がんと生きる 犬ごはんの教科書

出版社: 誠文堂新光社
著者:
発行日: 2021-09-20
分野: 栄養学  >  栄養学一般
ISBN: 9784416620441
電子書籍版: 2021-09-20 (電子書籍版)
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,420 円(税込)

商品紹介

飼い主さんが知っておきたい、がんとうまく共存するための手づくりごはんの作り方や知識をまとめた1冊。「犬ごはんの教科書」「7歳からの老犬ごはんの教科書」に続く3冊目となる犬ごはんの教科書です。飼育環境や獣医医療の改善で、長寿の犬が増えていますが、その反面、さまざまながんにかかる犬も増えているのが現状です。

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • CONTENTS
  • 本書の使い方
  • CHAPTER 1 がんと生きるごはんのポイント
  • がんの基礎知識1 がんを抱えた体に必要な栄養素とは ?
  • がんの基礎知識2 がんの引き金になりかねない要素を知っておこう
  • がんと生きる食材選び1 腸内環境を整える食材で免疫力をアップ
  • がんと生きる食材選び2 血流を整え体を温める食材で四季に合わせたケアを
  • がんと生きる食材選び3 抗酸化作用のある食材で老化の原因の活性酸素を除去
  • がんと生きる食材選び4 デトックスを助ける食材で体内の毒素を排出
  • がんと生きる食材選び5 がん予防効果の高い食品をまとめたデザイナーフーズ・ピラミッド
  • がんと生きる日々のケア 栄養バランスよりも大切な水分補給をしっかり !
  • がんと生きる手作りごはんの基本1 がんを抱える体に合った食事の分量と割合って ?
  • がんと生きる手作りごはんの基本2 体調や症状に合わせた食材選びと作り方の流れ
  • がんと生きる手作りごはんの基本3 知っておくべき基本ルールと危険な食材
  • COLUMN 食材の酸化を防ぐための保存方法を知っておこう
  • がんと生きた犬たちとのこと _ 1 「ナジャにできたがんもナジャ」体の一部として共存してきた4年間
  • CHAPTER 2 がんと生きる旬の毎日ごはんレシピ
  • 四季の体の状態に合わせて旬の食材を取り入れよう
  • ごはんの煮汁に使いたい毒出しスープの作り方
  • 1月 幸せホルモン増し増しレシピ
  • 2月 体を温め血流をアップするレシピ
  • 3月 肝臓を整える春のデトックスレシピ
  • 4月 気圧の変化に負けない自律神経を整えるレシピ
  • 5月 胃腸を整え気温の変化に影響されないレシピ
  • 6月 湿気撃退 ! 免疫力キープレシピ
  • 毎日1~3回与えたい抗酸化・排出・殺菌の間食
  • 最後にちょい足しするだけで免疫力アップできる便利なトッピング
  • 7月 夏野菜で暑さ対策レシピ
  • 8月 芯部を温めるエアコン対策レシピ
  • 9月 夏の疲れ取りの抗酸化作用アップレシピ
  • 10月 肺や呼吸器を整える乾燥対策レシピ
  • 11月 寒さに負けない体作りレシピ
  • 12月 今年の汚れは今年のうちに ! 血液浄化レシピ
  • COLUMN がんと生きる犬ごはんに取り入れたい栄養素5
  • COLUMN 今までの経験上、助けられたサプリメント
  • がんと生きた犬たちとのこと _ 2 犬ごはんを通じて感じる動植物の持つ力
  • CHAPTER 3 テンション & 免疫力アップの簡単おやつレシピ
  • 1 水分補給の簡単スムージー2レシピ
  • 2 レンチンでできる、体温アップの2レシピ
  • 3 夏の水分補給に ! 寒天を使った2レシピ
  • 4 つるんと食べられる、くずを使った2レシピ
  • COLUMN 薬を飲ませるときに活躍する水切りヨーグルト
  • がんと生きた犬たちとのこと _ 3 犬の体にとって大切なことを身をもって教えてくれたナジャ
  • CHAPTER4 食べてくれないときの食欲アップ大作戦
  • 作戦1 調理法によって嗜好性をアップ !
  • 作戦2 いつものごはんを食欲アップするふりかけ
  • 作戦3 ごはんを食べてくれないときの即席レシピ4
  • 作戦4 水分 & 栄養補給のスープレシピ4
  • 作戦5 香り付けして嗜好性をアップする薫製
  • COLUMN 自宅でできる食欲アップ & 血流アップのけいらくボディケア
  • COLUMN 補助療法として注目される「丸山ワクチン」とは ?
  • プロフィール
  • 付録「がんと生きる犬におすすめの食材 早見表」の活用方法
  • 付録 がんと生きる犬におすすめの食材 早見表
  • 冊子版奥付
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

プロフィール

P.140 掲載の参考文献
『心と体をいやす食材図鑑』アマンダ・アーセル 著 (TBSブリタニカ)
『七訂食品成分表 2018』 (女子栄養大学出版部)
『栄養素図鑑と食べ方テク』中村丁次監修 (朝日新聞出版)
『犬と猫のからだのしくみ』POL & 浅野妃美・浅野隆司著 (インターズー)
『動物の栄養』唐澤豊編 (文永堂出版)
『休み時間の免疫学』齋藤紀先著 (講談社)
『中国医学』 (東方医療振興財団)
『自然治癒力を高めるドッグ・ホリスティックガイド』 Wendy Volhard, Kerry Brown著, 鷲巣誠訳 (メディカルサイエンス社)
「がんを伴うイヌとネコの栄養管理法」小林哲也 著『ペット栄養学会誌』23巻 (2020) 1号 (日本ペット栄養学会) 所収
「カロリーSlism」 https://calorie.slism.jp/
「食品成分データベース」 https://fooddb.mext.go.jp/
「日本自律神経病研究会」http://immunity-club.com/

最近チェックした商品履歴

Loading...