併用すれば、生命科学の主要な内容をカバーできる。

目次

  • 1.分子遺伝学の礎
     1・1 メンデルの遺伝学
     1・2 遺伝子本体の解明
     1・3 DNA二重らせんの発見
     1・4 核酸による遺伝情報の伝達-セントラルドグマ

    2.核酸の構造
     2・1 DNAの構造
     2・2 DNAの位相幾何学
     2・3 RNAの構造

    3.クロマチンの構造
     3・1 クロマチンの構成単位としてのヌクレオソーム
     3・2 クロマチンの高次構造
     3・2 クロマチン構造の調節

    4.ゲノムの構成
     4・1 ゲノム配列と多様性
     4・2 ヒトゲノムの構成

    5.DNAの複製
     5・1 DNA複製の全体像
     5・2 原核生物のDNA複製
     5・3 真核生物のDNA複製

    6.DNAの変異と修復
     6・1 DNAの変異と修復
     6・2 DNA修復不全と疾患

    7.遺伝的組換え
     7・1 相同組換え
     7・2 部位特異的組換え
     7・3 転位
     7・4 V(D)J組換え

    8.転写
     8・1 転写の概要
     8・2 原核生物の転写
     8・3 真核生物の転写
     8・4 真核生物におけるRNAのプロセシング

    9.翻訳
     9・1 遺伝暗号と翻訳に使われるアミノ酸
     9・2 tRNAとアミノアシルtRNA合成酵素
     9・3 リボソーム
     9・4 真正細菌における翻訳
     9・5 真核生物における翻訳
     9・6 欠陥のあるmRNAからどう翻訳するか
     9・7 機能をもったタンパク質ができるまで

    10.遺伝子発現の調節
     10・1 原核生物の転写調節
     10・2 真核生物の転写調節
     10・3 調節RNA

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...