胃X線検診 上部消化管検査必携テキスト

出版社: ぱーそん書房
著者:
発行日: 2022-03-01
分野: 臨床医学:一般  >  画像/超音波
ISBN: 9784907095703
電子書籍版: 2022-03-01 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

6,380 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

6,380 円(税込)

商品紹介

国試対策はもとより、上部消化管検査を始める初学者、専門技師や読影補助認定を目指す技師必携!!
120問の実践練習問題には解答・解説付き。
診療放射線技師や医療従事者の知識向上に役立つ1冊。

目次

  • I 臨床の基礎
     Chap 1 解剖と生理
     Chap 2 臨床事項の一般常識

    II 病理の基礎
     Chap 1 細 胞(cell)
     Chap 2 組 織(tissue)
     Chap 3 病理学の基礎
     Chap 4 胃がん記録の見かた
     Chap 5 切除標本の見かた
     Chap 6 病理学用語
     Chap 7 胃がん治療選択の指針

    III 上部消化管検査法
     Chap 1 総 論
     Chap 2 実際の撮影
     Chap 3 鉤状・非鉤状胃の注意点
     Chap 4 追加撮影
     Chap 5 画像評価法

    IV 読  影
     Chap 1 読影の基礎―胃がんの構造
     Chap 2 読影所見用語の解説
     Chap 3 実際の読影例
     Chap 4 読影補助

    V 胃の周辺臓器

    VI 上部消化管の超音波検査

    VII 内視鏡検査法
     Chap 1 内視鏡による検査や処置
     Chap 2 内視鏡検査画像―X線像との対比のために―
     Chap 3 内視鏡レポートに出てくる用語

    VIII 薬剤と安全管理
     Chap 1 造影剤
     Chap 2 発泡剤
     Chap 3 安全性に関して
     Chap 4 単位について

    IX 装置と保守
     Chap 1 X線TV装置の基礎
     Chap 2 医用画像管理
     Chap 3 装置の保守点検

    X 診療放射線技師に必要な一般常識
     Chap 1 胃がん検診の一般的知識
     Chap 2 統 計
     Chap 3 被ばく管理
     Chap 4 医療被ばくガイドラインと日本の診断参考レベル(DRL)
     Chap 5 感染対策(infection control)
     Chap 6 被検者対応(接遇)

    XI 知識確認練習問題(120問)(解答・解説付き)

