改訂版 医師人生は初期研修で決まる!って、知ってた?

出版社: メディカルサイエンス社
著者:
発行日: 2021-08-30
分野: 医学一般  >  医学教育
ISBN: 9784909117540
電子書籍版: 2021-08-30 (改訂版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,960 円(税込)

商品紹介

大勢の研修医が集まる病院の指導医が、初期研修の極意を伝授。
病院見学、研修病院の選び方、面接のHow toから、病歴聴取、身体診察、診療録記載、採血、研修医のポケット、おすすめアプリまで、かゆいところに手が届く1冊!
「患者さんの生活を考え、仕事を楽しみながらできる医師」となるために、医師のキャリアのはじめに本書を手に取り、幸せな医師人生のための良い研修を始めてください!

目次

  • 序論
     研修生活のはじめに

    総論1
     1.学生時代の勉強内容や方法について
     2.学生時代に求められる課外活動について
     3.学生時代に読むべき本
     4.学生時代に英語を学ぶ意義やその方法について
     5.簡単に分かる研修病院の選び方のコツ
     ほか

    総論2
     1.研修医生活を乗り切るためのウエルネスの知識
     2.いろいろな指導医との付き合い方
     3.研修医のポケットの中身は何がいい?
     4.どんなアプリがいいの?
     5.どんなウェブサイトがいいの?
     ほか

    総論3
     1.研修医の知っておくべき介護保険、生活保護+α
     2.研修医の知っておくべき医療安全と質改善
     3.自分の将来の志望科とは異なる科で研修する際に、
       より有意義にするためのマインドセット・コツ
     4.後期研修先はどのような観点から選択し、見学時含めて
       どのような情報を収集すべきか
     5.後輩を指導する際に気をつけるべきこと
     6.女性医師として

    各論
     1.内科ローテート 虎の巻
     2.一般外科研修ローテート 虎の巻
     3.外科ローテート 虎の巻
     4.救急ローテート 虎の巻
     5.麻酔科ローテート 虎の巻
     6.小児科ローテート 虎の巻
     7.産婦人科ローテート 虎の巻
     8.脳神経外科ローテート 虎の巻
     9.整形外科ローテート 虎の巻
     10.地域研修ローテート 虎の巻

    まとめ
     座談会 初期研修でいちばん大事なことは?

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序論

P.19 掲載の参考文献
4) Maxine A Papadakis, Arianne Teherani, Mary A Banach, et al : Disciplinary action by medical boards and prior behavior in medical school. N Engl J Med 2005 ; 353 : 2673-2682.
12) 瀬尾恵美子, 他 : 文科省科研費助成研究. 初期臨床研修における研修医のストレスに関する多施設研究 (2010-12). 2013.
13) Rogers D : Which educational interventions improve healthcare professionals' resilience? Med Teach 2016 ; 30 : 1-6.

総論 ( 1 )

