この1冊で極める腹痛の診断学

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2020-11-22
分野: 臨床医学:内科  >  内科学一般
ISBN: 9784830610301
電子書籍版: 2020-11-22 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,950 円(税込)

商品紹介

いろいろと多くの鑑別疾患をあげながらも最終的に確定診断がつかず,謎に包まれたままになることも多い「腹痛」について,診療の基本から,リスキーなものからコモンなものまで含めた鑑別疾患,病歴からのアプローチ法,身体所見からのアプローチ法,検査の組み立てと評価,ケーススタディと,腹痛の診断に至るまでの考え方や知識をすみずみまで解説.腹痛への苦手意識を減らすためのガイドブック.

目次

  • 第I章 腹痛診療の5ヵ条
     1.女性の腹痛は覚悟すべし
     2.意識レベルだけは確実に評価すべし
     3.お腹が痛くても呼吸の評価を最初にすべし
     4.お腹を触る前に脈を触れるべし
     5.のたうち回るのではなく,うずくまっている方がヤバいと感じるべし

    第II章 見逃すわけにはいかないリスキーな腹痛
        “7 killer abdominal pain”
     A ショックを伴う汎発性腹膜炎
     B 急性腸閉塞(特に絞扼性腸閉塞)
     C 腹部大動脈瘤破裂
     D 急性腸間膜虚血(上腸間膜動静脈閉塞症,NOMI)
     E 異所性妊娠破裂
     F 常位胎盤早期剥離・妊娠合併症
     G トキシックショック症候群 42

    第III章 知っておくと役に立つ腹痛の鑑別疾患
     ■消化管関連
     A 食道
     B 胃
     C 十二指腸
     D 小腸
     E 大腸
     ■肝胆膵関連
     F 肝臓
     G 胆囊・胆管
     H 膵臓
     I 脾臓
     ■腹部大血管関連
     J 腹部大動脈
     K 上腸間膜動脈
     ■泌尿器科関連
     L 腎臓
     M 尿管
     N 前立腺
     O 精巣・精巣上体
     ■婦人科関連
     P 子宮
     Q 卵巣
     R その他
     ■代謝性疾患関連
     S 代謝性疾患関連
     ■その他
     T その他(腹壁・皮膚など)

    第IV章 病歴からのアプローチ
        ~主訴「腹痛」からの病歴への展開~
     A 発症時間・経過
     B 腹痛の部位・放散痛
     C 痛みの性状
     D 痛みの強さ
     E 随伴症状
     F 増悪因子
     G 寛解因子
     H 危険因子
     I 既往歴・治療歴

    第V章 身体所見からのアプローチ
     A 腹痛の鑑別に有用な診察所見

    第VI検査の組み立てとその評価
     A 検査の流れ
     B 各検査

    第VII章 ケーススタディで学ぼう
         ~腹痛患者でぜひとも押さえておきたい15症例ファイル~
     [症例1]汎発性腹膜炎(消化管穿孔)
     [症例1]絞扼性腸閉塞
     [症例1]腹部大動脈瘤破裂
     [症例1]非閉塞性腸間膜虚血:NOMI
     [症例5]異所性妊娠
     [症例6]常位胎盤早期剥離
     [症例7]トキシックショック症候群
     [症例8]急性胆囊炎
     [症例9]急性膵炎
     [症例10]Fitz-Hugh-Curtis症候群
     [症例11]左腎梗塞・脾梗塞
     [症例12]上腸間膜動脈血栓症
     [症例13]アニサキス症
     [症例14]非外傷性腹直筋血腫
     [症例15]急性虫垂炎

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I章 腹痛診療の5ヵ条

P.7 掲載の参考文献
1) 奈良信雄, 佐沖雅樹 : 危険なサインの謎を解く, 南山堂, 2016

第II章 見逃すわけにはいかないリスキーな腹痛 "7 killer abdominal pain"

