臨床免疫 45/5 2006年5月号

出版社: 科学評論社
発行日: 2006-05-25
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
雑誌名:
特集: 1.抗腫瘍免疫療法の新戦略 2.シェーグレン症候群における免疫学的研究の進歩
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,300 円(税込)

目次

  • 臨床免疫 45/5 2006年5月号

    ―目次―

    特集1 抗腫瘍免疫療法の新戦略
    特集2 シェーグレン症候群における免疫学的研究の進歩


    特集1 抗腫瘍免疫療法の新戦略
     リポソームCpGナノ粒子癌ワクチンを用いた
      腫瘍退縮メカニズムの解明
     腫瘍組織血管内皮細胞を抗原としてパルスした
      樹状細胞による癌免疫療法  
     抗EGFレセプター・抗CD3二重特異性抗体の抗腫瘍作用  
     抗CD19レセプターを導入したNK細胞による
      白血病・リンパ腫の治療  
     γδT細胞―抗腫瘍免疫細胞療法および
      造血幹細胞移植への応用の可能性  
     樹状細胞前駆体の誘導と抗腫瘍免疫  
     モカイン・ケモカインレセプター連関を利用した
      抗腫瘍免疫の増強

    特集2 シェーグレン症候群における免疫学的研究の進歩
     RbAp48遺伝子導入マウスにおける
      シェーグレン症候群様病態の出現  
     自己抗原に対する免疫応答とその異常  
     口唇小唾液腺由来の幹細胞の同定  
     シェーグレン症候群患者唾液腺における
      STAT1-a遺伝子の過剰発現  
     自己免疫疾患患者 T 細胞におけるBAFF発現  
     唾液腺におけるcell survival factorの関与と
      そのシグナル伝達機構  
     スフィンゴシン 1 リン酸とその受容体シグナル 
     唾液腺におけるPD-1/PD-L1発現  

    総説
     免疫系におけるNKT細胞の役割  

    話題
     作性夜間ヘモグロビン尿症における造血障害の発生機序
      ―ストレス誘導型膜蛋白出現と
       自己リンパ球による造血細胞傷害―  
     強皮症線維芽細胞におけるインテグリンαVβ5の過剰発現  
     抗グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)抗体のエピトープ解析と
      その臨床的意義  

    解説
     NK細胞の生存維持とサイトカイン
     アディポネクチンの抗炎症作用

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...