ズルカン3 自分閻魔帳

出版社: メディカ出版
著者:
発行日: 2020-10-10
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784840472647
電子書籍版: 2020-10-10 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,420 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,420 円(税込)

商品紹介

看護師になってさまざまな苦難を必死で乗り越えてきたみなさん。あっという間に一人前と呼ばれるようになったけれど、今まで身に付けた知識ははたしてしっかり理解したうえで覚えているのだろうか。シリーズ第3弾となる本作では「なんとなく」知っている、できているけれど、「なぜか」と聞かれると「ん、んん~?」となる内容を取り上げる。根拠地獄をめぐる旅へようこそ!

目次

  • ・そもそも …身体のなかって …どーなってたっけ …? 解剖生理

    ・身体の中をざっくり描いてみると
    ・ざっくり各臓器紹介
    ・「脳」
    ・「脊髄」
    ・「気管・ 気管支・肺」
    ・「胃」
    ・「肝臓」
    ・「胆のう」
    ・「膵臓」
    ・「小腸」
    ・「腎臓・副腎」
    ・「尿路」
    ・「大腸」
    ・「心臓」
    ・「脾臓」
    ・「生殖器」

    ・身体のなかを CTで見てみたら … 臓器の位置の見方
    ・CT画像の見方:頭部
    ・CT画像の見方:胸部
    ・CT画像の見方:腹部
    ・CT画像の見方:冠状断
    ・超緊急度の高い大動脈解離のCTとは

    ・動脈血ガス分析
    ・動脈血ガス分析の測定意義
    ・動脈血ガス分析の項目と意味
    ・動脈穿刺部位について
    ・血液ガス測定用採血キットって何?
    ・手順

    ・いよいよ聞けない採血のあれこれ
    ・採血スピッツの違い
    ・溶血と凝固検体(凝血)
    ・採血スピッツの順番
    ・採血による末梢神経障害とは
    ・注意を払う採血の穿刺部位
    ・採血データの超ザックリした説明

    ・いまさら聞けない…輸血の基本
    ・血液製剤
    ・の種類
    ・赤血球液
    ・新鮮凍結血漿
    ・血小板
    ・アルブミン製剤
    ・免疫グロブリン製剤
    ・輸血用ルートについて
    ・中心静脈ライン(CV)からの輸血について
    ・輸液ポンプを使用したいとき
    ・輸血のときに使用する針
    ・輸血時の副作用17チェック項目
    ・輸血時の副作用について
    ・輸血時に起こる副作用(急性)のまとめ
    ・輸血に必要な検査とは
    ・輸血前検査まとめ
    ・輸血実施の流れ

    ・NSAIDsって …?
    ・解熱鎮痛薬の違い
    ・NSAIDsを詳しく説明していくと
    ・NSAIDs内服時の副作用
    ・よく使用されるNSAIDs抜粋

    ・ステロイドの基本のキ
    ・ステロイドって何?
    ・ステロイド薬の投与方法
    ・ステロイドの種類
    ・ステロイド外用薬について
    ・ステロイド外用薬の種類
    ・ステロイド薬の副作用って何?
    ・その他のステロイド薬副作用まとめ
    ・ステロイド服薬中の注意点

    ・漢方薬ツムラ
    ・漢方って何?
    ・症状別によく使う漢方薬
    ・漢方のツムラ一覧

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

参考文献

P.177 掲載の参考文献
1) 佐藤達夫監. 新版からだの地図帳. 東京, 講談社, 2013, 214p.
2) 内田陽子. らくらく学べて, 臨床に生かせる解剖生理ポイントブック. 第2版. 東京, 照林社, 2019, 156p.
3) 岡崎貴仁ほか監. かんテキ脳神経 : 患者がみえる新しい「病気の教科書」. 大阪, メディカ出版, 2019, 424p.
4) 西崎統監. オールカラー看護師のための早引き検査値の読み方事典. 東京, ナツメ社, 2012, 304p.
5) 今津嘉宏. ねころんで読める漢方薬 : やさしい漢方入門書/ナースと研修医が知っておきたい漢方のハナシ. 大阪, メディカ出版, 2017, 160p.
6) 藤田浩. リスクマネジメントに役立つ改訂版最新輸血のケア Q&A. 第2版. 東京, 照林社, 2008, 135p.
7) 岩尾憲明. 看護現場での疑問にこたえるQ&Aでわかる輸血ケア. 東京, 医歯薬出版, 2018, 132p.
8) 藤本一満. "血液ガス分析". Smart nurse Books 06 : やりなおしの検査値・パニック値対応 : 疾患・場面別見逃してはいけない検査値はコレだ!. 前川芳明編. 大阪, メディカ出版, 2011, 23-31.
9) 諏訪部章編. ナースが行う検査手技どうする? なぜする? Q&A. 東京, 照林社, 2016, 75p.
10) 越智理香. "解熱鎮痛薬". 知らないと危ない! 病棟でよく使われる「くすり」. 荒木博陽編. 東京, 照林社, 2018, 68-79.
11) 鈴木麻矢. "ステロイド薬". 知らないと危ない! 病棟でよく使われる「くすり」. 荒木博陽編. 東京, 照林社, 2018, 134-47.
12) 村上美好監. 写真でわかる輸血の看護技術 : 輸血療法を安全に, 適正に実施するために. 東京, インターメディカ, 2008, 98p.
13) 長嶺貴一編. 早わかり画像のみかた. 大阪, メディカ出版, 2011, 136p.
14) 鎮目美代子ほか監. ひと目でわかるスーパービジュアル看護技術. 東京, 成美堂出版, 2015, 255p.
15) 猪又克子ほか監. Photo&Movie 臨床看護技術パーフェクトナビ : DVD付き. 東京, 学研メディカル秀潤社, 2008, 340p.
16) 藤田智恵美. "血液ガス分析 (検体採取の介助)". 完全版ビジュアル臨床看護技術ガイド. 坂本すがほか監. 東京, 照林社, 2015, 89-94.
17) 中西雅代. "輸血の準備・実施". 完全版ビジュアル臨床看護技術ガイド. 坂本すがほか監. 東京, 照林社, 2015, 272-85.
18) 坂井建雄. からだの不思議がめちゃくちゃよくわかる! 人体キャラクター図鑑. 東京, 日本図書センター, 2015, 80p.
19) 医療情報科学研究所. 看護技術がみえる vol. 2 : 臨床看護技術. 東京, メディック・メディア, 2013, 62-5, 174-89.
20) 西崎統監. 看護師のための早引き検査値・パニック値ハンドブック. 東京, ナツメ社, 2014, 464p.
21) 日本赤十字医薬品情報. http://www.jrc.or.jp/mr/, (2020年8月閲覧).
22) 健康なときの大腸の働き. 大正製薬商品情報サイト. https://brand.taisho.co.jp/colac/benpi/daichou/, (2020年8月閲覧).
23) 医療用漢方製剤. ツムラ. https://www.tsumura.co.jp/products/g_medical/, (2020年8月閲覧).
24) 厚生労働省. 第2回血漿分画製剤の供給のあり方に関する検討会資料 : 資料3-2 免疫グロブリン製剤の効能効果一覧 (PDF). https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001dj72-att/2r9852000001djhc.pdf, (2020年8月閲覧).
25) 添付文書. 献血ベニロン-I. https://medical.teijin-pharma.co.jp/iyaku/product/skhk4v0000000sso-att/skhk4v0000000ssy.pdf, (2020年8月閲覧).
26) 白仁成昭ほか. 絵本 : 地獄. 宮次男監. 東京, 風濤社, 1980, 32p.

最近チェックした商品履歴

Loading...