P.10 掲載の参考文献
1) 横江正道 : この1冊で極める 胸痛の診断学, 文光堂, 2019
2) Gray J, Wardrope J, Fothergill DJ : 7 Abdominal pain, abdominal pain in women, complications of pregnancy and labour. Emerg Med J 21 (5) : 606-13, 2004
P.11 掲載の参考文献
3) Sartelli M, Abu-Zidan FM, Catena F, et al : Global validation of the WSES Sepsis Severity Score for patients with complicated intra-abdominal infections : a prospective multicentre study (WISS Study). World J Emerg Surg 10 : 61, 2015
4) McGee S : Evidence-Based Physical Diagnosis 4 th ed. Elsevier, p 449, 2018
5) 急性腹症診療ガイドライン出版委員会 (編) : 急性腹症診療ガイドライン 2015, 医学書院, p 64. 2015
6) 窪田忠夫, 町淳二 : 急性腹症のフィジカル. medicina 55 (9) : 1362-1366, 2018
P.16 掲載の参考文献
7) 窪田忠夫, 町淳二 : 腹痛. JIM 23 (7) : 581-584, 2013
8) 高橋研吾, 生方泰成, 矢内充洋, 他 : 絞扼性イレウス. 臨外 72 (6) : 699-703, 2017
9) 谷掛雅人, 早川克己 : 絞扼性小腸閉塞-基礎から診断困難症例まで. 画像診断 38 (2) : 231-243 2018
10) 三本松譲 : 腸閉塞. 臨外 73 (8) : 1022-1029, 2018
11) 安達洋祐 : 下部消化管疾患 : 腸閉塞を呈する疾患. 内科 118 (4), 743-747, 2016
12) 高橋崇真, 金岡祐次, 前田敦行, 他 : 絞扼性イレウス. 臨外 73 (7) : 802-806, 2018
13) Tekwani K, Sikka R : High-risk chief complaints III : abdomen extremities. Emerg Med Clin N Am 27 (4) : 747-765, 2009
P.21 掲載の参考文献
14) 渡辺弘之 : 腹部大動脈瘤の診断と治療方針決定. 呼と循 64 (5) : 451-457, 2016
15) Brewster DC, Cronenwett JL, Hallett JW Jr, et al : Guidelines for the treatment of abdominal aortic aneurysms. Report of a subcommittee of the Joint Council of the American Association for Vascular Surgery and Society for Vascular Surgery. J Vase Surg 37 1106-1117, 2003
16) 高本眞一, 石丸新, 上田裕一, 他 : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2010年度合同研究班 報告) 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン (2011年改訂版). 2011
17) 東隆 : 大動脈解離・大動脈瘤. 内科 115 (6) : 1097-1099, 2015
18) 竹迫弥生, 有岡宏子 : 腹痛を診る その他の疾患. 内科 118 (4) : 773-776, 2016
19) 難波雄亮 : 腹部大動脈瘤-スクリーニングには超音波検査が推奨される. HOSPITALIST 3 (2) : 395-401, 2015
20) Scott RA, Vardulaki KA, Walker NM, et al : The long-term benefits of a single scan for abdominal aortic aneurysm (AAA) at age 65. Eur J Vasc Endovasc Surg 21 : 535-540, 2001
P.25 掲載の参考文献
21) 川崎恭兵 : 急性腸間膜虚血. 臨外 73 (10) : 1262-1268, 2018
22) Bala M, Kashuk J, Moore EE, et al : Acute mesenteric ischemia : guidelines of the World Society of Emergency Surgery. World J Emerge Surg 12 : 38, 2017
23) 菅野範英 : 上腸間膜動脈関連疾患. 臨外 71 (11) : 244-247, 2016
24) 中原修, 高森啓史, 渡邊雅之, 他 : 非閉塞性腸管虚血 (NOMI). 外科 71 (3) : 286-289, 2009
25) 勅使河原勝伸, 川浦洋征, 五木田昌士, 他 : 非閉塞性腸管虚血症 (NOMI) 臨牀消化器内科 34 (1) : 41-46, 2019
26) 成田裕司, 古森公浩 : 急性上腸間膜動脈閉塞症. 外科 71 (3) : 283-285, 2009
27) Quiroga B, Verde E, Abad S, et al : Detection of patients at high risk for nonocclusive mesenteric ischemia in hemodialysis. J Surg Res 180 (1) : 51-55, 2013
28) 佐藤瑞樹, 青松昭徳, 讃井將満 : 非閉塞性腸間膜虚血 (NOMI) -NOMIプロトコルを作成し早期治療を目指す, INTENSIVIST 8 (1) : 193-202, 2016
29) 中村慶史, 渡邉利史, 伏田幸夫, 他 : 非閉塞性腸管虚血 (NOMI). 臨外 72 (6) : 705-710, 2017
P.31 掲載の参考文献
30) 児玉由紀, 鮫島浩 : 異所性妊娠. 臨婦産 66 (5) : 134-137, 2012
31) 増山寿, 平松祐司 : 卵管妊娠破裂/頸管妊娠出血. 臨婦産 67 (4) : 28-31, 2013
32) 伊東宏絵 : 卵管妊娠破裂/頸管妊娠出血. 臨婦産 73 (4) : 75-79, 2019
33) 小松宏彰, 佐藤慎也 : 卵巣妊娠. 産婦人科の実際 68 (8) : 1007-1011, 2019
34) Kirk E, Condous G, Haider Z, et al : The conservative management of cervical ectopic pregnancies. Ultrasound Obstet Gynecol 27 : 430-437, 2006
35) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 : 異所性妊娠の取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2011. 日本産科婦人科学会, pp 72-75, 2011
36) 水谷佳敬 : 女性の下腹部痛 medicina 56 (10) : 1596-1599, 2019
P.37 掲載の参考文献
37) 潮田まり子, 潮田至央, 石田剛, 他 : 常位胎盤早期剥離. 臨婦産 63 (1) : 44-47, 2009
38) 杉村基 : 常位胎盤早期剥離. 臨婦産 61 (11) : 1348-1353, 2007
39) 土井宏太郎, 古川誠志, 鮫島浩 : 産科DIC. 臨婦産 64 (1) : 17-21, 2010
P.42 掲載の参考文献
40) Shands KN, Schmid GP, Dan BB, et al : Toxic-shock syndrome in menstruating women : Association with tampon use and Staphylococcus aureus and clinical features in 52 cases. N Engl J Med 303 : 1436-1442, 1980
41) 加藤寿彦 : toxic shock syndrome. 耳喉頭頸 78 (5) : 275, 2006
42) 山崎修 : トキシックショック症候群とトキシックショック様症候群. 検査と技術 33 (5) : 406-411, 2005
43) Reingold AL, Hargrett NT, Shands KN, et al : Toxic shock syndrome surveillance in the United States, 1980 to 1981. Ann Intern Med 96 (6 Pt 2) : 875-880, 1982
44) 吉川衛 : トキシックショック症候群. 耳喉頭頸 91 (5) : 318-321, 2019

