PEN 2021年10月号

出版社: ジェフコーポレーション
発行日: 2021-10-01
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
雑誌名:
PEN
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

550 円(税込)

目次

  • ◆第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会 開催
    ◎「温故知新:栄養療法のこれまで・今・これから」をテーマに
     ワークショップ3
    新経腸栄養コネクタへの対応と工夫
    ・誤接続事故の防止に向けた国際的な潮流
    ・日本における導入とその課題、対応
    ・医療現場での混乱に対する懸念
    ・群馬NST研究会世話人へのアンケート調査
    ・新規格経腸栄養コネクタに関する啓発活動
    ・メーカーの対応状況
    ・新規格コネクタ製品の導入準備
    ・変換コネクタの使用状況
    ・新規格経腸栄養コネクタ製品の導入に向けた院内体制の整備
    ・想定された問題点
    ・インシデント・アクシデントの発生状況
    ・コネクタの接続状況
    ・コネクタの規格と流動食通過速度の関係
    ・洗浄方法に関する検討の必要性
    ・洗浄のしやすさ
    ・洗浄方法による細菌数への影響

    ◆REPORT 第36回JSPEN学術セミナー4
     「臨床の立場からみた新たな流動食の可能性~最近のトレンド~」
    看護師の立場から
     ・急性期医療における看護師の特定行為
     ・救急外来での患者受け入れ
     ・手術介助
     ・PICCの挿入
     ・ICU・HCUでの業績
     ・ICUにおける早期経腸栄養
     ・下痢の合併症とその対策
     ・リハビリテーションと経腸栄養/粘度可変型流動食に対する期待
    管理栄養士の立場から
     ・経腸栄養管理時の逆流・嘔吐
     ・対策 投与料と投与速度/投与時の体位
     ・経腸栄養管理時におけるリハビリテーション時間の確保
     ・粘度可変流動食の有用性
    医師の立場から―アルギン酸含有粘度可変型流動食の臨床貢献―
     ・経腸栄養に起因する合併症
     ・経腸栄養管理中の下痢への対応
     ・高齢経腸栄養患者のディスバイオシス
     ・下部消化管トラブルとプレバイオティクス
     ・アルギン酸と便pH
     ・今後の課題
     ディスカッション

    ◆連載エッセイ「静脈経腸栄養分野の進歩を振り返って」
    元兵庫医科大学看護部部長 山田 繁代 先生
     「看護師として学び、実践してきた栄養療法」

    ◆静脈・経腸栄養関連製品の現況 第17回(3)
    経腸栄養用チューブ・カテーテル、スペック一覧

    ◆関連学会情報

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...