P.27 掲載の参考文献
P.32 掲載の参考文献
1) Kataoka et al : Can communication skills training improve empathy? A six-year longitudinal study of medical students in Japan. Med Teach. 2019. 41 (2) : 195-200
2) あぁ. 医師家系. 日経Cadetto 2011年 No.3.
3) 榎木英介 : 医者ムラの真実. ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2013.
4) 米国内科学会日本支部 http://www.acpjapan.org/
5) Patrick HA, Kumar VR : Managing Workplace Diversity : Issues and Challenges.Sage Open 2012 ; 2 (2) : 1-15.
6) Patrick HA : Organization culture and its impact on diversity openness in the Information technology organizational context. Dimensions 2010 : 1 (1) : 67-72.
7) Simlin J : Organization culture and impact of diversity openness in the IT-ITES sector (Unpublished MBA dissertation thesis). Christ College Institute of Management, Karnataka. 2006.
8) 医学生の短期留学 (臨床・研究) に関する全国調査 2013年度版 http://www.jmef.or.jp/Elective_Placements/JMEF_Questionnaire_2013.pdf
9) 小澤亘, 他 : 日本・韓国・カナダ3ヵ国における青年ボランティア文化比較研究 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/pdf/no99_09.pdf
P.42 掲載の参考文献
1) 自分が将来目指す専門科の有名な英語の教科書 (例えば内科ならハリソンHarrison) を読破するつもりで毎日決めたページを読む.
2) New England Journal of Medicine (あるいは自分で決めた著名なジャーナル) の決めたセクションを継続的に読む.
3) 自分の好む米国大統領 (Lincoln, Kennedy, Nixon, Reagan など) の歴史や, ER などのテレビドラマなど自分が好きなビデオを観る. CNNやBBCなどのニュースを毎日観る.
4) 佐藤隆美, 中川伸生, 藤谷茂樹編 : 米国臨床留学への道 You Can Do It! 改訂4版. 南山堂, 2014.
5) 佐地 勉編 : そのまま使える診療現場のリアル英会話. メディカルビュー社, 2012.
6) 篠田顕子, 石黒弓子, 水野的, 他 : 英語リスニング・クリニック. 研究社, 2002.
P.49 掲載の参考文献
1) Iserson KV : Iserson's Getting into a Residency : A Guide for Medical Students, 8th ed. 2013.
2) 市村公一 : 臨床研修の現在-全国25病院医師研修の実際. 医学書院, 2004.
3) 安藤裕貴, 錢瓊毓 : 研修病院選びかた御法度 第2版. 三輪書店, 2015.
4) 医師臨床研修マッチング協議会 http://www.jrmp.jp
P.54 掲載の参考文献
P.63 掲載の参考文献
1) Iserson KV : Important Factors When Choosing A Specialty. Iserson's Getting Into A Residency : A Guide for Medical Students. 6th ed. 2003.
2) Le T, Bhushan V, Shenvi C : First Aid for the Match, 5th ed. McGraw-Hill Education, 2010.
3) シーナ・アイエンガー : 選択の科学. 文芸春秋, 2010.
4) 城繁幸 : 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか. 筑摩書房, 2008.
5) 諸富祥彦 : 偶然をチャンスに変える生き方-最新キャリア心理学に学ぶ「幸運」を引き寄せる知恵ダイヤモンド社, 2009.

総論 ( 2 )