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I 臨床の基礎

P.18 掲載の参考文献
1) 佐伯由香, ほか (編訳) : 消化器系. トートラ人体解剖生理学. 原書第8版, 丸善出版, 東京, 2001.
2) 医療情報科学研究所 (編) : 病気がみえる vol.1. 消化器. 第6版, pp2-18, メディックメディア, 東京, 2020.
3) 二村聡 : 胃の解剖学用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2017, 胃と腸編集委員会 (編), pp531-534, 医学書院, 東京, 2017.
4) 岩下明徳, 田邊寛 : 十二指腸・小腸の解剖用語. 図説「胃と腸」所見用語集2012, 胃と腸編集委員会 (編), pp625-626, 医学書院, 東京, 2012.
5) 江頭由太郎 : 小腸の解剖用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2017, 胃と腸編集委員会 (編), pp535-537, 医学書院, 東京, 2017.
6) 味岡洋一, 杉野英明 : 大腸の解剖用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2017, 胃と腸編集委員会 (編), pp538-540, 医学書院, 東京, 2017.
7) 野村昌史, 篠原敏也 : 大腸の解剖用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2012, 胃と腸編集委員会 (編), pp627-629, 医学書院, 東京, 2012.
8) 藤田恒太郎 : 人体解剖学. 改訂第41版, 南江堂, 東京, 1995.
9) 高木靖寛 : 食道の解剖用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2012, 胃と腸編集委員会 (編), pp619-621, 医学書院, 東京, 2012.
10) 日本食道学会 (編) : 食道癌取扱い規約. 第11版, pp6-7, 金原出版, 東京, 2015.
11) 新井富雄 : 食道の解剖用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2017, 胃と腸編集委員会 (編), pp528-530, 医学書院, 東京, 2017.
12) 日本消化器病学会 (編) : 胃食道逆流症 (GERD) 診療ガイドライン2015. 改訂第2版, 南江堂, 東京, 2015.
13) 細川治, 柳本邦雄 : 胃の解剖学用語. 図説「胃と腸」所見用語集 2012, 胃と腸編集委員会 (編), pp622-624, 医学書院, 東京, 2012.
14) 市川平三郎 : 最新胃X線検査技術. 金原出版, 東京, 2000.
15) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約. 第15版, 金原出版, 東京, 2017.
16) 松江寛人, ほか : 高位の胃病変のX線診断. 胃と腸 5 (9) : 1071-1083, 1970.
17) 本郷道夫 : 胃酸分泌, 胃内分泌そして胃運動. 化学と教育 65 (7) : 356-357, 2017.
18) 野上晴雄, 権五徹 : Qシリーズ新組織学. 第6版, pp69-71, 日本医事新報社, 東京, 2016.
19) 中村恭一 : 胃癌の構造. 第3版, 医学書院, 東京, 2005.
P.31 掲載の参考文献
1) 金子栄蔵 : 急性胃炎の診断と治療. 日内会誌 81 (3) : 87-90, 1992.
2) 碓氷章彦, 蜂須賀喜多夫, 山口晃弘, ほか : 亜急性び慢性胃蜂窩織炎の1例. 臨床外科 38 (4) : 541-546, 1983.
3) Schindler R : Chronic gastritis. Bull NY Acad Med 15 : 322-337, 1939.
4) Kimura K, Takemoto T : An endscopic recognition of the atrophic border and its significance in chronic gastritis. Endoscopy 3 : 87-97, 1969.
5) Strickland RG, Mackay IR : A reappraisal of nature and significance of chronic atrophic gastritis. Am J Dig Dis 18 : 426-440, 1973.
6) 今村祐志 : A型胃炎 (自己免疫性胃炎) の診断. Gastroenterol Endosc 60 (8) : 1444-1449, 2018.
7) Warren JR, Maeshall BJ : Unidentified curved bacilli on gastric epithelium in active chronic gastritis. Lancet I : 1273-1275, 1983.
8) Dixon MF, et al : Classification and granding of Gastroitis ; the update Sydney System, International workshop on the histopathology of gastritis, Houston 1994. Am J Surg Pathol 20 : 1161-1181, 1996.
9) 春間賢 (監), 鎌田智有, ほか (編) : 胃炎の京都分類. 日本メディカルセンター, 東京, 2014.
10) Schade SG, Cohen RJ, Conrad ME : Effect of hydro-chloric acid on iron absorption. N Engl J Med 279 : 672-674, 1968.
11) Hershko C, Ronson A, Souroujon M, et al : Variable he-matologic presentation of autoimmune gastritis ; age-related progression from iron deficiency to co-balamin depletion. Blood 107 : 1673-1679, 2006.
12) Cockburn AN, Morgan CJ, Genta RM : Neuroendo-crine proliferations of the stomach ; a pragmatic ap-proach for the perplexed pathologist. Adv Anat Pathol 20 : 148-157, 2013.
13) Landgren AM, Landgren O, Gridley G, et al : Autoim-mune disease and subsequent risk of developing ali-mentary tract cancers among 4.5 million US male ; veterans. Cancer 117 : 1163-1171, 2011.
14) Mellemkjaer L, Gridley G, Moller H, et al : Pernicious anaemia and cancer risk in Denmark. Br J Cancer 73 : 998-1000, 1996.
15) Hsing AW, Hansson LE, McLaughlin JK, et al : Perni-cious anemia and subsequent cancer ; A population-based cohort study. Cancer 71 : 745-750, 1993.
16) Karlson BM, Ekbom A, Wacholder S, et al : Cancer of the upper gastrointestinal tract among patients with pernicious anemia ; a case-cohort study. Scand J Gas-troenterol 35 : 847-851, 2000.
17) Ahlman H, Kolby L, Lundell L, et al : Clinicalmanagement of gastric carcinoid tumor. Diges-tion 55 (suppl 3) : 77-85, 1994.
18) 末廣満彦, 春間賢 : 腸上皮化生. 図説「胃と腸」所見用語集. 胃と腸 5 (5) : 579, 2017.
19) 横山泉, 竹本忠良, 木村健 : 腸上皮化生の内視鏡診断. 胃と腸 6 : 869-874, 1971.
20) Yagi K, Nakamura A, Sekine A : Characteristic endoscopic and magnified endoscopic findings in the normal stomach without Hericobacter pylori infection. J Gastroenterol Hepatol 17 : 39-45, 2002.
21) Nishibayashi H, Kanayama S, Kiyohara T, et al : Hericobactor pylori-induced enlarged-fold gastritis is associated with increased mutagenicity of gastric juice, increased oxidative DNA damage, and an increased risk of gastric carcinoma. J Gastroenterol Hepatol 18 : 1384-1391, 2003.
22) Yasunaga Y, Shinomura Y, Kanayama S, et al : Improved fold width and increased acid secretion after eradication of the organism in Hericobactor pylori associated enlarged fold gastritis. Gut 35 : 1571-1574, 1994.
23) 川口実, 新井英二, 野澤秀樹, ほか : 胃体部にみられる白色扁平隆起の検討で始まる. Gastroenterol Endosc 49 (Suppl 1) : 958, 2007.
24) 春間賢, 塩谷昭子, 鎌田智有, ほか : PPI長期投与の問題点 ; 胃ポリープの発生. 消化器内科 56 : 190-193, 2013.
25) Hatano Y, Haruma K, Kamada T, et al : Factors associated with gastric black spot, white flat elevated mucosa, and cobblestone-like mucosa ; a cross-sectional study. Digestion 98 : 185-193, 2018.
26) Adachi K, Mishiro T, Okada M, et al : Prevalence of multiple white and flat elevated lisions in individuals undergoing a medical checkup. Intern Med57 : 1213-1218, 2018.
27) 太田敦子, 岩下明徳, 田邊寛, ほか : 胃潰瘍の病理学的温故知新. 胃と腸 52 (7) : 868-875, 2017.
28) 胃潰瘍ガイドラインの適用と評価に関する研究班 (編) : EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン. 第2版, じほう, 東京, 2007.
29) Kamada T, Haruma K, Ito M, et al : Time trends in Helicobactor pylori infection and atrophic gastritis over 40 years in Japan. Hericobactor 20 : 192-198, 2015.
30) 春間賢 : 胃潰瘍の変遷 ; 病態と形態. 胃と腸 52 (7) : 865-867, 2017.
31) 厚生労働省大臣官房統計情報部 : 平成26年患者調査 (傷病分類編). p53, 2014.
32) 村上忠重 : 切除胃から見た胃及び十二指腸潰瘍の治癒傾向について. 日消誌 58 : 1181-1186, 1961.
33) 平瀬吉成 : 胃粘膜びらんの外科病理. 昭医会誌 52 : 489-495, 1992.
34) 鎌田智有, ほか : NSAIDs起因性胃潰瘍の臨床的特徴と治療. 胃と腸 52 (7) : 892-899, 2017.
35) 小野尚子, ほか : H.pylori除菌後の胃潰瘍. 胃と腸 52 (7) : 885-891, 2017.
36) Kannno T, Iijima K, Abe Y, et al : Peptic ulcer after Great East Japan earthquake and tsunami ; possible existence of psychosocial stress ulcers in humans. J Gastroenterol 48 : 483-490, 2013.
37) 菅野武, ほか : 非H.pylori・非薬剤性胃潰瘍. 胃と腸 52 (7) : 900-906, 2017.
38) Haubrich WS, Schaffner F, Beak JE : Bockus Gastroenterology. 5th ed, W.B.Saunders, Philadelphia, 1995.
39) Aoyoma N, Kinoshita Y, Fujimoto S, et al : Peptic ulcer after the Hanshin-Awaji earthquake ; increased incidence of blooding gastric ulcers. Am J Gastroenterol 93 : 311-316, 1998.
40) Kannno T, Iijima K, Abe Y, et al : A multicanter prospective study in the prevalence of Helicobactor Pylori-negative and NSAIDs-negative idiopathic peptic ulcer in Japan. J Gastroenterol Hepatol30 : 842-848, 2015.
41) Iijima K, Kannno T, Abe Y, et al : Preferntioal location of idiopathic peptioc ulcers. Scand J Gastroenterol 51 : 782-787, 2016.
42) 森本泰隆, ほか : 胃梅毒に伴う胃潰瘍. 胃と腸 52 (7) : 939-944, 2017.
43) Heilmann KL, Nowottny U : Histrologischer Nachweis von CLO (Campylobactor Like Organisms) in Magenbiopsien. Dtsch Med Wochenschr 112 : 861-862,1987.
44) Stolte M, Wellens E, Bethke B, et al : Helicobactor heilmannii (formerly Gastrospirillum hominis) gastritis ; an infection transmitted by animals. Scand J Gastroenterol 29 : 1061-1064, 1994.
45) Hori M, Matsuda T, Shibata A, et al : Cancer incidence and incidence rates in Japan in 2009 ; a study of 32 population-based cancer registries for the Monitoring of Cancer Incidence in Japan (MCIJ) project. Japanese journal of clinical oncology 45 (9) : 884-891, 2015.
46) Suzuki M, Sasakawa C, et al : Helicobacter pylori CagA Phosphorylation-Independent Function in Epithelial Proliferation and Inflammation. Cell Host Microbe 5 (1) : 23-34, 2009.
47) Higashi H, et al : Biological activity of the Helicobacter pylori virulence factor CagA is determined by variation in the tyrosine phosphorylation sites. Proc Natl Acad Sci USA 99 : 14428-14433, 2002.
48) Azuma T, et al : Association between diversity in the Src homology 2 domain-containing tyrosine phosphatase binding site of Helicobacter pylori CagA protein and gastric atrophy and cancer. J Infect Dis 189 : 820-827, 2004.
49) 崎田隆夫, 三輪剛 : 悪性潰瘍の内視鏡診断 ; 早期診断のために. 日消誌 67 : 984-989, 1970.
50) 中村恭一 : 胃癌の構造. 第2版, 医学書院, 東京, 1990.
51) 伊藤誠, 村田浩毅 (編) : 胃X線造影検査 ; 専門技師になるための必携テキスト. ぱーそん書房, 東京, 2014.
52) 山田達哉, 福富久之 : 胃隆起性病変. 胃と腸 1 : 145-150, 1966.
53) 鎌田智有, 井上和彦, 青木利佳, ほか : 胃ポリープの自然史とmalignant potential ; 胃底腺ポリープ. 胃と腸 47 : 1227-1234, 2012.
54) Hongo M, Fujimoto K : Gastric Polyps Study Group : Incidence and risk factor of fundic gland polyp and hyperplastic polyp in long-term proton pump inhibitor therapy ; a prospective study in japan.J Gastroenterol 45 : 618-624, 2010.
55) 山本明子, 市川正章, 高原理, ほか : 胃底腺ポリープの臨床的検討. 日消誌95 : 1101-1109, 1998.
56) 吉永繁高, 小田一郎, 田中優作, ほか : ポリープ. 胃と腸 52 : 87-96, 2017.
57) 大草敏史, 小井戸薫雄 : 胃過形成性ポリープ. 別冊日本臨床新領域別症候群シリーズ, 消化管症候群 11巻. 2版, pp87-96, 日本臨床社, 東京, 2009.
58) 松原亜季子, 九嶋亮治 : 胃ポリープ癌 ; 胃過形成性ポリープに発生する癌. 別冊日本臨牀新領域別症候群シリーズ, 消化管症候群. 第11巻, 第2版, pp430-433, 日本臨牀社, 東京, 2009.
59) 入口陽介, 小田丈二, 水谷勝, ほか : 胃ポリープ/腫瘍様病変の診断. 胃と腸 55 : 603-611, 2020.
60) 長浜孝 : 陥凹型胃腺腫. 胃と腸用語集 2012, 胃と腸 47 (5) : 744, 2012.
61) 時岡聡, 梅垣英次 : 胃腺腫. 胃と腸アトラス,「胃と腸」編集委員会 (編), pp194-195, 医学書院, 東京, 2014.
62) 八木一芳 : 隆起型胃腺腫. 胃と腸用語集 2012, 胃と腸 47 (5) : 743, 2012.
63) 中村卓次 : 胃ポリープの病理. 日消誌 77 : 1124-1132, 1980.
64) 田村和朗, 冨田尚裕 : 消化管ポリポーシスの分類と特徴. 日消誌 114 : 403-412, 2017.
65) 中村昌太郎, 梁井俊一, ほか : 悪性リンパ腫 胃リンパ腫の分類 ; 臨床の立場から. 胃と腸 52 (1) : 45-51, 2017.
66) Swerdlow SH, Campo E, Harris NL, et al : WHO classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues. 4thed, IARC Press, Lyon, 2008.
67) Rohatiner A, d'Amore F, Coiffer B, et al : Report on a workshop convened to siscuss the pathological and staging classificasions of gastrointestinal tract lymphoma. Ann Oncol 5 : 397-400, 1994.
68) Zucca E, Copie-Bergman C, Ricardi U, et al : Gastric marginal zone lymphoma of MALT type ; ESMO Clinical Practice Guidelines for diagnosis, treatment and follow-up. Ann Oncol 24 : vi144-148, 2013.
69) Nkamura S, Matsumoto T, Suekane H, et al : Predictive value of endscopic ultrasonography for regression of gastric low grade and high grade MALT lymphomas after eradication of Helicobacter Pylori. Gut 48 : 454-460, 2001.
70) Kuo SH, Yeh KH, Wu MS, et al : Helicobacter Pylori eradication therapy is effective in the treatment of erary-stage H.pylori-positive gastric diffuse large B-cell lymphomas. Blood 119 : 4838-4844, 2012.
71) Isaacson P, Wright DH : Marignant Lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue, A distinctive type of B-cell lymphoma. Cancer 52 : 1410-1416, 1983.
72) 田近正洋, 中村常哉, 田中努, ほか : 胃MALTリンパ腫の診断と治療 ; 診断. 胃と腸 49 : 603-615, 2014.
73) 小野尚子, 田中一光, 木脇佐代子, ほか : リンパ増殖性疾患の診断. 胃と腸 55 (5) : 593-601, 2020.
74) 中村昌太郎, 飯田三雄 : 消化管悪性リンパ腫の臨床. 日消誌 98 : 624-635, 2001
75) 小野尚子, 小野雄司, 坂本直哉 : 胃悪性リンパ腫の診断と治療. 日消誌 114 : 1498-1956, 2017.
76) 竹下盛重, 二村聡, 菊間幹太, ほか : 成人T細胞白血病/リンパ腫を含む消化管T/NK細胞リンパ腫の臨床病理学的特徴 ; リンパ腫の細胞起源についての考察を含む. 胃と腸 49 : 769-781, 2014.
77) 伴慎一, ほか : 粘膜下腫瘍 ; 知っておくべき胃疾患の分類. 胃と腸 52 (1) : 53-62, 2017.
78) 伴慎一, ほか : 上部消化管GIST. 胃と腸 55 (4) : 446-449, 2020.
79) 丸山保彦, ほか : 胃粘膜下腫瘍のX線診断. 胃と腸 52 (10) : 1270-1282, 2017.
80) 日本癌治療学会, GISTガイドライン委員会 (編) : GIST診療ガイドライン. 第3版, 金原出版, 東京, 2014.
81) 八尾隆史 : 消化管隆起性病変のマクロ画像の成り立ち. 胃と腸 53 (9) : 1191-1199, 2018.
83) 原田拓 : 転移性胃癌 ; 腎細胞癌. 胃と腸 50 (6) : 759-761, 2015.
84) 岡本朋子 : 転移性胃癌 ; 乳癌. 胃と腸 50 (6) : 762-764, 2015.
85) 五十嵐公洋, 角嶋直美, 小野裕之 : 非腫瘍性疾患 ; 胃結核. 胃と腸 50 (6) : 788-791, 2015.
86) 東俊太朗, 西山仁, ほか : 非腫瘍性病変 ; サルコイドーシス. 胃と腸 50 (6) : 792-794, 2015.
87) Crohn BB, Ginzburg L, Oppenheimer GD : Regional ileitis, pathological and clinical entity. JAMA 99 : 1323, 1932.
88) Ross JR : Cicatrizing enteritis, colitis and gastritis, A case report. Gastroenterology 13 : 44-350, 1949.