第III章 知っておくと役に立つ腹痛の鑑別疾患

P.48 掲載の参考文献
1) 藤原崇, 門馬久美子, 堀口慎一郎, 他 : 感染性食道炎 ヘルペス食道炎, サイトメガロウイルス食道病変, 食道カンジダ症. 胃と腸 46 (8) : 1213-1224, 2011
2) 田中一平, 平澤大, 松田知己, 他 : ヘルペス食道炎. 胃と腸 54 (12) : 1601-1604, 2019
3) 足立経一, 岡田真由美, 三代知子, 他 : 健診で発見される好酸球性食道炎の特徴と予後. 胃と腸 53 (3) : 323-331, 2018
4) 酒井真, 宗田真, 宮崎達也, 他 : 特発性食道破裂. 臨外 71 (11) : 215-219, 2016
5) 北和也 : 胸痛でレア疾患のシステム1 診断. 総合診療 25 (11) : 1019-1023, 2015
6) 篠澤洋太郎 : 食道破裂を疑う. medicina 40 (4) : 675-677, 2003
7) 本城裕章, 宗田真, 宮崎達也, 他 : 手術療法を施行した食道穿孔および特発性食道破裂症例の検討. 日腹部救急医会誌 35 (1) : 29-34, 2015
P.54 掲載の参考文献
8) 胃潰瘍診療ガイドラインの適用と評価に関する研究班 (編) : EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン 第2版, じほう社, 2007
9) 日本消化器病学会 (編) : 消化性潰瘍診療ガイドライン 2015, 南江堂, 2015
10) 佐藤公 : 急性胃粘膜病変 (acute gastric mucosal lesion ; AGML). 胃と腸 47 (5) : 753, 2012
11) 村上賢治, 城卓志 : 急性胃炎・急性胃粘膜病変. medicina 48 (11) : 192-194, 2011
12) 松野健司, 上堂文也, 河野光泰, 他 : 胃アニサキス症. 胃と腸 54 (12) : 1636-1639, 2019
13) 南崇史 : 魚介類の摂取後に生じたアナフィラキシー. 内科 123 (4) 831-832, 2019
P.60 掲載の参考文献
14) 南堂吉紀, 森すみれ, 福田能啓 : 胃・十二指腸潰瘍, 胃炎. 内科 115 (6) : 947-949, 2015
15) 福島豊実, 水間美宏, 久木田和夫 : 急性腹痛 (上腹部) -「お腹 (胃) が痛いです」. medicina 54 (6) : 866-870, 2017
P.63 掲載の参考文献
16) 大庫秀樹, 今枝博之 : 悪心・嘔吐 「吐き気が続きます」「気持ち悪いです」. medicina 54 (6) : 819-823, 2017
17) 北野正剛 (監), 坂井義治, 田邉稔, 池田徳彦 (編) : 標準外科学 第15版, 医学書院, pp 544-550, 2019
18) 三本松譲 : 腸閉塞. 臨外 73 (8) : 1022-1029, 2018
19) 亀田徹 : 腸閉塞. 臨床検査 63 (4) : 416-417, 2019
20) 急性腹症診療ガイドライン出版委員会 (編) : 急性腹症診療ガイドライン 2015, 医学書院, p 16, 2015
21) 松田圭二, 橋口陽二郎 : 病態分類. 胃と腸 54 (5) : 740-741, 2019
22) 伊牟田真功, 田口奈留美, 山下康行, 他 : 腸閉塞と機能性イレウス. 画像診断 38 (6) : 530-540, 2018
P.68 掲載の参考文献
23) 斉藤裕輔, 垂石正樹, 鈴木聡, 他 : 感染性腸炎の診断・治療手順. 胃と腸 43 (11) : 1573-1580, 2008
24) 山本貴嗣 : 下痢といって見くびることなかれ. medicina 56 (4) : 89-92, 2019.
25) 横江正道 : イレウス, 急性胃腸炎・感染性腸炎の入院へのアプローチ. レジデントノート 10 (7) : 1073-1082, 2008
26) 吉田篤史, 森實敏夫, 上野文昭 : 急性虫垂炎. medicina 52 (10) : 1730-1733, 2015
27) 谷口淳朗 : 虫垂炎に始まり虫垂炎に終わる. medicina 42 (6) : 1029-1031, 2005
28) 問山裕二 : 急性虫垂炎. 臨床検査 63 (4) : 398-400, 2019
29) Terasawa T, Blackmore CC, Bent S, et al : Systematic review ; Computed tomography and ultrasonography to detect acute appendicitis in adults and adolescents. Ann Intern Med 141 : 537-546, 2004
30) McGee S : Evidence-Based Physical Diagnosis 4 th ed,, Elsevier, 2017
31) 藤野真史, 小杉千弘, 首藤潔彦, 他 : 虫垂炎の保存治療とinterval surgery. 臨外 74 (1) : 34-37, 2019
32) 小関一英 (監訳) : 急性腹症の早期診断-病理と身体所見による診断技能をみがく (Cope's Early Diagnosis of the Acute Abdomen 20 th ed.), MEDSI, 2004
33) 村松俊輔, 天野邦彦, 幡野哲, 他 : 大腸憩室炎に対する治療戦略と手術. 手術 (72) 3 : 265-270, 2018
