ナイチンゲールはフェミニストだったのか

出版社: 日本看護協会出版会
著者:
発行日: 2021-05-10
分野: 看護学  >  看護学一般
ISBN: 9784818023390
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

1,870 円(税込)

商品紹介

伝統的な慣習や社会規範が色濃く残っていたヴィクトリア朝時代。「女性」というだけで社会で活躍する機会がないことに絶望していたナイチンゲールは、長い苦闘の期間ののち、男性に隷従しない女性のあり方・生き方を問い、自ら行動を起こして「看護」を専門職へと高めました。一方、彼女は当時イギリスで盛んだったフェミニズム運動とは距離をおき、批判さえしています。ナイチンゲールは「フェミニスト」だったのでしょうか? 看護・医学、英文学、文化史、人道研究などの専門家がナイチンゲールと彼女をめぐるジェンダー論について考察しました。

目次

  • ヴィクトリア朝時代のフェミニズム
    バーバラ・リー・スミス・ボディションとナイチンゲール
    ナイチンゲールの女性論:ラスキン、J.S.ミル、ガマーニコフとの比較から
    ナイチンゲールはフェミニストだったのか:作家ヴァージニア・ウルフの視点から
    女性の権利運動にナイチンゲールが果たした役割と、わが国における展開

    [コラム] 
    ナイチンゲールをめぐる3人のオトコたち
    「英国派遣日赤救護隊記」から考察する日本のジェンダー平等意識

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...