基礎から学ぶ生物学・細胞生物学 第4版

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2020-11-01
分野: 基礎・関連科学  >  生物/分子生物
ISBN: 9784758121088
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,520 円(税込)

特記事項:

商品紹介

大学・専門学校で初めて生物学を学ぶ人向けの定番教科書.免疫,神経,発生の章を中心に,さらに理解しやすい内容に改訂.復習に役立つ章末問題や,紙でαヘリックスをつくるなど手を動かして学ぶ演習も充実.

目次

  • 序章 はじめに
     1.科学とは何か?
     2.生物学とは,生物学の方法

    1章 生物学の基本
     1.地球上には多様な生物が生息している
     2.神の栄光のために生物を分類する
     3.進化論の登場(神の退場)
     4.地球上の生物に共通すること(1)(細胞説)
     5.地球上の生物に共通すること(2)(メンデルの遺伝の法則)
     6.生物体のつくりと階層性
     章末問題
     演習(1) データを数量的に扱い,統計処理をしてみよう

    2章 細胞のプロフィール
     1.光学顕微鏡と電子顕微鏡の発明
     2.細胞には多様な横顔がある
     3.細胞を構成している物質
     4.細胞小器官の構造と機能
     5.細胞を取り巻く細胞膜の構造と機能
     章末問題
     演習(2章) タンパク質をデータベースで調べ,パソコンで描いてみよう

    3章 何が細胞の形や機能を決めているか
     1.形質を決めているものを求めて
     2.遺伝子としてのDNA
     3.DNAからタンパク質へ(1)(転写)
     4.DNAからタンパク質へ(2)(翻訳)
     5.タンパク質の構造と機能(形と機能の裏腹な関係)
     章末問題
     演習(3) タンパク質の二次構造をつくってみよう

    4章 細胞が生きて活動していくために
     1.何をするにもエネルギー(ATPの産生)
     2.葉緑体による光エネルギーの固定
     3.代謝経路のネットワーク
     章末問題

    5章 タンパク質が細胞のさまざまな活動を担う
     1.タンパク質のさまざまな機能(酵素,運搬,ホルモン,受容体,細胞骨格)
     2.細胞は動く
     3.タンパク質はDNAへはたらきかける
     4.細胞膜に埋め込まれた膜タンパク質の重要な機能
     章末問題
     演習(4) ヒトとチンパンジーのタンパク質を比較してみよう

    6章 多細胞生物への道(1)(細胞間の情報交換)
     1.細胞は集まって
     2.細胞間の情報交換の方式
     3.ホルモンと受容体で情報を伝える
     4.信号分子による転写の調節(細胞外から遺伝子への情報伝達)
     5.イオンチャネル連結型受容体を介した情報伝達
     章末問題
     演習(5) インスリンと血糖値の変動をグラフ化してみよう

    7章 多細胞生物への道(2)(細胞の数を増やす)
     1.DNAの複製
     2.細胞周期と体細胞分裂
     3.細胞周期の調節
     4.突然変異とDNA修復機構
     章末問題
     
    8章 多細胞生物への道(3)(個体の数を増やす・発生と分化)
     1.減数分裂(次の世代をつくるために)
     2.生殖細胞の形成
     3.受精
     4.初期発生と器官形成
     5.始原生殖細胞と性分化
     6.細胞間のコミュニケーションによる分化のしくみ
     章末問題
     演習(6) 体細胞分裂と減数分裂を体感してみよう

    9章 個体を守る免疫のシステム
     1.病原体から身を守る
     2.植物の生体防御機構
     3.無脊椎動物の生体防御機構
     4.ヒトの生体防御機構(第一防衛ライン)
     5.ヒトの第二防衛ライン(自然免疫)
     6.ヒトの第三防衛ライン(獲得免疫)
     7.抗体による攻撃(体液性免疫)
     8.細胞傷害性T細胞による攻撃(細胞性免疫)
     9.免疫機能の制御と記憶,訓練など
     10.もう1つの獲得免疫
     章末問題

    10章 生きること,死ぬこと(細胞の再生と死,個体の死)
     1.細胞の再生
     2.細胞が死ぬとき
     3.老化・寿命と遺伝子の関係
     4.がんを含むさまざまな病気とその原因
     章末問題

    11章 個体としてのまとまり(外部環境を認識し,内部環境を調節する)
     1.内部環境を一定に
     2.制御中枢による情報の処理と調節
     3.動物の行動
     4.感覚器官と感覚の受容
     章末問題
     演習(7) 静止電位と活動電位を描いてみよう

    12章 生物の進化と多様性
     1.個体の生きる場所(多様な環境に適応して生きる)
     2.進化と多様性の創出
     3.地球上の生物多様性を守るために
     章末問題
     演習(8) 成長曲線を描いてみよう
     演習(9) 分子系統樹を描いてみよう

    参考図書&Further readings

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...