臨床免疫 45/6 2006年6月号

出版社: 科学評論社
発行日: 2006-06-25
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
雑誌名:
特集: 1.好酸球の機能発現と生体での役割 2.自己抗体の産生のメカニズムにおける新たな知見
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,300 円(税込)

目次

  • 臨床免疫 45/6 2006年6月号

    ―目次―

    特集1 好酸球の機能発現と生体での役割
     免疫調節細胞としての好酸球 
     炎症のエフェクターとしての好酸球  
     IL-5による好酸球活性化の分子機構  
     好酸球の生存と死  
     好酸球の組織浸潤の機序  

    特集2 自己抗体の産生のメカニズムにおける新たな知見
     抗glucose-6-phosphate isomerase抗体の病原性  
     抗核抗体の産生機序と病因論的意義 
     抗DNA抗体産生における小胞体蛋白の意義 
     抗リン脂質抗体の病原性  
     抗シトルリン化蛋白抗体の病因論的意義  

    総説
     生体ホルモン・環境ホルモンとTh2細胞 
     乾癬病変の形成機序  

    話題
     気道リモデリングと T 細胞  
     抗原非存在下におけるIgEによるマスト細胞の活性化  
     抗腫瘍免疫応答制御にかかわるCD4+CD25+ Tregの
      活性化誘導に対するIFN-γの役割  
     HGFによる樹状細胞に対する抑制作用  

    解説
     SOCSによるTh1/Th2バランスの制御  
     BTLAによる自己免疫の制御  
     好塩基球が中心的な役割を演じる慢性アレルギー炎症  
     B7ファミリー分子の発現とアレルギー 
     造血幹細胞の自己複製の分子基盤

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...