P.71 掲載の参考文献
3) 瀬尾恵美子, 前野哲博, 小川良子 : 初期研修における研修医のストレスに関する多施設研究 文部科学省科学研究費基盤研究 https://kaken.nii.ac.jp/d/p/22590452.ja.html
5) 宮崎仁, 木村琢磨, 児玉知之 : 感情と医師研修- (後編) medicina 2005 ; 42 (8) : 1468-1475.
6) こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト~心の健康確保と自殺や過労死などの予防~厚生労働省 http://kokoro.mhlw.go.jp/tool/worker/
7) Harold A. Thomas : Circadian rhythms and shift work.-policy resource and education paper (PREP). ACEP https://www.acep.org/globalassets/new-pdfs/preps/circadian-rhythms-and-shift-work---prep.pdf
10) 医師の働き方改革の推進に関する検討会 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05488.html
11) Dike Drummond : The Difference : Time off vs. life balance-3 keys for the holidays. The Happy Med http://www.thehappymd.com/blog/bid/363537/The-Difference-Time-Off-vs-Life-Balance-3-keys-for-the-holidays
12) Abdulghafour YA, Bo-hamra AM, Al-Randi MS, et al : Burnout syndrome among physicians working in primary health care centers in K : Burnout syndrome among physicians working in primary health care centers in Kuwait. Alexan J Med 2011 ; 47 (4) : 351-357.
P.78 掲載の参考文献
1) 日本医事新報社編集部 : 日本医事新報特集号 臨床研修指定病院69施設からきいたこれだけは押さえてほしいルール & マナー. 日本医事新報社, 2014.
2) 八田和大 : 指導医との "うまい" つきあいかた. 臨床研修プラクティス 2004 ; 1 (1) : 64-67.
3) 本田宣久 : レジデントサバイバル Chapter 1 ホウ・レン・ソウ (報告・連絡・相談) を忘れるな 前編. 医学界新聞. 第2568号. http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2568dir/n2568_09.htm
4) 本田宣久 : レジデントサバイバル Chapter 2 ホウ・レン・ソウ (報告・連絡・相談) を忘れるな 後編. 医学界新聞. 第2572号. http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2572dir/n2572_12.htm
5) 岩田健太郎 : Dr. 岩田健太郎のスーパー指導術. 羊土社, 2012.
6) 眞木崇州 : 指導医と上手にコミュニケーションをとるコツ. 臨床研修プラクティス 2006 : 3 (1) : 32-34.
7) 市村公一 : 臨床研修の現在 全国25医師研修病院の実際. 医学書院, 2004.
8) 石丸博康 : 指導医にいつ, コンサルトするか. 臨床研修プラクティス 2006 ; 3 (4) : 26-36.
10) Sackett DL, et al : Evidence-Based Medicine. How to Practice and Teach EBM. Second edition. Churchill Livingstone, 2000.
11) 林寛之 : 教育の極意は, めっちゃ楽しい姿を見せること. 月刊地域医学 2011 ; 25 (12) : 1086-1093.
P.84 掲載の参考文献
2) 塩尻俊明 : medicina 2014 ; 51 (7) : 1182-1188.
6) UpToDate(R) http://www.uptodate.com/
7) 森本康裕, 他 : 知っているようで知らない! 注射・採血・穿刺のコツ. レジデントノート. 羊土社, 2014.
P.91 掲載の参考文献
P.97 掲載の参考文献
P.105 掲載の参考文献
1) Cohen-Cole SA : The Medical Interview : The Three-Function Approach, Mosby Year Book, St. Louis 1991.
4) Sanjay S, Vineet C : The Saint-Chopra Guide to Inpatient Medicine 4th, Oxford Univ Pr, 2018.
5) ローレンス・ティアニー, 松村正己 : ティアニー先生の診断入門, 医学書院, 東京, 2011.
P.112 掲載の参考文献
1) Steven M : Evidence-Based Physical Diagnosis 4th Edition. Elsevier, 2017.
2) Sackett DL, Haynes RB, Tugwell P : Clinical epidemiology : A basic science for clinical medicine, 1st ed. Little, Brown and Co. 1985.
6) Jane M : Sapira's Art and Science of Bedside Diagnosis Fifth edition. Wolters Kluwer Health, 2018
7) McFadden JP, Price RC, Eastwood HD, et al : Taised respiratory rate in elderly patients : a valuable physical sign. Br Med J 1982 ; 284 : 626-627.
P.121 掲載の参考文献
1) 菅野敬之 : ビジュアル基本手技 写真とイラストでよくわかる! 注射・採血法 改訂版. 東京, 羊土社, 2012.
2) 日本臨床検査標準協議会 (JCCLS) : 標準採血法ガイドライン 第2版 (GP4-A2). 東京, 学術広告社, 2011.
P.126 掲載の参考文献
1) 医師法第16条の2 第1項に規定する医師臨床研修に関する省令 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/hourei/021211.html
2) 医師臨床研修制度のホームページ 厚生労働省 (mhlw.go.jp) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index.html
3) 新・内科専門医制度にむけて 日本内科学会 http://www.naika.or.jp/nintei/shinseido/
4) 亀田メディカルセンター研修サイト 初期研修プログラム http://www.kameda-resident.jp/junior/program/index.html#05