34) 小川和昭, 名倉明日香, 坂田豊博 : 下腹部痛-虚血性腸炎, 大腸憩室炎. medicina 56 (1) : 65-69, 2019
35) 斉藤裕輔, 杉山隆治, 佐々木貴弘, 他 : 大腸憩室炎の診断と治療. 臨牀消化器内科 31 (4) : 429-436, 2016
36) 小林広幸, 蔵原晃一, 渕上忠彦 : 虚血性大腸炎. 臨牀消化器内科 34 (1) : 15-26, 2019
37) 中村造 : 感染性腸炎あるいは虚血性腸炎を疑ったら. JIM 22 (10) : 726-729, 2012
P.81 掲載の参考文献
38) 松田秀岳, 中本安成 : 肝膿瘍~細菌およびアメーバの感染症~. 内科 119 (6) : 1151-1153, 2017
39) 松田秀岳, 中本安成 : 肝膿瘍, 最近の事情. 診断と治療 102 : 1701-1705, 2014
40) 森山光彦 : カラー版消化器病学 : 基礎と臨床, 浅香正博ほか (編). 西村書店, p 1264-1269, 2013
41) 高屋敷吏, 清水宏明, 吉富秀幸, 他 : 肝膿瘍. 臨外 72 (6) : 721-724, 2017
42) 廣安俊吾, 武藤良弘 : 肝膿瘍-アメーバ性肝膿瘍. 臨外 56 (7) : 913-917, 2001
43) Monroe LS : Gastrointestinal parasites. in Haubrich WS, Schaffner F, Berk JE (eds) ; Bockus Gastroenterology 5 th ed., WB Saunders Co, pp 3113-3195, 1995
44) 田坂佳千 : 呼吸性に増強する右季肋部痛と肝の圧痛・叩打痛-Fitz-Hugh-Curtis症候群. JIM 6 (2) : 144-146, 1996.
45) 舘野晴彦, 着本望音, 野尻圭一郎, 他 : 画像所見が診断の一助となったFitz-Hugh-Curtis症候群の2例. 日内会誌 104 (11) : 2388-2393, 2015
46) 矢島知治 : 息を吸うと, おなかが痛いんです [右上腹部痛]. 内科 119 (4) : 709-711, 2017
47) 岩破一博 : クラミジア感染症 性器外病変. 化学療法の領域 26 (11) : 2186, 2010
48) 菊池賢, 橋本正良 (監修) : サンフォード感染症治療ガイド 2019, ライフサイエンス出版, 2019
49) 石川英樹, 山田健太, 川嶋啓揮, 他 : 肝・胆・膵の疾患. 内科 118 (4) : 759-763, 2016
50) 落合高徳, 大畠慶映, 佐藤拓, 他 : 肝癌破裂. 臨外 71 (11) : 309-313, 2016
51) 久保正二, 竹村茂一, 上西崇弘, 他 : 肝細胞癌破裂. 外科 74 (4) : 382-387, 2012
52) 工藤正俊, 泉並木, 市田隆文, 他 : 第19回全国原発性肝癌追跡調査報告 (2006-2007) (日本肝癌研究会追跡調査委員会). 肝臓 57 (1) : 45-73, 2016
53) 中西一彰, 神山俊哉, 横尾英樹, 他 : 肝細胞癌破裂. 外科 71 (3) : 263-268, 2009
54) Liu CL, Fan ST, Lo CM, et al : Management of spontaneous rupture of hepatocellular carcinoma ; single-center experience. J Clin Oncol 19 (17) : 3725-3732, 2001
55) Lai EC, Lau WY : Spontaneous rupture of hepatocellular carcinoma ; a systematic review. Arch Surg 141 (2) : 191-198, 2006
56) 片岡留那, 小嶋馨 : 肝エキノコックス症 (多包条虫) の1例. 臨床放射線 62 (4) : 571-574, 2017
57) 奥祐三郎 : エキノコックス症. 化学療法の領域 33 (3) : 92-99, 2017
58) 三島伸介 : カタツムリ・ナメクジ・イヌ・ネコ・アライグマ・キタキツネ 寄生虫 : 広東住血線虫・回虫・エキノコックス. 公衆衛生 81 (2) : 147-153, 2017
P.91 掲載の参考文献
59) 安部井誠人, 田中直見 : 胆嚢結石症. medicina 42 (8) : 1396-1397, 2005
60) 中野弘康 : 腹痛の身体診察. medicina 56 (10) : 1568-1572, 2019
61) 横江正道 : 急性胆嚢炎の発症メカニズム. 臨床外科 74 (2) : 158-160, 2019
62) 急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン改訂出版委員会主催 : 急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン 2018, 医学図書出版, 2018
63) Trowbridge RL, Rutkowski NK, Shojania KG : Does this patient have acute cholecystitis? JAMA 289 (1) : 80-86, 2003
64) Yokoe M, Takada T, Mayumi T, et al : Accuracy of the Tokyo Guidelines for the diagnosis of acute cholangitis and cholecystitis taking into consideration the clinical practice pattern in Japan. J Hepatobiliary Pancreat Sci 18 (2) : 250-257, 2011
