ポジティブ心理学研究の転換点

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

9,900 円(税込)

商品紹介

セリグマンによるポジティヴ心理学提唱後10年間の研究動向について、多角的な立場から評価し展望を論じる。

目次

  • I 導 入
     第1章 ポジティヴ心理学 どこから来て、どこに行くのか?
     第2章 ポジティヴ心理学の課題、陥穽、大志

    II 生物学的観点
     第3章 ポジティヴ心理生理学――身体と自己制御
     第4章 ポジティヴな心理的状態と生物学的プロセス
     第5章 人間の発達や幸福、繁栄に役立つ一次過程感情

    III 感情的観点
     第6章 「快楽と苦痛」の向こう側へ――情動制御研究とポジティヴ心理学
     第7章 ポジティヴ情動のポジティヴ心理学――やさしいおじの視点から
     第8章 ポジティヴ心理学における感情研究の未来

    IV 社会―認知的観点
     第9章 最適機能、および主観的ウェル・ビーイングにおける低関与自我的自己処理の役割
     第10章 経験的な処理と人間の心の光と闇の統合
     第11章 課題への焦点化が幸福感と遂行につながる――プロセスに着目した検討
     第12章 人間の意識にポジティヴな価値を見出す――意識的思考は社会・文化への参画に役立つ

    V 人格的観点
     第13章 パーソナリティ特性とポジティヴ心理学の将来性
     第14章 性格とパーソナリティ――ポジティヴ心理学とパーソナリティ心理学のつながり
     第15章 パーソナリティ科学とポジティヴな偏向――状況のもとで、できるだけポジティヴになること
     第16章 なぜ感謝はウェル・ビーイングを促進するのか――既存の知見と、これから何を知るべきか

    VI 関係的観点
     第17章 親密な人間関係のポジティヴな側面
     第18章 ポジティヴな関係性の科学――ポジティヴ心理学の新しいフロンティアか?
     第19章 コーチングとポジティヴ心理学

    VII 臨床的観点
     第20章 裏切者、アディ・バンドレン、そして地獄の第9圏
          ――ポジティヴ心理学はネガティヴな事柄にもっと開かれるべきである
     第21章 ポジティヴ心理学における意味と成長――より完全な理解に向けて
     第22章 マインドフルネスとポジティヴな心理的機能

    VIII 組織的観点
     第23章 職場におけるポジティヴな心的資本――これまで、そして、これから
     第24章 ポジティヴ心理学の組織での応用――実績評価と将来の研究/実践へのロードマップ

    IX 社会的観点
     第25章 場所とウェル・ビーイング
     第26章 最大多数の最大幸福――それは可能なのか? そうならばどのようにすればいい?
     第27章 社会変革への力となるポジティヴ心理学

    X 総合的観点
     第28章 ポジティヴ心理学の「ポジティヴ」とは何か?
          ――価値バイアスの減少および分野内の統合を目指して
     第29章 ポジティヴ心理学の旗を掲げて、その領域を拡大するために
     第30章 まだ着かないの? ポジティヴ心理学の終焉に至る途中で何が起きたか
     第31章 歴史的・哲学的視点からみたポジティヴ心理学――その過去から未来を予測する

    付録――アクマル宣言

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...