• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 処方/薬局
  •  >  薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ

薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2021-09-25
分野: 薬学  >  処方/薬局
ISBN: 9784524228362
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,850 円(税込)

商品紹介

薬剤投与後に出現した症状を安易に副作用にむすびつけるのではなく,正しくモニタリングするための具体的問診やその後の思考回路をわかりやすく図解した実践書.“服薬説明だけから抜け出したい",“症候学を身に着けたい"と思う薬剤師に役立つ1冊.

目次

  • CHAPTER 1 総論
     1.副作用へのアプローチの考え方
     2.患者の状態をみることについて薬剤師に伝えたいこと
     3.診察の進め方

    CHAPTER 2 副作用へのロジカルアプローチ
     1.発熱
     2.発疹
     3.腹痛
     4.悪心・嘔吐
     5.食欲不振
     6.口渇
     7.便秘
     8.下痢
     9.浮腫
     10.貧血
     11.出血傾向
     12.呼吸困難
     13.動悸
     14.多尿・排尿障害
     15.関節痛
     16.意識障害
     17.頭痛
     18.痙攣
     19.めまい・耳鳴
     20.不眠・抑うつ
     21.視覚障害
     22.聴覚障害
     23.血圧異常

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...