医学のあゆみ 274/12 2020年9月19日号

出版社: 医歯薬出版
発行日: 2020-09-19
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 00392359
雑誌名:
特集: 多様な疾患の原因となるDNA損傷応答不全
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

1,430 円(税込)

目次

  • 特集 多様な疾患の原因となるDNA損傷応答不全

    ■がん治療に伴うDNA損傷修復とシグナル伝達
     ――DNA二本鎖切断の修復機構から免疫応答まで
    ■DNA二重鎖切断修復とゲノム安定性
    ■眠りから覚めたSchlafen 11(SLFN11)
     ――DNA障害型抗がん剤の真の効果予測バイオマーカーとなるか?
    ■ヌクレオチド除去修復の進行に必要とされるヒストン翻訳後修飾酵素の役割
    ■ファンコニ貧血の原因遺伝子群とクロスリンク修復経路――最近の研究展開
    ■マイクロRNA生合成因子DGCR8は転写と共役したヌクレオチド除去修復を制御する
     ――DGCR8-mediated UV response pathway
    ■BRCA遺伝子変異による臓器特異的な発がん
    ■DNA損傷応答による細胞老化と加齢性疾患

    TOPICS
    【社会医学】
    生活道路の速度制限で交通弱者が守られる
    【臨床検査医学】
    多発性骨髄腫治療薬「ダラツムマブ」使用時の効果判定検査の注意点
    【神経内科学】
    アルツハイマー病の発症機序におけるTREM2の関与

    連載
    【再生医療はどこまで進んだか】
    13.iPS細胞を用いた角膜疾患に対する再生医療
    【臨床医が知っておくべき最新の基礎免疫学】
    6.PathogenicヘルパーT細胞と組織炎症
    【バイオミメティクス(生体模倣技術)の医療への応用】
    生物に学ぶ防汚材料(1):ナメクジの粘液分泌に学んだ撥液・難付着材料
     ――Self-Lubricating Gels(SLUG)

    フォーラム
    【天才の精神分析――病跡学(パトグラフィ)への誘い】
    1.はじめに
    特別寄稿:新型コロナウイルス感染症におけるIgGFc-binding proteinの役割(仮説)
    【世界で最も豊かな国の最貧困エリアとCOVID-19】
    世界で最も豊かな国の最貧困エリアとCOVID-19
     ――米国ニューメキシコ大学病院からの報告

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...