66) 志水太郎 : 胆嚢炎はフィジカルまでで勝負する. 総合診療 26 (2) : 145-147, 2016
67) Kiriyama S, Takada T, Strasberg SM, et al : New diagnostic criteria and severity assessment of acute cholangitis in revised Tokyo Guidelines. J Hepatobiliary Pancreat Sci 19 (5) : 548-556, 2012
68) 森英輝 : 胆道感染症Tokyo Guidelinesの重症度分類に基づく急性胆管炎, 急性胆嚢炎のマネジメント. Hospitalist 6 (3) : 725-739, 2018
P.103 掲載の参考文献
69) 宮田直輝, 朴沢重成 : 急性膵炎. medicina 52 (10) : 1785-1789, 2015
70) 廣田衛久, 濱田晋, 正宗淳 : 急性膵炎の疫学. 臨牀消化器内科 31 (5) : 509-513, 2016
71) 急性膵炎診療ガイドライン 2015 改訂出版委員会 (編) : 急性膵炎診療ガイドライン 2015 : 金原出版. 2015
72) 武田和憲, 大槻眞, 木原康之, 他 : 急性膵炎重症度判定基準最終改訂案の検証. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業難治性膵疾患に関する調査研究, 平成19年度総括・分担研究報告書 29-33, 2008
P.108 掲載の参考文献
74) Nores M, Phillips EH, Morgenstern L, et al : The clinical spectrum of splenic infarction. Am Surg 64 (2) : 182-188, 1998
75) 木口貴雄 : 病態を推察しよう! 画像診断 37 (12) : 1255-1258, 2017
76) 古後斗冴, 南康大, 杉浦弘明, 他 : 脾・腎など実質臓器造影欠損の鑑別. 画像診断 39 (11) : 30-35, 2019
77) Yalaza M, Kafadar MT, Degirmencioglu G, et al : Acute abdominal pain with an unusual etiology : splenic infarction in a diabetes patient. Cyprus J Med Sci 1 : 31-33, 2016
78) Antopolsky M, Hiller N, Salameh S, et al : Splenic infarction : 10 years of experience. Am J Emerg Med 27 (3) : 262-265, 2009
79) 山内正信, 今井健介, 佐々木哲也 : 脾膿瘍および脳出血を合併した感染性心内膜炎. 胸部外科 58 (7) : 527-530, 2005
80) Ferraioli G, Brunetti E, Gulizia R, et al : Management of splenic abscess : report on 16 cases from a single center. Int J Infect Dis 13 (4) : 524-530, 2009
81) Chang KC, Chuah SK, Changchien CS, et al : Clinical characteristics and prognostic factors of splenic abscess : a review of 67 cases in a single medical center of Taiwan. World J Gastroenterol 21 ; 12 (3) : 460-464, 2006
82) Ng CY, Leong EC, Chng HC : Ten-year series of splenic abscesses in a general hospital in Singapore. Ann Acad Med Singapore 37 (9) : 749-752, 2008
83) 急性腹症診療ガイドライン出版委員会 (編) : 急性腹症診療ガイドライン 2015, 医学書院, p 137, 2015
P.112 掲載の参考文献
84) 小澤秀樹 : 心肺疾患と腹痛. medicina 56 (10) : 1612-1615, 2019
85) 城下晃子 : 心血管疾患で見逃されやすい「腹痛」. JIM 20 (3) : 180-182, 2010
86) 日本循環器学会 (編) : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2010 年度合同研究班報告), 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン (2011年改訂版), 2011
87) Klompas M. Does this patient have an acute thoracic aortic dissection? JAMA 287 (17) : 2262-72, 2002