II 病理の基礎

P.38 掲載の参考文献
1) Robert Hooke : Micrographia. The Royal Society, London, 1665.
2) 佐伯由香, 細谷安彦, ほか (編訳) : トートラ人体解剖生理学. 第8版, 丸善出版, 東京, 2011.
3) 矢谷隆一, ほか (編) : 細胞診を学ぶ人のために. 医学書院, 東京, 1990.
4) 野上晴雄, 権五徹 : Qシリーズ新組織学. 第6版, 日本医事新報社, 東京, 2016.
5) 社本幹博, 長村義之 (編) : 細胞診断学入門, 基礎と臨床. 名古屋大学出版会, 名古屋, 2001.
P.43 掲載の参考文献
1) 矢谷隆一, ほか (編) : 細胞診を学ぶ人のために. 医学書院, 東京, 1990.
2) 野上晴雄, 権五徹 : Qシリーズ新組織学. 第6版, 日本医事新報社, 東京, 2016.
3) 佐伯由香, 細谷康彦, ほか (編訳) : トートラ人体解剖生理学. 第8版, 丸善出版, 東京, 2011
P.48 掲載の参考文献
1) 矢谷隆一, ほか (編) : 細胞診を学ぶ人のために. 医学書院, 東京, 1990.
2) 社本幹博, 長村義之 (編) : 細胞診断学入門 ; 基礎と臨床. 名古屋大学出版会, 名古屋, 2001.
3) 山本雅博, 坂田一美 : Qシリーズ 新病理学. 第5版, 日本医事新報社, 東京, 2012.
4) 深山正久 : 腫瘍病理学. がんプロフェッショナル養成講座, 文光堂, 東京, 2008.
5) 日本食道学会 (編) : 臨床・病理. 食道癌取扱い規約, 第11版, 金原出版, 東京, 2015.
6) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約. 第15版, 金原出版, 東京, 2017.
P.52 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 (編) : 記載法の原則. 胃癌取扱い規約, 第15版, p2, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
2) 日本胃癌学会 (編) : 原発巣の記載. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp3-5, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
3) 日本胃癌学会 (編) : 肉眼型分類. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp10-11, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
4) 日本胃癌学会 (編) : 病理学的所見. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp28-38, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
5) 日本胃癌学会 (編) : 壁深達度. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp17-19, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
6) 日本胃癌学会 (編) : 癌の浸潤増殖様式および脈管侵襲. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp39-41, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
7) 日本胃癌学会 (編) : 切除断端と腫瘍の遺残. 胃癌取扱い規約, 第15版, p27, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
8) 日本胃癌学会 (編) : 検体の取扱い. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp6-19, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
9) 日本胃癌学会 (編) : 手術. 胃癌治療ガイドライン, 医師用2021年7月 改訂第6版, pp16-24, 金原出版株式会社, 東京, 2021.
10) 日本胃癌学会 (編) : リンパ節転移の記載. 胃癌取扱い規約, 第15版, pp19-23, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
11) 日本胃癌学会 (編) : 病巣内の消化性潰瘍,潰瘍瘢痕の有無. 胃癌取扱い規約, 第15版, p19, 金原出版株式会社, 東京, 2017.
P.56 掲載の参考文献
1) 日本臨床細胞学会, 細胞診用語解説委員会 (編) : 細胞診用語解説集. 日本臨床細胞学会, 東京, 2016.
2) 矢谷隆一, ほか (編) : 細胞診を学ぶ人のために. 医学書院, 東京, 1990.
3) 伊藤誠, 村田浩毅 (編) : 胃X線造影検査 専門技師になるための必携テキスト. ぱーそん書房, 東京, 2014.
4) 山本雅博, 坂田一美 : Qシリーズ新病理学. 第5版, 日本医事新報社, 東京, 2012.
5) 佐野村誠, 柿本一城 : 顆粒状, 結節状. 胃と腸 52 (5) : 674, 2017.
6) 新井冨生 : 管状, 乳頭状, 絨毛状, 鋸歯状. 胃と腸 52 (5) : 684, 2017.
7) 佐伯由香, 細谷康彦, ほか (編訳) : トートラ人体解剖生理学. 第8版, 丸善出版, 東京, 2011.
8) 深山正久, 前田大地, ほか : 腫瘍病理学. 文光堂, 東京, 2008.
9) 根本哲夫, 土方一範 : 増殖帯. 胃と腸 52 (5) : 687, 2017.
10) 末廣満彦, 春間賢 : 腸上皮化生. 胃と腸 52 (5) : 579, 2017.
11) 岩渕三哉, 須貝美佳 : 結節状, 顆粒状, 微細顆粒状, 絨毛状, 分葉状, 脳回状. 胃と腸 52 (5) : 680-681, 2017.
P.60 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌治療ガイドライン 医師用2021年7月改訂. 第6版, pp2-48, 金原出版株式会社, 東京, 2018.

