ブッダが教える心の仕組み

出版社: 誠文堂新光社
著者:
発行日: 2020-09-19
分野: 臨床医学:内科  >  心身/臨床心理
ISBN: 9784416520437
電子書籍版: 2020-09-19 (電子書籍版)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,980 円(税込)

商品紹介

ブッダの教え(仏教)とは、私たちが「心」の正体を知って、心を正しく用いて、究極の幸福に達するための教えなのです。この本では、「心所【しんじょ】」という心の中身・心の成分に関する分析をご紹介します。心の成分をキャラクターにした、イラスト図解で楽しく学べる!!

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • もくじ
  • 第1章 私たちを支配している心所の世界
  • 人間は「心」で生きている
  • 「心」を発見してみよう
  • 心が「命」である
  • 心の「知る」機能と「心の中身」の関係
  • 「心」と「心所」は切り離すことができない
  • 人間の価値は「心所」によって決まる
  • 第2章 心の基本的な働きがわかる13の心所
  • 善にも悪にもなる「同他心所」
  • 共一切心心所 ( 共通心所 )
  • [01] 触 ( パッサ )
  • [02] 受 ( ヴェーダナー )
  • [03] 想 ( サンニャー )
  • [04] 志 ( 思 ) ( チェータナー )
  • [05] 一境性 ( エーカッガター )
  • [06] 命根 ( ジーヴィティンドゥリヤ )
  • [07] 作意 ( マナシカーラ )
  • 雑心所
  • [08] 尋 ( ヴィタッカ )
  • [09] 伺 ( ヴィチャーラ )
  • [10] 勝結 ( アディモッカ )
  • [11] 精進 ( ヴィリヤ )
  • [12] 喜 ( ピーティ )
  • [13] 意欲 ( チャンダ )
  • 第3章 心を悪に染める14の心所
  • 不善 ( 悪 ) の正体は「愚かさ」
  • 愚かさの心所 ( 共不善心所 )
  • [14] 痴 ( モーハ )
  • [15] 無慚 ( アヒリカ )
  • [16] 無愧 ( アノッタッパ )
  • [17] 掉挙 ( ウッダッチャ )
  • 欲の心所
  • [18] 貪 ( ローバ )
  • [19] 邪見 ( 見 ) ( ディッティ )
  • [20] 慢 ( マーナ )
  • 怒りの心所
  • [21] 瞋( ドーサ )
  • [22] 嫉 ( イッサー )
  • [23] 慳 ( マッチャリヤ )
  • [24] 後悔 ( 悪作 ) ( クックッチャ )
  • 悪を助ける心所
  • [25] こん沈 ( ティーナ )
  • [26] 睡眠 ( ミッダ )
  • [27] 疑 ( ヴィチキッチャー )
  • 第4章 心を善に変える25の心所
  • 心を善に変える「善心所」 ( 浄心所 )
  • 共通善心所 ( 共浄心所 )
  • [28] 信 ( サッダー )
  • [29] 念 ( サティ )
  • [30] 慚 ( ヒリ )
  • [31] 愧 ( オッタッパ )
  • [32] 無貪 ( アローバ )
  • [33] 無瞋 ( アドーサ )
  • [34] 中捨 ( タトラマッジャッタター )
  • [35] 身軽安 ( カーヤパッサッディ )
  • [36] 心軽安 ( チッタパッサッディ )
  • [37] 身軽快性 ( カーヤラフター )
  • [38] 心軽快性 ( チッタラフター )
  • [39] 身柔軟性 ( カーヤムドゥター )
  • [40] 心柔軟性 ( チッタムドゥター )
  • [41] 身適合性 ( カーヤカンマンニャター )
  • [42] 心適合性 ( チッタカンマンニャター )
  • [43] 身練達性 ( カーヤパーグンニャター )
  • [44] 心練達性 ( チッタパーグンニャター )
  • [45] 身端直性 ( カーユジュカター )
  • [46] 心端直性 ( チットゥジュカター )
  • 自粛心所 ( 離心所 )
  • [47] 正語 ( サンマー・ヴァーチャー )
  • [48] 正業 ( サンマー・カンマンタ )
  • [49] 正命 ( サンマー・アージーヴァ )
  • 無量心所
  • [50] 悲 ( カルナー )
  • [51] 喜 ( ムディター )
  • 智慧の心所
  • [52] 慧根 ( パンニンドゥリヤ )
  • 第5章 心と心所の結びつき
  • 心所は結びついて働く
  • 欲の心、怒りの心
  • 嫉妬深い人、もの惜しみをする人、後悔する人
  • 「愚かさ」が、悪の心の根源
  • 「智慧」がなくても善は善
  • 善行為をするためにはエネルギーがいる
  • 日常の行為を善の心でおこなうと「智慧」が生まれる
  • 善行為は何度でも思いだすべし
  • 「瞑想」とは、認識を管理すること
  • あとがき
  • 冊子版奥付
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

あとがき

P.143 掲載の参考文献
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第一巻「物質の分析」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第二巻「心の分析」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第三巻「心所 (心の中身) の分析」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第四巻「心の生滅の分析」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第五巻「業 (カルマ) と輪廻の分析」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第六巻「縁起の分析」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ』第七巻,第八巻合冊版「瞑想と悟りの分析 (サマタ瞑想編・ヴィパッサナー瞑想編) 」アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃著 (サンガ)
『心の中はどうなってるの? 役立つ初期仏教法話 5』アルボムッレ・スマナサーラ著 (サンガ新書)
『自分を変える気づきの瞑想法』アルボムッレ・スマナサーラ著 (サンガ)
『慈悲の瞑想〔フルバージョン〕』アルボムッレ・スマナサーラ著 (サンガ)

最近チェックした商品履歴

Loading...