88) Akutsu K, Sato N, Yamamoto T, et al : A rapid bedside D-dimer assay (cardiac D-dimer) for screening of clinically suspected acute aortic dissection. Cir J 69 (4) : 397-403, 2005
89) 東隆 : 大動脈解離・大動脈瘤. 内科 115 (6) : 1097-1099, 2015
P.115 掲載の参考文献
90) 林寛之 : 腹痛の程度のわりに軽微な診察所見. medicina 41 (9) : 1498-1500, 2004
91) 菅野範英 : 上腸間膜動脈関連疾患. 臨外 71 (11) : 244-247, 2016
92) 成田裕司, 古森公浩 : 急性上腸間膜動脈閉塞症. 外科 71 (3) : 283-285, 2009
93) 川崎恭兵 : 急性腸間膜虚血. 臨外 73 (10) : 1262-1268, 2018
94) Karkkainen JM, Acosta S : Acute mesentric ischemia (Part I) -Incidence, etiologies, and how to improve early diagnosis. Best Pract Res Clin Gastroenterol 31 (1) : 15-25, 2017
P.121 掲載の参考文献
95) 今泉貴広, 藤田芳郎 : 腎盂腎炎・膀胱炎・尿道炎・副睾丸炎・前立腺炎. medicina 48 (11) : 331-334, 2011
96) 安田満 : 急性腎盂腎炎・敗血症. 臨泌 72 (3) : 207-212, 2018
97) 山口真, 志水英明, 藤田芳郎 : 腎盂腎炎. medicina 49 (9) : 1558-1562, 2012
98) 津田歩美, 柳 秀高 : 急性腎盂腎炎・膀胱炎. 臨床検査 63 (4) : 482-483, 2019
99) 井上美貴 : 腎梗塞. 内科 103 (6) : 1390-1395, 2009
100) 松本明彦, 後藤智隆, 黒岡雄二 : 感染性心内膜炎を原因とする多発動脈閉塞で発見された腎梗塞. 臨泌 57 (9) : 739-741, 2003
P.125 掲載の参考文献
101) 森田展代, 鈴木孝治 : 腎・尿管結石. medicina 48 (11) : 347-349, 2011
102) 山田仁 : 腹痛を訴えたときに見落としてはいけない泌尿器疾患, 急がなければならない泌尿器疾患. 内科 118 (4) : 765-767, 2016
103) 柑本康夫 : 尿路結石による疼痛発作. 臨泌 70 (4) : 84-86, 2016
104) 金山博臣, 高橋正幸 : 尿路結石・上部尿路閉塞. 臨泌 61 (13) : 1095-1100, 2007
P.128 掲載の参考文献
105) 安田満 : 前立腺炎の分類. 臨泌 73 (12) : 880-884, 2019
106) 急性腹症診療ガイドライン出版委員会 (編) : 急性腹症診療ガイドライン 2015, 医学書院, p 127, 2015
107) 上原慎也 : 性感染症としての急性前立腺炎. 臨泌 73 (12) : 892-895, 2019
108) 松本正広, 藤本直浩 : 一般細菌による急性細菌性前立腺炎の診断と治療. 臨泌 73 (12) 886-891, 2019
P.131 掲載の参考文献
109) 友政宏 : 精巣捻転症. 臨泌 68 (2) : 149-153, 2014
110) 守時良演, 水野健太郎, 林祐太郎 : 急性陰嚢症-精巣捻転・精巣上体炎. 臨泌 72 (3) : 254-259, 2018
111) 山下大輔 : 精巣挙筋反射. JIM 19 (3) : 227, 2009
112) Srinivasan A, Cinman N, Feber KM, et al : History and physical examination findings predictive of testicular torsion : an attempt to promote clinical diagnosis by house staff. J Pediatr Urol. 7 (4) : 470-474, 2011
113) 富田祐司, 近藤幸尋 : 急性精巣上体炎. 臨泌 70 (4) : 29-31, 2016
114) 重村克巳, 荒川創一, 藤澤正人 : 精巣上体炎. 臨泌 71 (4) : 185-186, 2017
115) 栗村雄一郎 : 精巣上体炎. 臨泌 69 (4) : 59-61, 2015
P.136 掲載の参考文献
116) 澤口啓造, 野口昌良 : 急性腹症と子宮内膜症. 臨婦産 55 (12) : 1350-1351, 2001
117) 河野康志, 青柳陽子, 楢原久司 : 卵巣チョコレート嚢胞破裂. 臨婦産 73 (4) : 84-88, 2019
118) 上田博久, 高尾由美, 井上卓也 : 子宮内膜症. 臨婦産 59 (2) : 218-221, 2005
119) 本多洋 : 子宮内膜症-私はこうしている 1. 臨婦産 50 (1) : 54-55, 1996
120) 本橋卓, 田畑務 : 卵巣に腫大・腫瘤がみられる患者 がコンサルトされたとき. 臨婦産 73 (4) : 37-40, 2019
P.139 掲載の参考文献
121) 明樂重夫 : 卵巣腫瘍茎捻転. 臨婦産 73 (4) : 80-83, 2019
122) 橘敏之, 山村省吾, 貴志洋平 : 卵巣腫瘍の茎捻転. 臨婦産 59 (3) : 352-355, 2005
123) 藤田太輔, 大道正英 : 救急対応の教え方・学び方-出血への対応, 異所性妊娠, 茎捻転などを含めて. 臨婦産 73 (11) : 1058-1064, 2019