III 上部消化管検査法

P.75 掲載の参考文献
1) 岡部治弥, 広内一孝, 吉田隆亮, ほか : 二重造影の技術, 診断上の利点および弱点について. 胃と腸 1 (1) : 25-34, 1966.
2) 丹羽寛文 : 二重造影法の始まり. 日本内視鏡学会誌 53 (10) : 3241-3260, 2011.
3) 熊倉賢二 : 図譜によるX線診断学. pp126-127, 金原出版, 東京, 1975.
4) NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構X線検診精度管理・評価委員会 (編) : 胃がんX線検診 新しい基準撮影法マニュアル. pp50-59, NPO精管構, 東京, 2019.
5) 日本消化器がん検診学会ホームページ : 消化器がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) への対応について (第4報) (https://www.jsgcs.or.jp/importants/archives/32) [2021. 3. 20].
6) 松江寛人, ほか : 高位の胃病変のX線診断. 胃と腸 5 (9) : 1071-1083, 1970.
7) NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構X線検診精度管理・評価委員会 (編) : 胃がんX線検診 技術部門テキスト. p67, NPO精管構, 東京, 2015.
8) 牛尾恭輔, 後藤裕夫, 村松幸男, ほか : 消化管癌のX線診断における側面像の意義. 胃と腸 21 (1) : 27-41, 1986.
9) 丸山雅一 : 胃がんの病態生理と診断・治療. pp80-82, 真興交易医書出版部, 東京, 2001.
10) 岡部治弥, 広内一孝, 吉田隆亮, ほか : 二重造影の技術, 診断上の利点および弱点について. 胃と腸 1 (1) : 25-34, 1966.
P.84 掲載の参考文献
1) 今村清子 : 胃X線撮影法 (間接・直接) 標準化委員会報告. 日消集検誌 39 (4) : 323-332, 2001.
2) 今村清子 : 胃X線撮影法 (間接 ・直接) の標準化. 日消集検誌 40 (2) : 57, 2002.
3) 日本消化器集団検診学会 胃X線撮影法標準化委員会 (編) : 新・胃X線撮影法 (間接・直接) ガイドライン. メディカルレビュー社, 東京, 2005.
4) NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構X線検診精度管理・評価委員会 (編) : 胃がんX線検診新しい基準撮影法マニュアル. pp3-16, p66, NPO精管構, 東京, 2019.
5) 胃がん検診精度管理委員会 (編) : 新・胃X線撮影法ガイドライン 改訂版. 日本消化器がん検診学会, 東京, 2011.
6) 有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン 2014 (https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2015/0420/index.html) [2021. 3. 8]
P.101 掲載の参考文献
1) 胃がん検診精度管理委員会 (編) : 新・胃X線撮影法ガイドライン 改訂版. pp2-8, 日本消化器がん検診学会, 東京, 2011.
2) 熊倉賢二 : 図譜による胃X線診断学. 第9版, p4, 金原出版, 東京, 1975.
3) NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構X線検診精度管理・評価委員会 (編) : 胃がんX線検診 新しい基準撮影法マニュアル. pp3-16, 東京, 2019.
4) 丸山雅一 : 胃ルーチンX線検査入門. pp91-92, チーム医療, 東京, 1988.
5) 水町寿伸, 中原慶太, ほか : バスタオルのり巻き法による前壁撮影の検討. 日消集検誌 47 (1) : 43-542, 2009.
6) 川田晃世, 保坂浩子, 栗林志行, ほか : 瀑状胃と上腹部症状と, メタボリックシンドロームとの関連の検討. 胃病態機能研究会 45 : 26, 2013.
7) 林伸也, 遠藤怜子, 安藤善仁, ほか : 上部消化管撮影頭低位腹臥位二重造影正面像における撮影補助具 (圧迫枕) の試作. 日本放射線技術学会東北支部雑誌 29 : 255-256, 2020.
8) 山田泰司, 中村俊一, 大野竜一, ほか : ルーチン胃X線検査におけるDecision Treeを用いた腹臥位二重造影の画質向上の検討. 日消集検誌 47 (5) : 521-529, 2009.
9) 澁谷光一, 鷲見和幸, 渡邉敏充, ほか : 腹臥位用遠隔圧迫枕の開発と有用性評価. JART 61 (738) : 401-405, 2014.
10) 伊藤誠 : 前壁二重造影撮影に使う圧迫枕の一案. 消化管撮影技術 34 : 36-39, 2007.
11) 水町寿伸, 中原慶太, ほか : 牛角胃に対する前壁撮影手技の工夫 ; フトンの適切な使用方法の検討. 日消集検誌 45 (5) : 506-513, 2007.
12) 吉原康了, 谷野節男, ほか : 胃X線検査における圧迫用フトン「胃Makra」の効果検証. 日総合健診医会誌 46 (1) : 144-144, 2019.
13) 荒井邦佳, 井上暁, ほか : 残胃の癌 残胃の術後サーベイランス. 臨床消化器内科 24 (11) : 1495-1500, 2009.
14) 国立がん研究センターがん対策情報センター : がん情報サービス 病名から探す 部位・臓器から探す 消化器 胃がん 治療 3. 手術 (外科治療) (https://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/treatment.html#endotherapy) [2021. 8. 24].
15) 日本胃癌学会 (編) : 胃がん治療ガイドラインの解説. 第2版, p28, 金原出版, 東京, 2004.
16) 谷口鎌一郎 : 幽門側胃切除後における残胃の癌の診断と経過観察に関する検討. 鹿児島大学医学雑誌 5 (3) : 63-72, 2003.
17) 小玉雅志, 小山裕文, ほか : 残胃癌の臨床病理学的特徴. 日消外会誌 24 (7) : 1927-1931, 1991.
18) 藤本三喜夫, 内田直里, 道後正勝, ほか : 残胃の癌症例の検討 ; とくに同時性多発胃癌との関連について. 日臨外会誌 52 (5) : 979-984, 1991.
P.107 掲載の参考文献
1) 西川孝, 村田希世美, 村田浩毅, ほか : 胃がん検診撮影技師の現状 ; 新撮影法における技師の対応. 日消集検誌 43 (1) : 28-35, 2005.
2) 佐藤慎祐, 青木良介, 吉田隆志, ほか : 上部消化管造影検査における診療放射線技師読影・所見レポート作成の現状. 日放技誌 55 (664) : 31-36, 2008.
3) 今井清子 : コンセンサスミーティング「新・胃X線撮影法 (間接・直接) の基準」. 日消集検誌 42 (2) : 194-203, 2004.
4) 松本史樹 : 胃癌のX線読影 (二重造影法). 日放線技会誌 63 (5) : 507-515, 2007.
5) 横山善文, 妹尾恭司, 片岡洋望, ほか : X線からみた胃癌の粘膜内浸潤範囲診断. 胃と腸 36 (10) : 1238-1247, 2001.
6) 浜田勉, 近藤健司, 板垣雪絵, ほか : 早期胃癌診断の実際 ; 隆起性病変. 胃と腸 35 (1) : 47-56, 2000.
7) 中原慶太, 渡辺靖友, 田宮芳孝, ほか : 早期胃癌の肉眼型 ; 決め方・考え方とその典型像 (0 I, 0 IIa型). 胃と腸 44 (4) : 507-521, 2009.
8) 渕上忠彦, 大田恭弘, 小林広幸, ほか : 胃GISTのX線診断とその有用性. 胃と腸 38 (6) : 863-871, 2003.
9) 中原慶太, 立石秀夫, 鶴田修, ほか : 早期胃癌診断の実際 ひだ集中を伴う陥凹性病変. 胃と腸 35 (1) : 65-76, 2000.
10) 芳野純治, 中澤三郎, 乾和郎, ほか : 早期胃癌診断の実際 ひだ集中のない陥凹性病変. 胃と腸 35 (1) : 85-91, 2000.
11) 中原慶太, 立石秀夫, 鶴田修, ほか : 陥凹型胃癌に対するX線深達度診断プロセス. 胃と腸 41 (9) : 1327-1343, 2006.
12) 中原慶太, 立石秀夫, 鶴田修, ほか : ひだ集中のない陥凹型胃癌に対するX線診断. 胃と腸 42 (1) : 25-38, 2007.
13) 丸山保彦, 景岡正信, 永田健, ほか : 早期胃癌の肉眼型-決め方・考え方とその典型像 (0 IIc, 0 III型). 胃と腸 44 (4) : 522-532, 2009.
14) 杉野吉則, 中村祐二朗, 和田則仁, ほか : 早期胃癌の画像診断,深達度診断のための精密検査 ; X線検査. 胃と腸 44 (4) : 593-607, 2009.
P.114 掲載の参考文献
1) 婦木祐市, 板谷充子, 井上啓二, ほか : 上部消化管造影臨床画像評価法. 大阪消化管撮影技術研究会画像評価委員会 (編), 大阪, 1999.
2) 重松綾 : 胃がんX線検診の施設精度管理 ; 画像精度・読影 精度の数値化による評価・指導. 日消がん検診誌 58 : 810 (Suppl) 2020.
3) 西川孝, 古川利弘, 秋山俊夫, ほか : バリウムの吸収線量対する物理的考案. コニカXレイ 51 : 106-111, 2000.
4) 西川孝, 渡部敬三, 山口道彦, ほか : 人工胃液によるバリウムの拡散性評価. コニカXレイ 48 : 168-181, 1998.

IV 読影

P.119 掲載の参考文献
1) Warren JR, Marshall BJ : Unidentified curved bacilli on gastric epithelium in active chronic gastritis. Lancet I : 1273-1275, 1983.
2) Uemura N, et al : Helicobacter pylori infection snd the development of gastric cancer. N Engl J Med 345 : 829-832, 2001.
3) Nakamura K, Sugano H, Takagi K : Carcinoma of the stomach in incipient phase ; its histogenesis and histrogical appearance. Gann 59 : 251-258, 1968.
4) 中村恭一 : 胃癌の構造. 第2版, pp117-148, 医学書院, 東京, 1990.
5) 野中康一, 浜本英剛, 田辺徳真, ほか : 上部消化管内視鏡診断マル秘ノート. 医学書院, 東京, 2016.
P.127 掲載の参考文献
1) 丹羽康正, 西川孝 (監), 伊藤誠 (編) : 胃X線造影検査 専門技師になるための必携テキスト. pp70-77, ぱーそん書房, 東京, 2013.
2) 八尾恒良 (監),『胃と腸』編集委員会 (編) : 胃と腸 用語辞典. 医学書院, 東京, 2002.
3) 日本消化器集団検診学会用語委員会 (編) : 消化器集団検診用語集. 医学書院, 東京, 1997.
4) 下田忠和, 広田瑛五 : 胃びまん性がんにおける粘膜内癌浸潤と線維化についての病理学的考察. 胃と腸 11 : 1265-1273, 1976.
5) Borrmann R : Geschwulste des Magens. Dtsch Chirug : 46, 1921.
6) 渡辺英伸, 八尾恒良 : Linitis Plastica型胃がんの病理組織学的研究. 胃と腸 11 (10) : 1285-1296, 1976.
7) 白壁彦夫, 市川平三郎 (編) : 消化管X線読影講座 4 胃癌 1 (進行癌). 金原出版, 東京, 1982.
8) 八巻悟郎, 奥田佳二 : 胃と腸 増刊号 図説「胃と腸」所見用語集 2017. 胃と腸 52 (5) : 676, 2017.
9) 中村信美 : 症例から見た胃X線読影法 下巻 良性・悪性疾患. pp95-97, 医療科学社, 東京, 2004.
10) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約. 第14版, 金原出版, 東京, 2010.
11) 牛尾恭輔, 市川平三郎, ほか : 消化管のX線診断における側面像の意義 ; 二重造影像による深達度診断. 胃と腸 21 (1) : 27-41, 1986.
12) 牛尾恭輔, 市川平三郎, ほか : 用語の使い方・使われ方「島状粘膜残存」. 胃と腸 29 (11) : 1161, 1994.
13) 山田達哉, 福富久之 : 胃隆起性病変. 胃と腸 1 (2) : 145, 1966.
14) 中原慶太, ほか : 早期胃がん診断の実際 ひだ集中を伴う陥凹性病変 ; X線所見. 胃と腸 35 (1) : 65-76, 2000.
15) 中原慶太 : これなら見逃さない胃X線読影法 虎の巻. 羊土社, 東京, 2015.
16) 中村信美 : 症例から見た胃X線読影法 下巻 良性・悪性疾患. pp39-40, 医療科学社, 東京, 2004.
P.138 掲載の参考文献
1) 丹羽康正, 西川孝 (監), 伊藤誠 (編) : 胃X線造影検査 専門技師になるための必携テキスト. pp70-77, ぱーそん書房, 東京, 2013.
2) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約. 第16版, 金原出版, 東京, 2017.
3) 細井董三 (責編) : 医師・診療放射線技師にための胃がん症例に学ぶ胃がんX線検診読影講座 ; 読影基準とカテゴリー分類を中心に. 医学科学社, 東京, 2014.
4) 日本消化器がん検診学会, 胃がん検診精度管理委員会, 胃X線検診の読影基準に関する研究会 (編) : 胃がん検診のための読影判定区分アトラス. 第3版, 南江堂, 東京, 2019.
P.160 掲載の参考文献
1) 草野健 : 胃間接X線読影医育成の現状. 日消集検誌 43 : 30-35, 2003
2) 厚生労働省 : 医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について. 厚生労働省医政局長, 医政発0430第1号, 2010 (https://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/dl/s0512-6h.pdf) [2019.02.19].
3) 渋谷大助 : 胃がん検診のこれから. 日消がん検診誌 57 : 487, 2019.
4) 西川孝, 安田鋭介, 渡邊真也, ほか : カテゴリー判定を用いた診療放射線技師による読影補助の精度 (第一報 : 感度と特異度). 日消がん検診誌 58 : 12-24, 2020.
5) 西川孝, 安田鋭介, 渡邊真也 : カテゴリー判定を用いた診療放射線技師による読影補助の精度 (第二報 : 追加撮影による判定への影響). 日消がん検診誌 58 (2) : 73-82, 2020.
6) 西川孝, 安田鋭介, 渡邊真也, ほか : 胃X線像における診療放射線技師と医師によるカテゴリー判定の精度に関する検討. 日消がん検診誌 59 : 31-41, 2020.
7) 国立がん研究センター : がん情報サービス「事業評価のためのチェックリスト」および「仕様書に明記すべき必要最小限の精度管理項目」 (https://ganjoho.jp/med_pro/pre_scr/screening/check_list.html) [2020.2.8].
8) 加藤勝章, 安保智典, 伊藤高広, ほか : 胃X線検診読影補助のための読影判定区分の運用指針. 日消がん検診誌 58 : 290-299, 2020.
9) 平成元年厚生科学研究 医行為および医療関係職種に関する法医学的研究. 主任研究者 若杉長秀, 1989 (https://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/iryo_wg1/tokkyo_iryou_siryou5.pdf) [2020.2.19].
10) 伊藤高広, 吉川公彦, 大石元 : 胃がん検診におけるX線造影診断の役割と新・読影基準の提唱 ; ヘリコバクター・ピロリー時代における奈良県の実情を踏まえて. 日消がん検診誌 48 : 511-521, 2010.
11) 伊藤高広, 吉川公彦, 平井都始子, ほか : 胃がんX線検診における新しい診断基準・指示区分導入の試み. 日消がん検診誌 49 : 493-501, 2011.
12) 佐々木宏之, 佐々木修一, 田中新亮, ほか : 胃X線検査読影所見の現状と標準化に向けて ; 読影精度向上のために. 日消がん検診誌 51 : 543-551, 2013.
13) 日本消化器がん検診学会, 胃がん検診精度管理委員会, 胃X線検診の読影基準に関する研究会 : 胃X線検診のための読影判定区分アトラス. 南江堂, 東京, 2017.
14) 加藤勝章, 千葉隆士, 渋谷大助, ほか : "胃X線検診のための読影判定区分 (カテゴリー分類)" を用いた胃X線読影の精度評価に関する検討. 日消がん検診誌 56 : 479-489, 2018.
15) 加藤勝章, 千葉隆士, 渋谷大助, ほか : 「胃X線検診のための読影判定区分 (カテゴリー分類) 」におけるカテゴリー 1とカテゴリー 2の胃がんリスクに関する検討. 日消がん検診誌 57 : 20-29, 2019.
16) 入口陽介, 細井董三, 水谷勝, ほか : 図説「胃と腸」所見用語集 2017. 胃と腸 52 : 565-591, 2017.
17) 西川孝, 安田鋭介, 渡邊真也, ほか : カテゴリー判定を用いた診療放射線技師の読影補助の精度. 日消がん検診誌 58 : 73-82, 2020.

