• HOME
  •  > 
  • 医学一般
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  実験医学 39/17 2021年増刊号 核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ

実験医学 39/17 2021年増刊号 核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ

出版社: 羊土社
発行日: 2021-11-01
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 02885514
雑誌名:
特集: 核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

5,940 円(税込)

目次

  • 特集 核酸医薬
       本領を発揮する創薬モダリティ

    序にかえて─核酸医薬による分子標的治療の幕開け
    核酸医薬の新しい潮流:希少疾患に対する核酸医薬を用いたN-of-1+創薬

    第1章 モダリティ
     1.アンチセンス核酸―要素技術と医薬品創生
     2.mRNAを制御するモダリティ:siRNAとmiRNA―分子的作用機序から開発動向まで
     3.ヘテロ2本鎖核酸
     4.アプタマーの医療応用
     5.mRNA医薬・mRNAワクチンの基礎と応用
     6.DNAオリガミを用いた分子デリバリーシステム
     7.ゲノム編集技術と核酸医薬

    第2章 化学
     1.核酸医薬の化学 総論―修飾核酸と機能評価
     2.モルフォリノ核酸の合成と性質

    第3章 DDS
     1.核酸医薬の体内動態を制御し,薬効を最適化するナノ医薬の設計
     2.リガンド連結による受容体介在の核酸医薬デリバリー
     3.核酸医薬における非侵襲的な投与ルートとDDS

    第4章 生物学
     1.核酸医薬の体内動態
     2.核酸医薬の細胞内動態― 一本鎖,二本鎖,DNA,RNA,ヘテロ…構造と挙動
     3.ヌクレアーゼ/核酸分解酵素―RNase Hを中心に
     4.RNA編集を応用した核酸医薬開発への展望
     5.Long noncoding RNAを標的とする創薬医学研究

    第5章 毒性
     1.核酸医薬毒性機序概論
     2.アンチセンス核酸におけるRNase H依存型オフターゲット効果

    第6章 その他
     1.医薬品開発における核酸分析の現状と近未来像
     2.核酸医薬CMCと新規液相合成法AJIPHASE
     3.国内における核酸医薬の規制整備の現状

    第7章 疾患別
     1.筋ジストロフィーに対する核酸医薬開発
     2.脂質代謝異常に対する核酸医薬品の開発
     3.神経難病に対する核酸医薬品の開発

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...