124) 深澤宏子, 平田修司 : 婦人科の急性腹症. 内科 124 (3) : 1900-1902, 2019
125) 羽間夕紀子, 下屋浩一郎 : 卵巣腫瘍茎捻転. 臨床検査 63 (4) : 560-561, 2019
126) Robertson J, Long B, Koyfman A : Myths in evaluation and management of ovarian torsion. J Emerg Med 52 (4) : 449-456, 2017
P.142 掲載の参考文献
127) 大澤まりえ, 田村綾子 : 骨盤部炎症性疾患 (PID) に関連するサイン. 画像診断 37 (9) : 936-939, 2017
128) 中井豪 : 婦人科救急疾患を見逃さないためのポイント-卵巣腫瘍茎捻転・卵巣出血・PID など. 臨婦産 72 (9) : 871-880, 2018
129) 古谷健一 : 女性下腹部痛・腫瘤の鑑別診断-若手外科医師の臨床研修における産婦人科診療のポイント. 臨外 74 (1) : 81-90, 2019
130) 天野雅之 : 骨盤内炎症性疾患. 検査と技術 46 (3) : 330-331, 2018
P.145 掲載の参考文献
131) 松木充 : お腹が痛い. BRAIN and NERVE 70 (12) : 1369-1378, 2018
132) 田中拓 : 代謝性疾患と腹痛. medicina 56 (10) : 1604-1606, 2019
133) 上硲俊法 : 病態から学ぶポルフィリン・ビリルビン代謝とその動態. 臨床検査 61 (8) : 937-944, 2017
134) 竹迫弥生, 有岡宏子 : 腹痛を診る その他の疾患. 内科 118 (4) : 773-776, 2016
135) 小西高志 : ポルフィリン症. 内科 123 (6) : 1275-1277, 2019
136) 北村文也, 藤田芳郎 : 糖尿病の合併症を見抜く. medicina 55 (9) : 1383-1386, 2018
137) 酒井庸禎 : 内分泌・代謝疾患による腹痛-特に, 糖尿病性ケトアシドーシスに伴う偽性腹膜炎について. JIM 1 (5) : 470-471, 1991
138) Umpierrez G, Freire AX : Abdominal pain in patients with hyperglycemic crises. J Crit Care 17 (1) : 63-67, 2002
139) 田中拓 : 激しい腹痛患者には血糖測定を忘れずに. medicina 42 (6) : 979-981, 2005
140) Campbell IW, Duncan LJ, Innes JA, et al : Abdominal pain in diabetic metabolic decompensation. JAMA 233 (2) : 166-168, 1975
141) 大西峰樹, 花房俊昭 : 高血糖を伴う腹痛には注意が必要. 内科 99 (6) : 1513-1514, 2007
142) 小澤廣記, 岡田正人 : 膠原病と腹痛. medicina 56 (10) : 1608-1611, 2019
143) 田中貴英, 蔵原晃一, 南満芳, 他 : 膠原病・血管炎の消化管病変と皮膚病変. 胃と腸 51 (8) : 1019-1030, 2016
144) 細江直樹, 長沼誠, 柏木和弘, 他 : IgA血管炎. INTESTINE 19 (2) : 191-194, 2015
145) 江崎幹宏, 梅野淳嗣, 前畠裕司, 他 : 血管炎による消化管病変の臨床診断-IgA 血管炎 (Henoch-Schonlein紫斑病). 胃と腸 50 (11) : 1363-1371, 2015
P.152 掲載の参考文献
146) 高橋慧, 土屋善慎, 佐藤光博, 他 : 両側腹直筋血腫を発症した血液透析患者の1例. 臨牀透析 34 (6) : 661-664, 2018
147) 谷恵利子, 松野治, 橋本章司, 他 : 咳嗽により腹直筋血腫をきたした1例. 内科 118 (6) : 1167-1172, 2016
148) 山本真司, 田辺義明, 菅總充郎, 他 : 排便時のいきみが誘因となった非外傷性腹直筋血腫の1例. 外科 67 (6) : 709-711, 2005
149) 坂口一彦, 堀松高博, 大西裕, 他 : 非外傷性腹直筋血腫の2例. 内科 92 (5) : 994-997, 2003
150) 馬場香子, 石黒匡史, 武田啓, 他 : 若年男性に発症した特発性腹直筋血腫の1例. 日職災医誌 60 (4) : 240-244, 2012
151) 松村理司 : 腹痛・貧血を呈した鉛精錬工場勤務の20歳と21歳の男性. JIM 12 (9) : 828-831, 2002
152) 阿久澤暢洋 : 目でみるトレーニング 問題 739. medicina 51 (8) : 1553, 1553, 2014
153) 中村賢治, 北原照代, 垰田和史 : 現在も発生する塗装工の鉛中毒. 産衛誌 57 (5) : 241-243, 2015
154) 吉岡克宣, 寺柿政和, 上松一永 : 家族性地中海熱の1例. 内科 122 (2) : 359-362, 2018
155) 江崎幹宏, 河野真一 : 家族性地中海熱. 胃と腸 51 (13) : 1722-1723, 2016
156) 飯田智哉, 宮川麻希, 那須野正尚, 他 : 小腸の非腫瘍性疾患-家族性地中海熱の小腸病変. 胃と腸 54 (4) : 526-531, 2019

