肝胆膵 83/4 2021年10月号

出版社: アークメディア
発行日: 2021-10-28
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 18825087
雑誌名:
特集: 肝胆膵疾患におけるバイオマーカーの意義を探る
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,850 円(税込)

目次

  • 特集 肝胆膵疾患におけるバイオマーカーの意義を探る

    〔巻頭言〕新規技術を用いたバイオマーカーの革新と肝胆膵疾患への応用

    I.肝疾患のバイオマーカー
     NAFLDの糖鎖バイオマーカー 
     NASHにおける新規糖鎖バイオマーカー(AAT-A3F) 
     NAFLD advanced fibrosis 診断におけるマクロファージ関連血清バイオマーカー
     肝癌組織内肝星細胞のオートファジーと血清バイオマーカー 
     肝癌のctDNA解析とバイオマーカーとしての意義
     肝癌のCTC解析とバイオマーカーとしての意義(microcavity array など)
     進行肝細胞癌の血清バイオマーカーと薬剤選択

    II.胆道疾患のバイオマーカー
     胆道閉鎖症の便蛋白/MS解析とバイオマーカーとしての意義
     胆管癌特異的糖鎖をもつMUC1の胆管癌バイオマーカーへの応用
     膵胆道癌の胆汁メチル化miRNA解析とバイオマーカーとしての意義
     胆道癌の胆汁EVs(細胞外小胞,エクソソーム)解析とバイオマーカーとしての意義

    III.膵疾患のバイオマーカー
     自己免疫性膵炎自己抗体としての血清バイオマーカー(laminin 511)
     自然免疫反応からみた自己免疫性膵炎・IgG4関連疾患の血清バイオマーカー:IFN-α・IL-33
     IPMNのctDNA解析とバイオマーカーとしての意義 
     膵癌切除例のKRAS変異ctDNA解析とそのバイオマーカーとしての意義
     膵癌診断の効率化を目指した血液バイオマーカーの開発
     膵癌の糖鎖バイオマーカー
     膵癌のncRNA解析とバイオマーカーとしての意義
     膵癌の膵液miRNA解析とバイオマーカーとしての意義
     Pan-NENの画像解析とバイオマーカーとしての意義

    鼎談
     バイオマーカー研究の最前線と臨床への導出

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...