5) 沖縄県立中部病院卒後医学臨床研修事業 各研修プログラム https://chubuweb.hosp.pref.okinawa.jp/unihawaii/phase1/program/
6) 外科専門医修練カリキュラム 日本外科学会 http://www.jssoc.or.jp/other/info/info20110318.html
10) 国保旭中央病院初期研修プログラム http://www.resident.bz/junior/index.html
P.134 掲載の参考文献
1) Sackett DL : Evidence-Based Medicine : How to Practice and Teach EBM, 2nd ed. Churchill Livingstone, 2000.
2) UpToDate(R) http://www.uptodate.com
4) The SPELL 資料集-日常業務での効率の良い情報収集の方法 http://spell.umin.jp/EBM_materials_Step2.html
5) The SPELL「はじめてシート」http://spell.umin.jp/EBM_materials_BTS.html
7) GRADE working group. The GRADE working group. Available from : http://www.gradeworkinggroup.org/index.htm
8) 相原守夫 : 診療ガイドラインのためのGRADEシステム 第3版. 東京, 中外医薬社, 2018.
9) ARDS診療ガイドライン 2016 http://www.jsicm.org/ARDSGL/ARDSGL2016.pdf
10) JRC蘇生ガイドライン 2020 https://www.igaku-shoin.co.jp/book/detail/107281
11) EBM-Tokyo http://ebm.umin.ne.jp/
P.142 掲載の参考文献
11) Li JL, Jia CS, Wang JL, et al : Basic Characteristics of Simplex Reinforcing and Reducing Manipulations of Filiform Acupuncture Needle in Clinical Practice Based upon Data Mining. Zhen Ci Yan Jiu 2015 ; 40 (6) : 497-503.
12) Gafni A1, Charles C, Whelan T : The physician-patient encounter : the physician as a perfect agent for the patient versus the informed treatment decision-making model. Soc Sci Med 1998 ; 47 (3) : 347-354.
13) Schmidt FP, Glaser NJ, Schreiner O, et al : "Do-not-rescuscitate" --Results of introducing a standardized order sheet on documentation quality. Dtsch Med Wochenschr 2015 ; 140 (15) : e159-e165.
P.149 掲載の参考文献
4) 林寛之, 他 : うまいコンサルトとは? ERマガジン 2006 ; 3 (4) : 291-310.
5) 寺沢秀一 : 研修医当直御法度. 百例帖. 三輪書店, 2012.
6) 林寛之 : Dr. 林の当直 (裏) 御法度. ER問題解決の極上Tips70. 三輪書店, 2006.
7) 志賀隆 : 考えるER-サムライ・プラクティス. CBR, 2014.
8) 岸本暢将 : 米国式症例プレゼンテーションが劇的に上手くなる方法. 羊土社, 2004.
9) 岩田健太郎 : コンサルテーションスキル. 南江堂, 2011.
10) 川畑雅照 : コンサルテーションについて考えてみよう. medicina 2005 ; 42 : 154-156.
11) 蒲生智哉, 他 : チームを動かすコンサルテーション. JIM 2012 ; 22 (3) : 179-223.
P.157 掲載の参考文献
1) Ruff CT, Giugliano RP, Braunwald E, et al : Comparison of the efficacy and safety of new oral anticoagulants with warfarin in patients with atrial fibrillation : a meta-analysis of randomised trials. Lancet 2014 ; 383 (9921) : 955-962.
2) 2020年改訂版不整脈薬物治療ガイドライン. 日本循環器学会, 2020.
3) 薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 2019年年報. 日本医療機能評価機構.
4) 北原光夫, 上野文昭編 : 内科医の薬 100 第3版. 医学書院, 2005.
P.166 掲載の参考文献
1) Boyd AS, Benjamin HJ, Asplund C : Principles of Casting and Splinting. Am Fam Physician 2009 ; 79 (1) : 16-22, 23-24.
2) Boyd AS, Benjamin HJ, Asplund C : Splints and Casts : Indications and Methods. Am Fam Physician 2009 ; 80 (5) : 491- 499.
5) Trott AT : Wound and Lacerations Emergency care and Closure 4th ed. Elsevier Saunders.
6) Davis J, Czerniski B, Au A, Adhikari S, Farrell I, Fields JM : Diagnostic accuracy of ultrasonography in retained soft tissue foreign bodies : A systematic review and meta-analysis. Acad Emerg Med 2015 ; 22 (7) : 777-87.
7) Jarraya M, Hayashi D, de Villiers RV, et al : Multimodality imaging of foreign bodies of the musculoskeletal system. AJR Am J Roentgenol 2014 ; 203 (1) : W92-102.
8) Peterson AS : The "golden period" for wound repair. JLGH 2010 ; 5 : 134-135.
11) Forsch RT : Essentials of skin laceration repair. Am Fam Physician 2008 ; 78 (8) : 945-951.
12) Worster B, Zawora MQ, Hsieh C : Common Questions About Wound Care. Am Fam Physician 2015 ; 91 (2) : 86-92.