V 胃の周辺臓器

P.174 掲載の参考文献
1) 日本肝癌研究会 (編) : 臨床・病理. 原発性肝癌取扱い規約, 第6版補訂版, 金原出版, 東京, 2019.
2) 関根智紀, 土居忠文 : 日超検腹部超音波テキスト. 日本超音波検査学会 (監), p282, 医歯薬出版, 東京, 2002.
3) 医療情報科学研究所 (編) : 病気がみえる vol.1 消化器. 第5版, p476, メディックメディア, 東京, 2015.
4) 畠二郎, 長谷川雄一 : 消化管エコーUPDATE スキルアップをめざして. Medical Technology別冊 ; 超音波エキスパート 14, p126, 医歯薬出版, 東京, 2013.
5) 長谷川雄一 : 消化管アトラス. コンパクト超音波αシリーズ, p255, ベクトル・コア, 東京, 2008.
6) 関根智紀 : 新超音波検査消化管. p219, ベクトル・コア, 東京, 2006.
7) 芳野純治, 浜田 勉, 川口 実 : 内視鏡所見のよみ方と鑑別診断 ; 上部消化管. p414, 医学書院, 東京, 2007.
8) 日本膵臓学会 : 膵癌取扱い規約. 第6版, 金原出版, 東京, 2009.
9) 日本膵臓学会 : 膵癌取扱い規約. 第7版増補版, 金原出版, 東京, 2020.

VI 上部消化管の超音波検査

P.191 掲載の参考文献
1) 畠二郎, 楠裕明, 鎌田智有, ほか : 体外式超音波による消化管疾患の診断. 日本消化器病学会雑誌 7 (101) : 746-754, 2004.
2) 畠二郎, 末永健二, 吹野陽一 : 体外式超音波検査による消化管のスクリーニング的検査法とその診断能. 超音波医学 19 (1) : 27-34, 1992.
3) 古藤文香, 森田勇, 宇野博之, ほか : 潰瘍性大腸炎における体外式超音波検査の病変範囲描出能と重症度評価. 超音波検査技術 40 (1) : 13-21, 2015.
4) 本田直美, 西田睦, 佐藤千紘, ほか : 体外式超音波検査による虚血性大腸炎の診断率の検討. 超音波検査技術 38 (6) : 591-597, 2013.
5) Fujii Y, Hata J, Futagami K, et al : Clinical application of ultrasonographic diagnosis of gastrointestinal disease. J Med Ultrasonics 27 : 185-191, 2000.
6) 山内理海, 濱田敏秀 : へき地診療所でのプライマリ・ケアにおける消化管超音波検査の有用性. 超音波医学 37 (6) : 639-645, 2010.
7) 藤井康友, 畠二郎, 二神浩司, ほか : 体外式超音波による進行胃がんの診断能に関する検討. J Med Ultrasonics 25 (1) : 11-17, 1998.
8) 藤井康友, 畠二郎, 寺面和史, ほか : 体外式超音波による進行大腸がんの診断能に関する検討. J Med Ultrasonics 24 (2) : 3-10, 1997.
9) 相部剛, 大谷達夫, 吉田智治 : 超音波内視鏡による消化管のがん深達度診断 ; 早期がんにおける組織像との対比. 超音波医学 12 (3) : 187-195, 1985.
10) 安田健治朗, 清田啓介, 向井秀一, ほか : 内視鏡的超音波断層法 (EUS) による上部消化管病変の診断 ; 胃壁深達度診断を中心に. Gastroenterol Endosc 28 : 253-263, 1986.
11) 岡井高, 太田英樹, 里村吉威, ほか : 超音波内視鏡による陥凹型早期胃がんの壁深達度診断 ; 特に潰瘍合併の有無による鑑別点を中心に. Gastroenterol Endosc 28 : 3064-3072, 1986.
12) 北村徳治, 上野雅資, 太田孝, ほか : 内視鏡超音波検査による胃がんの深達度診断. 日消外会誌 19 (3) : 653-658, 1986.
13) 芳野純治, 中澤三郎, 太田博郷 : 超音波内視鏡によるスキルス型胃がん診断. Gastroenterol Endosc 28 : 1546-1552, 1986.
14) 安田秀光, 城島嘉昭, 上西紀夫, ほか : 超音波による胃がんの深達度診断 ; 臨床例からみた5層構造の解明とエコーレベルの評価. 超音波医学 15 (3) : 231-242, 1988.
15) 富樫満 : 超音波内視鏡による食道がん深達度診断の検討. 日消外会誌 31 (6) : 1439-1449, 1989.
16) 長南明道, 望月福治, 池田卓, ほか : 胃悪性リンパ腫の超音波内視鏡所見の検討. 日消外会誌 34 (8) : 1833-1843, 1992.
17) 相部剛 : 超音波内視鏡による消化管壁の層構造に関する基礎的, 臨床的研究 (1) 胃壁の層構造について. Gastroenterol Endosc 26 : 1447-1464, 1984.
18) 相部剛 : 超音波内視鏡による消化管壁の層構造に関する基礎的, 臨床的研究 (2) 食道壁, 大腸壁の層構造について. Gastroenterol Endosc 26 : 1465-1473, 1984.
19) Segura JM, Olveira A, Conde P, et al : Hydrogastric sonography in the preoperative staging of gastric cancer. J Clin Ultrasound 27 : 499-504, 1999.
20) Tous F, Busto M : Assessment of abdominal sonography in the diagnosis of tumors of the gastroduodenal tract. J Clin Ultrasound 25 : 243-247, 1997.
21) 中島滋美, 阪本善邦, 堀口雄一, ほか : 前庭部型急性胃粘膜病変 (AGML) に対する体外式超音波断層法の応用. 日本消化器内視鏡学会雑誌 29 (12) : 3046-3053, 1987.