第IV章 病歴からのアプローチ~主訴「腹痛」からの病歴への展開~

P.192 掲載の参考文献
1) 今枝博之 : 急性腹痛. medicina 53 (4) : 288-293, 2016
2) 中野弘康 : 腹痛の身体診察. medicina 56 (10) : 1568-1572, 2019
3) 座喜味盛哉, 石山貴章 : 腹痛 腹部臓器の解剖学的位置だけで鑑別を考えない. Hospitalist 2 (3) : 665-680, 2014
4) 小関一英 (監訳) : 急性腹症の早期診断-病歴と身体所見による診断技能をみがく (Cope's Early Diagnosis of the Acute Abdomen 20 th ed.), MEDSI, p 112, 2004
5) 座喜味盛哉 : 腹痛の分類と解釈. medicina 56 (10) : 1556-1559, 2019
6) Quiroga B, Verde E, Abad S, et al : Detection of patients at high risk for non-occlusive mesenteric ischemia in hemodialysis. J Surg Res 180 (1) : 51-55, 2013
7) 吉田常恭, 森川暢, 北川泉 : 免役不全患者の腹痛. medicina 56 (10) : 1592-1595, 2019

第V章 身体所見からのアプローチ

P.200 掲載の参考文献
1) 今枝博之 : 急性腹痛. medicina 53 (4) : 288-293, 2016
2) 急性腹症診療ガイドライン出版委員会 (編) : 急性腹症診療ガイドライン 2015, 医学書院, 2015
3) McGee S : Evidence-Based Physical Diagnosis 4 th ed., Elsevier, 2017
4) 座喜味盛哉, 石山貴章 : 腹痛-腹部臓器の解剖学的位置だけで鑑別を考えないHospitalist 2 (3) : 665-680, 2014

第VI章 検査の組み立てとその評価

P.211 掲載の参考文献
1) 今枝博之 : 急性腹痛. medicina 53 (4) : 288-293, 2016
2) 福島豊実, 水間美宏, 久木田和夫 : 急性腹痛 (上腹部) -「お腹 (胃) が痛いです」. medicina 54 (6) : 866-870, 2017
3) 窪田忠夫 : 診断がつかない急性腹痛. medicina 56 (10) : 1616-1619, 2019

最近チェックした商品履歴

Loading...