総論 ( 3 )

P.177 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ホームページ : 社会保険制度 http://www.mhlw.go.jp/seisaku/dl/21a.pdf
2) 厚生労働省ホームページ : 介護事業所・生活関連情報検索 : 公表されている介護サービスについて https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/publish/
3) 厚生労働省ホームページ : 令和3年度介護報酬改定の主な事項 https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000753776.pdf
4) 厚生労働省ホームページ : 介護保険制度の概要 : 介護保険とは https://www.mhlw.go.jp/content/000801559.pdf
5) 愛知県ホームページ : 高齢福祉課 : 主治医意見書 (特定疾病) について : 主治医意見書記入の手引き https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/278025.pdf
6) 厚生労働省ホームページ : 生活保護制度 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/
7) 厚生労働省ホームページ : 生活保護の被保護者調査 (令和3年2月分概数) https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hihogosya/m2021/dl/02-01.pdf
8) 木下順二 : 診療所長が知っておくべき制度, 診療所マニュアル 第3版, メディカルサイエンス社, 2011, p84-107.
9) 廣田俊夫 : 診療所長が書く書類 <各種意見書・証明書>. 月刊地域医学 2015 ; 29 (12) : 973-979.
10) 大分県ホームページ : 福祉保健部 : 保護・監査指導室 : 生活保護法指定医療機関の手引き https://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/2082259.pdf
11) 岡山市ホームページ : 生活保護法指定医療機関・介護機関 : 生活保護法指定医療機関等の手引き https://www.city.okayama.jp/jigyosha/cmsfiles/contents/0000003/3790/01.pdf
12) 厚生労働省ホームページ : 障害年金の業務統計等について https://www.mhlw.go.jp/content/12508000/000669908.pdf
14) 厚生労働省ホームページ : みんなのメンタルヘルス : 治療や生活へのサポート : 精神障害者保健福祉手帳 https://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/certificate.html
15) 厚生労働省ホームページ : 障害者福祉 : 障害者手帳 : 療育手帳制度の実施について https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000712219.pdf
16) 日本年金機構ホームページ : 国民年金・厚生年金保険 障害認定基準 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.html
P.185 掲載の参考文献
1) WHO Patient Safety Curriculum Guide : Multi-professional Edition 2011. https://www.who.int/docs/default-source/patient-safety/9789241501958-jpn.pdf?sfvrsn=848131c4_1
3) Heinrich HW : Industrial accident prevention, a scientific approach. McGraw-Hill. 1931.
4) Flin R, O'Connor P, Crischton M : Safety at the sharp end : a guide to non-technical skills. Ashgate Publishing Ltd, 2008.
5) Many hands make light the work : The cause and consequences of social loafing, Journal of personality and social psychology, 1979.
6) ローラン・ドゴース : なぜエラーが医療事故を減らすのか. NTT出版株式会社. 2015.
7) Reason JT : Managing the risks of organisatinal accidents. Ashgate Publishing Ltd, 1997.
8) 古谷健夫 : 質創造とTQM. 中部品質管理協会編. 質創造マネジメント. 日科技連出版社, 2013.
9) OJTソリューションズ : トヨタの問題解決. 中経出版, 2014.
P.191 掲載の参考文献
1) 医道審議会医師分科会医師臨床研修部会 報告書 (平成25年12月19日)
3) Mata DA, et al : Prevalence of Depression and Depressive Symptoms Among Resident Physicians : A Systematic Review and Meta-analysis. JAMA. 2015 ; 314 (22) : 2373-83
4) 中村明澄, 前野哲博 : 研修医が抱えるストレス 実態と対処・予防法. JIM 2004 ; 14 (5) : 424-426.
5) 小野真規子, 前野哲博 : 初期研修医のストレス. レジデントノート 2003 ; 5 (3) : 86-89.
6) Kelly McGonigal著, 神崎朗子 訳 : スタンフォードのストレスを力に変える教科書. The Upside of Stress. 2015.
P.197 掲載の参考文献
1) Iserson KV : Iserson's Getting Into A Residency : A Guide for Medical Students, 8th ed. 2013.
2) Desai SP : The Residency Match 101 Biggest Mistakes And How To Avoid Them : http://www.medscape.com/viewarticle/548628#vp_2
4) 医師の働き方改革の推進に関する検討会 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05488.html
P.205 掲載の参考文献
1) 中室牧子 : 「学力」の経済学. ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2015.
5) 大西弘高 : 医学教育を学び始める人のために. 篠原出版新社, 2013.
8) Neher JO, Gordon KC, Meyer B, et al : A five-step "microskills" model of clinical teaching. J Am Board Fam Pract 1992 ; 5 (4) : 419-424.
9) Dale E : Audio-Visual method in teaching. Dryden Press, 1946.
10) 舩越拓 : 後輩の教え方 -先輩1年生も今日から教え上手! 前編 : 成人教育の原則と心がまえ. レジデントノート 2015 ; 16 (16) : 3018-3027.
11) 中原淳 : 駆け出しマネジャーの成長論-7つの挑戦課題を「科学」する. 中公新書ラクレ, 2014.
12) 伊藤貴 : 学習方略としての言語化の効果-目標達成モデルの提案. 教育心理学研究. 2009 ; 57 (2) : 237-51.
13) Skinner BF. The technology of teaching. 1968.
P.211 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成30年 (2018年) 医師・歯科医師・薬剤師統計の概況.
2) OECDiLibrary Health at a Glance 2019.
3) 厚生労働省 : 平成29年度女性医師キャリア支援モデル普及推進事業に関する評価会議 資料 資料3 女性医師キャリア支援モデル普及推進事業の成果と今後の取組について.
4) 平成28年社会生活基本調査 生活時間に関する結果 結果の概要 平成29年9月15日 総務省 統計局.