VII 内視鏡検査法

P.198 掲載の参考文献
1) 秋山俊夫 : 内視鏡の進歩とその手術適応について. 胃X線造影検査専門技師になるための基礎学習, pp94-101, 永井書店, 大阪, 2005.
2) 出月康夫, 石井裕正, 神保勝一 (編) : 消化管内視鏡のABC. 日本医師会, 東京, 1996.
3) 竹本忠良, 長廻紘 (編) : 消化管内視鏡診断テキスト. 文光堂, 東京, 1995.
4) 貝瀬満, 河合隆 : 上部消化管内視鏡挿入・観察のポイント. 日本メディカルセンター, 東京, 2008.
5) 津田靖彦, ほか : 特殊な方法による胃微細病変の観察. Gastric Endosc 8 : 412, 1966.
6) オリンパスホームページ : おなかの健康ドットコム内視鏡について (https://www.onaka-kenko.com/endoscope-closeup/).
7) オリンパスホームページ : おなかの健康ドットコム内視鏡について (https://www.onaka-kenko.com/endoscope-closeup/).
8) エーザイ パリエットホームページ : 消化器領域の治療指針とパス (http://www.pariet.jp/alimentary/clinicalpath/clipathrep01-k01-01.html).
9) エーザイ パリエットホームページ : 内視鏡を育てた人々 (http://www.pariet.jp/alimentary/endoscope.html).
10) 日本胃癌学会 : 胃癌治療ガイドライン 第5版 WEB版 (http://www.jgca.jp/guideline/fifth/index.html)
P.208 掲載の参考文献
1) 日本消化器がん検診学会 胃内視鏡標準化研究会 (編) : 胃内視鏡検診マニュアル. 医学書院, 東京, 2010.
2) 日本消化器がん検診学会 対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル作成委員会 (編) : 対策型検診のための胃内視鏡検診マニュアル 2015年版. 日本消化器がん検診学会, 東京, 2016.
3) 出月康夫, 石井裕正, 神保勝一 (編) : 消化管内視鏡のABC. 日本医師会, 東京, 1996.
4) 竹本忠良, 長廻紘 (編) : 消化管内視鏡診断テキスト. 文光堂, 東京, 1995.
5) 貝瀬満, 河合隆 : 上部消化管内視鏡挿入・観察のポイント. 日本メディカルセンター, 東京, 2008.
P.214 掲載の参考文献
1) 吉田操 : 胃の小白斑. 胃と腸 27 : 1028, 992.
2) 平沢大 : 畳目模様 (tatamime sign). 胃と腸 47 (胃と腸用語集 2012) : 677, 2012.
3) 島田英雄, 千葉修, 西隆之,ほか : 食道表在癌の深達度診断 ; 通常内視鏡診断. 胃と腸 50 : 539-552, 2015.
4) 斎藤裕輔, 稲葉勇平, 富永素也, ほか : 早期消化管癌の深達度診断 ; 基本と進め方胃と腸用語集 2012 胃と腸 50 : 485-497, 2015.
5) 松岡晃生, 梅垣英次 : 異所性胃粘膜. 胃と腸 52 (胃と腸用語集 2017) : 547, 2017.
6) 國枝献治, 小山恒男 : 異所性胃粘膜. 胃と腸アトラス上部消化管, 第2版, 八尾恒良 (監), p15, 医学書院, 東京, 2014.
7) Yao K, Oishi T, Matsui T, et al : Novel magnified endoscopic fidingsnof microvascular architecture in intramucosal gastric cancer,Gastrointest Endosc56 : 279-284, 2002.
8) Mallory G, Kenneth MD, Weiss S : Hemorrhages from lacerationsion of the cardiac office of the stomach due to vomiting. Am J Med Sci 178 : 506-514, 1929.
9) Zeifer HD : Marrory-Weiss syndrome. Ann Surg 154 : 956-960, 1961.
10) 八木一芳, 中村厚夫, 関根厚雄, ほか : Helicobactor pylori 陰性・正常胃粘膜内視鏡像の検討. Gastroenterol Endosc 42 : 1977-1987, 2000.
11) Yagi K, Nakamura A, Sekine A : Characteric endoscopic snd magnified endscopic findings in the normal stomach without Helicobactor pylori infection. J Gasteroenterol Hepatol 17 : 39-45, 2002.
12) Dixon MF, Genta RM, Yardley JH, et al : Classification and Granding of Gastritis. The Updated Sydney System. Am J Surg Pathol 20 : 1161-1181, 1996.
13) 佐藤俊, 長南明通 : 萎縮性胃炎. 胃と腸 47 (胃と腸用語集 2012) : 685, 医学書院, 東京, 2012.
14) Kimura K, Takemoto T : An endoscopic recognition of the atrophic border and its significance in chronic gastritis. Endoscopy 1 : 87-97, 1969.
15) 黒川きみえ, 丸山正隆, 渡辺伸一郎, ほか : 悪性貧血とその家系の胃粘膜像と胃癌合併に関する検討. Gastroenterol Endsc : 23, 66-67, 1981.
16) 有馬美和子, 多田正弘 : 食道黄色腫の2例. 胃と腸 43 : 317-320, 2008.
17) Kaiserling E, Heinle H, Itabe H, et al : Lipid islands in human gastric mucosa : morphological and immunohistochemical findings. Gastroenterology 110 : 369-374, 1996.
18) Hori S, Tsutsumi Y : Hericobactor pylori infection in gastric xanthomas : immunohistochemical analysis of 145 lesion. Pathol Int 46 : 589-593, 1996.
19) 大森皓次, 三輪剛, 熊谷博彰 : 胃の潰瘍性病変の経過 ; とくに早期胃癌の経過について. 胃と腸 3 : 1643-1650, 1968.
20) 崎田隆夫, 三輪剛 : 悪性潰瘍の内視鏡診断 ; 早期診断のために. 日消誌 67 : 984-989, 1970.
21) 鎌田智有, 井上和彦, 青木利佳, ほか : 胃ポリープの自然史とmalignant potential ; 胃底腺ポリープ. 胃と腸 47 : 1227-1234, 2012.
22) 飯田三雄, 八尾恒良, 大串秀明, ほか : 家族性大腸腺腫症の胃病変 ; その正常と経過を中心として. 胃と腸 12 : 1365-1374, 1997.
23) 春間賢, 塩谷昭子, 鎌田智有, ほか : PPI長期投与の問題点 ; 胃ポリープの発生. 消化器内科 56 : 190-193, 2013.
24) 平田喜裕 : 陷凹型びらん. 胃炎の京都分類, pp59-60, 日本メディカルセンター, 東京, 2014.
25) 渕上忠彦 : 架橋ひだ (bridging fold). 胃と腸 28 : 306, 1993.
26) 長南明道, 望月福治, 結城豊彦, ほか : 粘膜下腫瘍の形態を示した胃癌の内視鏡診断. 胃と腸 30 : 777-785, 1995.
27) 細川治, 柳本邦夫 : 胃の解剖用語. 胃と腸 47 (胃と腸用語集 2012) : 622-624, 2012.
28) 松井敏幸 : 巨大ひだを呈する病変. 内視鏡の読み方と鑑別診断 ; 上部消化管, 第2版, 芳野純治, 浜田勉, 川口実 (編), pp226-237, 医学書院, 東京, 2007.
29) 渡辺英伸, 岩下明徳, 坂口洋司 : 胃のGiant Rugae ; 病理形態面から. 胃と腸 15 : 519-529, 1980.
30) 浜田勉 : スキルス胃癌と鑑別を要する形態所見からみて. 胃と腸 45 : 418-421, 2010.
31) 馬場保昌, 杉山憲義, 丸山雅一, ほか : 陥凹性早期胃癌のX線所見と病理組織所見の比較. 胃と腸 10 : 37-49, 1975.
32) 中村恭一 : 胃癌の構造. 第3版, pp227-239, pp261-265, 医学書院, 東京, 1982.
33) 吉田裕司, 市川平三郎 : 胃X線診断の考え方と進め方. 第2版, pp128-246, 医学書院, 東京, 2005.
34) 春間賢, 高張康介 : 敷石状胃粘膜. 胃と腸 52 (胃と腸用語集 2017) : 578, 2017.
35) 平田喜裕 : 皺壁腫大・蛇行. 胃炎の京都分類, pp47-49, 日本メディカルセンター, 東京, 2014.
36) 赤松泰次, 下平和久, 松澤正浩, ほか : 通常光における胃隆起性病変の鑑別診断. 胃と腸 47 : 1200-1208, 2012.
37) Haruma K, Yoshihara M, Sumii K, et al : Gastric acid secretion. Serum pepsinogen I, and serum gastrin in Japanese with gastric hyperplastic polyps or polypoid-type early gastric carcinoma. Scand J Gastroenterol 28 : 633-637, 1993.
38) 大草敏史, 堀内洋志, 荒川廣志, ほか : 胃ポリープの自然史とmalignant potentioal ; 腺窩上皮型過形成性ポリープ. 胃と腸 47 : 1216-1226, 2012.
39) 村上忠重, 唐沢洋一, 平福一郎, ほか : 対称性潰瘍から見た胃潰瘍の発生・成熟過程 ; その1. Kissing ulcerについて. 胃と腸 14 : 1499-1507, 1979.
40) 長浜孝, 小島俊樹, 中馬健太, ほか : 通常内視鏡画像の成り立ち ; 早期胃癌における伸展不良所見の成り立ち. 胃と腸 53 : 1252-1259, 2018.
41) 赤松泰次 : 発赤・褪色. 胃と腸 52 (胃と腸用語集 2017) : 582, 2017.
42) 中島滋美 : 体部びらん. 胃炎の京都分類, 第2版, pp73-74, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
43) 横田欽一, 斎藤裕輔, 蘆田知史, ほか : 竹の節状びらんが発見の契機となったCrohn病の一例 ; Crohn病に特徴的な胃体部小弯の微小病変の提唱. 胃と腸 29 : 1425-1430, 1994.
44) Yokota K, Saito Y, Einami K, et al : A bamboo joint-like appearance of the gastric body and cardia, possible association with Crohn's disease. Gastrointest Endosc 46 : 268-272, 1997.
45) 岡崎幸紀 : たこいぼ状隆起. 消化器形態用語の使い方・使われ方, 胃と腸 28 : 898, 1993.
46) 安田貢 : 地図状発赤. 胃炎の京都分類, 第2版, pp79-80, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
47) 川村昌司 : 腸上皮化生. 胃炎の京都分類, 第2版, pp35-38, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
48) Nomura S, Terao S, Adachi K, et al : Endoscopic diagnosis of gastric mucosal activity and inflammation. Dig Endosc 25 : 136-146, 2013.
49) Kato M, Terao S, Adachi K, et al : Changes in endoscopic findings of gastritis after cure of H.pylori infection, multicenter prospective traial. Dig Endosc 25 : 264-273, 2013.
50) 八尾恒良 : デレ (Delle). 特集 図解 形態用語の使い方・使われ方, 胃と腸 31 : 372, 1996.
51) 竹本忠良, 水野美淳 : 慢性胃炎の胃鏡診断と胃生検. Gastroenterol Endosc 4 : 310-320, 1962.
52) 今野武津子, 村岡俊二 : 小児のHelicobacter pylori 胃炎の特徴と病理. Helicobacter Research 3 : 230-235, 1999.
53) 鎌田智有 : 鳥肌. 胃炎の京都分類, 第2版, pp50-53, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
54) 加藤隆弘 : 粘膜腫脹, 胃炎の京都分類 第2版, 44-46, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
55) 中野浩 : 白苔 (belag). 特集 図解 形態用語の使い方・使われ方, 胃と腸 31 : 383, 1996.
56) 鎌田智有 : 除菌後に新たに出現する胃粘膜所見について. 消化器内科 4 : 18-24, 2020.
57) 入口陽介, 細井薫三 : ひだ集中. 胃と腸 52 (胃と腸用語集 2017) : 583, 2017.
58) 井田和徳, 松本尚之, 内山和彦, ほか : Helicobactor pylori 除菌前後における胃粘膜の内視鏡像の変化 ; 短期経過例. 胃と腸 33 : 1115-1121, 1998.
59) 増山仁徳, 春間 賢, 増山貴子 : ヘマチン. 胃炎の京都分類, 第2版, pp71-72, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
60) 川村昌司 : 斑状発赤. 胃炎の京都分類 第2版, pp75-78, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
61) 川井隆 : 隆起型びらん. 胃炎の京都分類, 第2版, pp69-70, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.
62) 大和田進, 乾正幸, 乾純和 : 稜線状発赤. 胃炎の京都分類, 第2版, pp66-68, 日本メディカルセンター, 東京, 2018.

