精神科治療学 35/9 2020年9月号

出版社: 星和書店
発行日: 2020-09-19
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 09121862
雑誌名:
特集: 一つ一つの精神疾患の病名や概念はどう変わってきたか
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,190 円(税込)

目次

  • 特集 一つ一つの精神疾患の病名や概念はどう変わってきたか

    【コラム連載】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による精神科医療現場の変化
    スーパー救急を担う大学病院におけるCOVID-19対応体制の構築
     ─感染症専用病棟の内と外─

    【特集】一つ一つの精神疾患の病名や概念はどう変わってきたか
    特集にあたって
    早発性痴呆から統合失調症へ
    うつ病概念は死なず,ただ消え去るのみ
     ─ニッポンのうつ病からmajor depressive disorder へ─
    躁うつ病から双極性障害へ─両概念の構成過程に浮上した2 つの境界問題─
    神経症から不安障害群へ─精神医学における不安概念の位置─
    ヒステリーから変換症(転換性障害)へ
    強迫神経症から強迫性障害へ─最近の動向も含めて─
    心気症から身体症状症へ
    摂食障害領域の疾患名とその実体
    境界例から境界性パーソナリティ障害へ
    精神病質から反社会性パーソナリティ障害へ
    戦争神経症から心的外傷後ストレス障害(PTSD)へ
    自閉症概念の変遷
    LGBT への精神医学理解の変遷
    依存症から物質使用障害・嗜癖性障害へ
    「痴呆」と「認知症」について

    臨床経験
     持続性注射剤への併用薬を再考する─持続性注射剤で治療中に精神症状が
      再燃した患者に対してblonanserin 経皮吸収型製剤が有効だった3例より―

    カレント・トピックス
     ロボットを用いた自閉スペクトラム症者へのコミュニケーション介入

    連載
    〔オピニオン〕             ・
     精神科診断における病と症─とくに「うつ症」について─

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...