各論

P.219 掲載の参考文献
1) セイントとチョプラの内科診療ガイド 第3版. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2020.
2) 大曲貴夫 : 感染症診療のロジック. 南山堂, 2010.
3) Sabatine MS : Pocket Medicine : The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine, 7th ed. Lippincott Williams & Wilkins, 2021.
4) 筒泉貴彦, 山田悠史他 総合内科病棟マニュアル 病棟業務の基礎 (赤本), 疾患ごとの管理 (青本). メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2021.
5) The SPELL EBM 資料集, 英語が苦手な人の便利ツール http://spell.umin.jp/EBM_materials_BeatEnglish.html
P.223 掲載の参考文献
1) 医師法第16条の2第1項に規定する医師臨床研修に関する省令 厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/hourei/021211.html
2) 医師臨床研修指導ガイドライン-2020年度版-厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/ishirinsyokensyu_guideline_2020.pdf
3) 医師臨床研修に関する Q&A (平成32年度見直し関係) 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000347669.pdf
4) 松岡史彦 小林只 : プライマリ・ケア-地域医療の方法-, メディカルサイエンス社, 2012.
5) 鈴木慎吾 : 外来診療の型 同じ主訴には同じ診断アプローチ, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2020.
6) 飯島克己 : 外来でのコミュニケーション技法 診療に生かしたい問診・面接のコツ, 日本医事新報社. 2006.
P.230 掲載の参考文献
1) Mitchell EL, Lee DY, Arora S, Kwong KL, et. al : SBAR M&M : a feasible, reliable, and valid tool to assess the quality of, surgical morbidity and mortality conference presentations. Am J Surg. 2012 ; 203 (1) : 26-31.
2) Tounsend CM Jr., Beauchamp RD, Evers BM, et al : Sabiston Textbook of SURGERY : The Biological Basis of Modern Surgical Practice, 20th ed. Elsevier, 2016.
3) Brunicardi FC, Anderson DK, Billiar TR, et al : Schwartz's Principles of Surgery, 10th ed. McGraw-Hill Education, 2014.
5) Fleisher LA, Fleischmann KE, Auerbach AD, et al : 2014 ACC/AHA guideline on perioperative cardiovascular evaluation and management of patients undergoing non cardiac surgery : a report of American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on practice guideline. J Am Coll Cardiol 2014 ; 64 : e77
P.237 掲載の参考文献
1) 志賀隆, 舩越拓, 眞喜志剛, 他 : 当直ハンドブック, 中外医学社, 2021.
2) 寺沢秀一, 島田耕文, 林寛之 : 研修医当直御法度 第6版 ピットフォールとエッセンシャルズ, 三輪書店, 2016.
3) 寺沢秀一 : 研修医当直御法度百例帖 第2版, 三輪書店, 2013.
4) 志賀隆, 舩越拓, 嘉村洋志, 他 : 考えるER-サムライ・プラクティス, シービーアール, 2014.