VIII 薬剤と安全管理

P.228 掲載の参考文献
1) 西川孝, ほか : バリウムの吸収線量に対する物理的考察. コニカX-hire 51, 2000.
2) 胃X線撮影法標準化委員会 (編) : 胃X線撮影法 (間接・直接) の基準. 日本消化器集団検診学会 40 (5) : 437-447, 2002.
3) 海老根精二, ほか : 硫酸バリウムの造影剤. 日本消化管撮影研究会, 東京, 1996.
4) 松江寛人 (編) : 最新胃X線検査技術. 金原出版, 東京, 1996.
5) 日本放射線技師会消化管検査指針委員会 : 消化管検査マニュアル. 中村實 (監), 胃X線標準化委員会 (編), 医療科学社, 東京, 1998.
6) NPO日本消化器がん検診精度管理評価機構 : 胃がんX線検診 技術部門テキスト 2011年度版.
7) 寺澤操 : 臨床技術講座 上部消化管検査で使われる造影剤. 日本放射線技術学会雑誌 56 (5) : 705-711, 2000.
8) 厚生労働省医薬食品局 : 医薬品・医療機器等安全性情報. No.219, 2005.
9) 日本消化器がん検診学会 胃癌検診精度管理委員会 (編) : 新・胃X線撮影法ガイドライン 改訂版. 医学書院, 東京, 2011.
10) 花房和彦, ほか : 入れ歯安定剤による上部消化管バリウム検査への影響 ; 基礎的影響 (第2報). 日本放射線技師会雑誌 54 (6) : 796, 2007.
11) 藤島一郎 (監) : 硫酸バリウム製剤の誤嚥を防止するために. 伏見製薬, 東京, 2002.
12) 中原慶太, 水町寿伸 (編) : 胃癌をしっかり表そう! 胃X線撮影法虎の巻撮影主義を基本から応用まで段階的にマスターできる! 羊土社, 東京, 2019.
13) 松本健, 小浦利弘 : アンモニウム塩融解による難溶性硫酸バリウムの迅速分解分析. 分析化学 50 (12) : 807-811, 2001.

IX 装置と保守

P.243 掲載の参考文献
1) 市川勝弘, 石田隆行 (編) : 放射線技術学スキルアップシリーズX線画像計測. オーム社, 東京, 2010.
2) 山田稔 (編) : 新しい放射線写真学. 改訂第2版, 富士メディカルシステム, 東京, 1993.
3) 青柳泰司, 阿部真治, 小倉泉 (編) : 改訂新版 放射線機器学 (I) 診療画像器. コロナ社, 東京, 2015.
4) 土井司, 隅田伊織 (編) : 診療放射線技術. 上巻, 改訂第14版, 南江堂, 東京, 2019.
5) 西谷弘, 遠藤啓吾, ほか (編) : 標準放射線医学, 第7版, 医学書院, 東京, 2011.
6) 海老根精二, 西川孝 (騙) : 胃X線造影検査 専門技師になるための基礎学習 ; 原点を見極めて. 改訂第2版, 永井書店, 大阪, 2004.
7) 日本放射線技師会 (編) : 放射線安全管理の手引き 認定講習統一テキスト. 医療科学社, 東京, 2002.
8) 松江寛人 (編) : 最新 胃X線検査技術 ; 基礎と実際. 金原出版, 東京, 2000.
9) 日本医用画像管理学会 (編) : 医用画像情報管理の基礎. 日本放射線技師会出版会, 東京, 2005.
10) 日本医用画像管理学会 (編) : 医用画像PACS. 日本放射線技師会出版会, 東京, 2006.
11) 日本医用画像管理学会 (編) : 医用画像情報管理パーフェクトブック. 日本放射線技師会出版会, 東京, 2007.
12) 日本画像医療システム工業会 (監) : 医用画像・放射線機器ハンドブック. 改訂第7版, 東京, 2007.
13) 日本医用画像管理学会 (編) : フィルムレスマスターブック. 日本放射線技師会出版会, 東京, 2010.
14) 橋本憲幸 : 画像表示装置 (1). 日放線技会誌 58 (10) : 1297-1302, 2002.
15) 橋本憲幸 : 画像表示装置 (2). 日放線技会誌 58 (1) : 1421-1428, 2002.
16) NPO日本消化器がん検診精度管理評価機構 : 胃がんX線検診技術部門テキスト 2019年度版. 東京, 2019.
17) 日本画像医療システム工業会 (編) : DICOM規格最新英語版/翻訳版.東京, 2005.
18) 羽石秀昭 : X線イメージング技術. 画像電子学会誌 37 (5) : 748-754, 2008.
19) 川田秀道 : 画像生成システムの物理的な特性. 日放線技会誌 66 (7) : 791-801, 2010.
20) 小寺吉衛 : 検出量子効率 (DQE) と雑音等価量子数 (NEQ). 日放線技会誌 66 (8) : 958-966, 2010.
21) 加藤秀起 : X線スペクトル. 日放線技会誌 66 (3) : 238-245, 2010.
22) 越田吉郎 : X線の発生 (電子と物質との相互作用). 日放線技会誌 66 (1) : 71-77, 2010.
23) 市川勝弘 : 総論. 日本放射線技術学会雑誌 65 (6) : 869-876, 2009.
24) 朝原正喜 : ディジタルラジオグラフィの物理的画質評価法Noise Power Spectrum. 日放線技会誌 65 (12) : 1671-1679, 2009.
25) 加藤亜紀子 : Detective Quantum Efficiency (DQE). 日放線技会誌 66 (1) : 88-93, 2010.
26) JIRAホームページ (http://www.jira-net.or.jp/index.htm)
27) 島津製作所株式会社 (https://www.med.shimadzu.co.jp/)
28) キャノンメディカルシステムズ株式会社 (https://jp.medical.canon/)
29) 富士フィルムヘルスケア株式会社 (https://www.fujifilm.com/fhc/ja)
P.251 掲載の参考文献
1) 日本放射線技師会放射線機器管理士部会 (編) : 放射線機器管理シリーズ ; X線・MRI・CT. 日本放射線技師会出版会, 東京, 2007.
2) 日本放射線技師会 (編) : 放射線機器管理士認定講習会テキスト Vol.2. 日本放射線技師会出版, 東京, 2004.
3) 胃がん検診精度管理委員会 : 新・胃X線撮影法ガイドライン. 改訂版, 医学書院, 東京, 2011.
4) 松江寛人 (編) : 最新胃X線検査技術 ; 基礎と実際. 金原出版, 東京, 2000.
5) 日本医用画像管理学会 (編) : 医用画像情報管理の基礎. 日本放射線技師会出版, 東京, 2005.
6) 日本医用画像管理学会 (編) : 医用画像PACS. 日本放射線技師会, 東京, 2006.
7) 日本医用画像管理学会 (編) : 医用画像情報管理パーフェクトブック. 日本放射線技師会出版, 東京, 2007.
8) 日本医用画像管理学会 (編) : フィルムレスマスターブック. 日本放射線技師会出版, 東京, 2010.
9) 橋本憲幸 : 画像表示装置 (1) (2) (3) (4). 日放線技会誌 2002.10~2003.2.
10) 日本画像医療システム工業会 : 医用画像部門における品質維持の評価及び日常試験方法. 第3-1部 : 受け入れ試験-診断用X線装置. JIS Z 4752-3-1 : 2004ガイド
11) 日本画像医療システム工業会 : 医用画像部門における品質維持の評価及び日常試験方法. 第2-9部 : 不変性試験-間接透視及び間接撮影用X線装置. JIS Z 4752-2-9 : 2008ガイド.
12) 日本画像医療システム工業会 : 医用画像部門における品質維持の評価及び日常試験方法. 第2-11部 : 不変性試験-直接撮影用X線装置. JIS Z 4752-2-11 : 2005ガイド.
13) 日本医学放射線学会電子情報委員会 : デジタル画像の取り扱いに関するガイドライン 3.0版.
14) 日本画像医療システム工業会 : 医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン. JESRA X-0093*A-2010.
15) 日本画像医療システム工業会 : 医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン. JESRA X-0093*A-2010ツールの使用方法.
16) 厚生労働省医薬局長 : 医薬発第622号 医療用エックス線装置承認基準の改定について.
17) 厚生労働省医政局長 : 医政発0330010号 良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改定する法律の一部の施行について.
18) 厚生労働省医政局指導課 : 医政指発第0330001号 医療機器に係る安全管理のための体制確保に係る運用上の留意点について.
19) 埋橋喜次, ほか : JSGIファントムを用いての管理方法. 日本消化管画像研究会会誌 4 (1) : 26-36, 2009.
20) NPO日本消化器がん検診精度管理評価機構 : 胃がんX線検診技術部門テキスト. 2019年度版, NPO日本消化器がん検診精度管理評価機構, 東京, 2019.
21) 桂川茂彦 (編) : 医用画像情報学. 改訂第4版, 南山堂, 東京, 2020.

