スポーツ歯科臨床マニュアル 第2版

出版社: 医学情報社
著者:
発行日: 2021-10-25
分野: 歯科学  >  臨床歯科学
ISBN: 9784903553849
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

8,580 円(税込)

商品紹介

より効果の高いマウスガードの作り方や、顎顔面外傷の傾向と対策、咬合と全身の機能の関係、歯科に関わるドーピングの知識などは、アスリート、スポーツ愛好家のサポートに役立ちます。
日本歯科医師会の「2040 年を見据えた歯科ビジョン」の中でも、スポーツ歯科への取り組みが謳われ、かかりつけ歯科医には必須の知識となってきています。
スポーツ歯科の臨床指針として学会がまとめ、好評であった初版を大幅に改訂、内容を拡充しました。

目次

  • 第1章 スポーツ歯学の歴史と目標 
     1.スポーツ歯科医学の歴史  
     2.スポーツ歯科医学の概念  

    第2章 スポーツ選手の口腔健康管理とデンタルチェック
     1.スポーツ選手の口腔健康管理 
     2.スポーツのためのデンタルチェックのポイント 

    第3章 スポーツ選手の歯科保健指導 
     1.スポーツ選手のための歯科保健指導と予防処置 
     2.指導の実際
      付)口腔の筋機能へのアプローチ

    第4章 歯科領域のスポーツ外傷
     1.スポーツ外傷の疫学
     2.歯科領域のスポーツ外傷の診断・治療
     3.スポーツに関連する感染症への対応

    第5章 マウスガードの製作法 
     1.マウスガードとは
     2.マウスガード用材料と機器
     3.マウスガードの基本設計
     4.マウスガードの製作法
     5.装着指導とメインテナンス
     6.ジュニア選手のためのマウスガード
     7.矯正治療中のマウスガード 
     8.欠損症例のマウスガード 

    第6章 フェイスガードの製作・調整法 
     1.フェイスガードとは  
     2.フェイスガード用材料と構造・設計  
     3.フェイスガードの製作法 
     4.フェイスガードのメインテナンス

    第7章 歯科領域のスポーツ障害 
     1.スポーツ障害とは   
     2.歯科領域のスポーツ障害

    第8章 咬合と全身の生理 
     1.咬筋活動と全身運動  
     2.咬合と骨格筋機能の関連 

    第9章 競技大会での救護活動 
     1.大会救護活動に必要な医学的知識
     2.大会救護活動の実際 

    第10章 歯科とドーピング防止 
     1.ドーピングの歴史  
     2.アンチ・ドーピング活動と検査法 
     3.禁止薬物と使用可能薬物 
     4.歯科におけるアンチ・ドーピング

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...