5) Roberts JR : Roberts and Hedges' Clinical Procedures in Emergency Medicine 6th ed. Saunders, 2013
P.241 掲載の参考文献
1) 讃岐美智義 : 麻酔科研修チェックノート 改訂第5版. 羊土社, 2015.
2) 青山和義 : 必ずうまくいく! 気管挿管. 羊土社, 2009.
3) 讃岐美智義編集 : 改訂版 麻酔科薬剤ノート. 羊土社, 2014.
P.246 掲載の参考文献
1) Robert M. Kliegman, et al : Nelson Textbook of Pediatrics. 21st edition. 2020.
2) 神奈川県立こども医療センター小児内科・小児外科 : 小児科当直医マニュアル 改訂第15版. 診断と治療社, 2019.
3) The Washington Manual(R) of Pediatrics, 2nd ed. Lippincott Williams & Wilkings, 2016.
4) 小児科研修ノート. 診断と治療社, 2014.
P.253 掲載の参考文献
1) Cunningham FG, Leveno KJ, Bloom SL, et al : Williams Obstetrics. 25th ed. New York, McGraw-Hill Education, 2018.
2) Berek JS : Berek & Novak's Gynecology. 16th ed. Philadelphia, Lippincott Williams and Wilkins, 2020.
3) 井上真智子編 : 自信をもって診る! 女性の腹痛. レジデントノート 2013 ; 14 : 2964-3033.
4) 井上真智子編 : きちんと学ぶ女性診療-診断と対応のコツ-. レジデント 2014 ; 7 : 5-105.
5) 加藤一朗編 : 妊婦さんを診よう 救急外来での妊産婦対応. レジデントノート 2019 ; 21 (12).
6) 中山明子, 西村真紀編 : お母さんを診よう. 東京, 南山堂, 2015.
7) 中山理, 藤谷茂樹編 : 産科ICU. INTENSIVIST 2016 ; 8 : 254-463.
8) Advanced Life Support in Obstetrics. http://www.aafp.org/cme/programs/also.html
9) NPO法人周生期医療支援機構, ALSO-Japan. http://www.oppic.net/item.php?pn=also_japan.php
P.258 掲載の参考文献
1) 太田富雄 総編集 : 脳神経外科学 改訂12版. 金芳堂, 2016.
2) 河瀬斌, 片山容一, 佐野公俊, 他編集 : 脳神経外科専門医をめざすための経験すべき手術 44. メジカルビュー社, 2007.
3) 日本脳神経外科救急学会編集 : すぐに役立つ脳神経外科救急ハンドブック 改訂2版. メディカ出版, 2015.
4) 田崎義昭, 斎藤佳雄, 坂井文彦著 : ベッドサイドの神経の診かた 改訂18版. 南山堂, 2016.
5) 日本脳卒中学会著 : 脳卒中治療ガイドライン 2021. 協和企画, 2021.
P.263 掲載の参考文献
1) 坂井建雄監訳 : グラント解剖学図譜 第7版. 医学書院, 2015.
2) 田中栄編集 : 整形外科レジデントマニュアル 第2版. 医学書院, 2020.
3) S Hoppenfeld, P de Boer著, 辻陽雄, 長野昭監訳 : 整形外科医のための手術解剖学図説 原書第5版.南江堂, 2018.
P.270 掲載の参考文献
1) 医師法第16条の2第1項に規定する医師臨床研修に関する省令 https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/hourei/021211.html
2) 別添 臨床研修の到達目標 厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/keii/030818/030818b.html
3) 医師法第16条の2第1項に規定する臨床研修に関する省令の施行について (平成30年7月3日付医政発0703第2号) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000081052_00004.html
4) 斎藤芳雄 : 死に場所づくり-地域医療・地域福祉のめざすもの. 教育史料出版会,1992.
5) 松岡史彦, 小林只 : プライマリ・ケア-地域医療の方法-. メディカルサイエンス社, 2012.
6) 葛西龍樹 : スタンダード家庭医療マニュアル-理論から実践まで-. 永井書店, 2005.

最近チェックした商品履歴

Loading...