X 診療放射線技師に必要な一般常識

P.258 掲載の参考文献
1) 佐古まゆみ : 倫理性が確保された臨床研究を行うために. 日児腎誌 26 (1) : 58-63, 2013.
P.261 掲載の参考文献
1) 国立がん研究センターがん情報サービス : がん検診 一般の方向けサイト もっと詳しく知りたい方へ (https://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr02.html) [2020.10.18].
2) 国立がん研究センターがん情報サービス : 胃がん検診 (https://ganjoho.jp/med_pro/pre_scr/screening/screening_stomach.html) [2020.10.18].
3) 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター : 科学的根拠に基づくがん検診推進. 有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン 2014年度版 (https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2015/0420/index.html) [2020.10.18].
4) 日本消化器がん検診学会胃がん検診精度管理委員会 : 平成28年度胃がん検診偶発症アンケート調査報告. 日消がん検診誌 57 : 1231-1240, 2019.
5) 山本兼右, 山崎秀男, 高倉玲奈, ほか : 胃がん検診における基準撮影法を用いた受診者の実行線量. 日消がん検診誌 53 : 365-375, 2015.
6) 加藤勝章, 千葉隆士, 島田剛延, ほか : 検診間隔別に見た対策型胃X線検診の検診精度の検討. 日消がん検診誌 56 : 266-280, 2018.
7) 阿部慎哉, 渋谷大介, 野口哲也, ほか : 胃集検における偽陰性率の推計. 日消集検診誌 38 : 475-482, 2000.
8) 日本消化器がん検診学会 全国集計委員会 : 平成28年度消化器がん検診全国集計. 日消がん検診誌 57 : 1173-1217, 2019.
9) 厚生労働省 : がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針 (厚生労働省健康局長通知別添) (https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000111662.pdf) [2020.10.18].
10) 国立がん研究センターがん情報サービス : 事業評価のためのチェックリスト (https://ganjoho.jp/data/med_pro/pre_scr/screening/check_list/stomach_siyosyo_h31.pdf) [2020.10.18].
P.272 掲載の参考文献
1) 川瀬雅也, 松田史生 : 正規分布を極める. 生物工業会誌 94 : 348-351, 2016.
2) 新谷歩 : 今日から使える医療統計. pp1-19, 医学書院, 東京, 2015.
3) 西川孝, 安田鋭介, 渡邊真也, ほか : 胃X線像における診療放射線技師と医師によるカテゴリー判定の精度に関する検討. 日消がん検診誌 59 : 31-41, 2021.
P.277 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 人口動態統計年報 主要統計表 第11表 死因年次推移分類別にみた性別死亡数の年次推移 (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth11.html) [2021.10.31].
2) 国立がん研究センターがん情報サービス : 最新がん統計 (https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html) [2021.10.31].
3) 厚生労働省 : 平成28年度国民生活基礎調査の概況 (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/index.html) [2021.10.31].
4) 国立がん研究センターがん情報サービス : がん登録・統計 (全国がん登録) (https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html) [2021.10.31].
5) 国立がん研究センターがん情報サービス : がん登録・統計 (人口動態統計) (https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html) [2021.10.31].
6) 小林正男, 西大路賢一, 釡口麻衣 : ヘリコバクターピロリ除菌時代における胃がん検診への提言. 日消がん検診誌 57 : 1114-1126, 2019.
7) 国立がん研究センターがん情報サービス : がん検診の都道府県別プロセス指標 (https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/process-indicator.html) [2021.10.31].
8) 日本消化器がん検診学会全国集計委員会 : 平成29年度消化器がん検診全国集計. 日消がん検診誌 57 : 1173-1217, 2019.
P.288 掲載の参考文献
1) 影山輝國, 伊藤文生, 山田俊雄, ほか : 新明解 現代漢和辞典. p1193, 三省堂, 東京, 2019.
2) 被曝 (被ばく) とは何? (Weblio辞書 www.weblio.jp/content/被曝) [2020.12.6].
3) 小野俊郎, 飯塚裕幸, 上蓑義朋, ほか : 改訂版 よくわかる放射線・アイソトープの安全取扱い ; 現場必備! 教育訓練テキスト. 日本アイソトープ協会 (編), pp1-32, 67-104, 丸善出版, 東京, 2020.
4) 渡部洋一, 金森勇雄, 小野木満照, ほか : 医用画像放射線物理学. pp17-147, 医療科学社, 東京, 2006.
5) 鶴田隆雄, 上蓑義朋, 杉浦紳之, ほか : 第9版 初級放射線 ; 第2種放射線試験受験用テキスト. pp189-255, 通商産業研究社, 東京, 2015.
6) 福喜多博義, ほか : 核医学技術総論. pp12-22, 519-525, 山代印刷出版部, 京都, 2016.
7) 勝村庸介, 伊藤守弘, 柴田徳思, ほか : 8版2018 放射線取扱の基礎. 生物学 測定 (pp1-66), 管理技術 法令 (pp1-21), 丸善出版, 東京, 2018.
8) 窪田宜夫, 岩波茂, 大西俊之, ほか : 放射線生物学. pp10-30, 医療科学社, 東京, 2008.
9) 諸澄邦彦, 門田敏秀, 笹川泰弘, ほか : 放射線線量適正化のための医療被曝ガイドライン. 日本放射線技師会 (編), pp36-51, 文光堂, 東京, 2009.
10) 笹川泰弘, 諸澄邦彦, 工藤安幸, ほか : さらにわかりやすく医療被ばく説明マニュアル. pp7-22, ピラールプレス, 東京, 2010.
11) 環境省 : 放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料 (令和元年度版) (https://www.env.go.jp/chemi/rhm/r1kisoshiryo/r1kiso-01index.html#r1_1.1) [2020.1.10].
12) 厚生労働省 : 医療放射線の適正管理に関する検討会 (https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_436723.html) [2020.1.11].
13) 渡辺浩, 笹川泰弘, 諸澄邦彦, ほか : 医療従事者のための医療被ばくハンドブック. 日本放射線公衆安全学会 (編), pp68-64, 110-147, 文光堂, 東京, 2008.
P.290 掲載の参考文献
1) 日本診療放射線技師会 (編) : 放射線安全管理の手引き認定講統一テキスト. p291, 医療科学社, 東京, 2003.
2) 医療被ばく研究情報ネットワーク (J-RIME) (http://www.radher.jp/J-RIME/) [2021.1.17].
3) 日本アイソトープ協会 (編) : 改訂版 よくわかる放射線・アイソトープの安全取扱い ; 現場必備! 教育訓練テキスト. pp1-32, 67-104, 丸善出版, 東京, 2020.
4) 諸澄邦彦, 門田敏秀, 笹川泰弘, ほか : 放射線線量適正化のための医療被曝ガイドライン. 日本放射線技師会 (編), pp36-51, 文光堂, 東京, 2009.
P.293 掲載の参考文献
1) 笹野公伸, 岡田保典, 石倉浩, ほか : シンプル病理学. pp47-59, 南江堂, 東京, 2010.
2) 根岸徹, 飯田紀世一, 石井勉,ほか : 医療安全管理学. 日本放射線技術学会 (編), pp52-94, オーム社, 東京, 2016.
3) Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M, et al : Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee 2007 Guideline for Isolation Precautions : Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings,June 2007 (https://www.cdc.gov/infectioncontrol/basics/standard-precautions.html) [2020.9.4].
4) Feigin RD, Baker CJ, Herwaldt LA, et al : Epidemic meningococcal disease in an elementary-school classroom. N Engl J Med 307 (20) : 1255-1257, 1982.
P.297 掲載の参考文献
1) 丸屋真也 : 他人は変えられないけど, 自分は変われる! 二見書房, 東京, 2015.
2) F.P. バイスティック : ケースワークの原則 ; 援助関係を形成する技法. 尾崎新,福田俊子 (訳), 誠信書房, 東京, 1996.
3) 齋藤孝 : コミュニケーション力. 岩波書店, 東京, 2016.
4) 谷益美, 枝川義弘 : コミュニケーションスキル. 総合法令出版, 東京, 2015.

最近チェックした商品履歴

Loading...