泌尿器科薬剤の考え方、使い方 改訂2版

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2022-07-14
分野: 臨床医学:外科  >  泌尿器科学
ISBN: 9784498064379
電子書籍版: 2022-07-15 (2版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

5,060 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

5,060 円(税込)

商品紹介

排尿障害・腫瘍・感染症を1冊で網羅した好評書に新規承認薬が加わりアップデート.フローチャートと表で適応,用法・用量,処方の注意点や評価項目,推奨グレードや薬剤選択の順序がひと目でわかる! 数あるガイドラインの薬剤の部分をかみ砕いてまとめた泌尿器科医だけでなくプライマリケアやクリニック,研修医にも役立つ必携書!

目次

  • 第1章 排尿障害(下部尿路機能障害)

     A.前立腺肥大症
      1.総論
      2.α₁遮断薬
       COLUMN 術中虹彩緊張低下症候群
      3.PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬
      4.5α還元酵素阻害薬
      5.併用薬物療法
       COLUMN 併用療法後の単剤治療への変更は可能か
      6.その他の薬剤(前立腺肥大症に保険適用のある)

     B.過活動膀胱
      1.総論
      2.β₃作動薬
       COLUMN β₃作動薬と排尿機能
      3.抗コリン薬
      4.併用薬物療法
       COLUMN ポリファーマシー
      5.その他の薬剤

     C.夜間頻尿
      1.総論
      2.β₃作動薬
      3.抗コリン薬
      4.α₁遮断薬
      5.PDE5阻害薬
      6.利尿薬
      7.デスモプレシン
      8.その他の薬剤

     D.その他の日常よく遭遇する下部尿路機能障害
      1.間質性膀胱炎・膀胱痛症候群での薬の使い方
      2.糖尿病による神経因性膀胱での薬の使い方
      3.脳血管障害による神経因性膀胱での薬の使い方
      4.排尿筋低活動での薬の使い方
      5.小児夜尿症での薬の使い方

    第2章 泌尿器腫瘍

     A.前立腺がん
      1.総論
      2.LHRHアゴニスト,GnRHアンタゴニスト
      3.抗アンドロゲン薬
      4.CYP17阻害薬(アビラテロン)
      5.RI治療薬〔塩化ラジウム(ゾーフィゴ)〕
      6.PARP阻害薬(オラパリブ)
      7.Taxane系抗がん剤(ドセタキセルとカバジタキセル)
      8.対症療法・その他前立腺がんに関する薬物療法
      9.その他前立腺がんに関する薬物療法

     B.尿路上皮がん
      1.総論
      2.抗がん剤膀胱内注入療法
      3.BCG膀胱内注入療法
      4.GC(ゲムシタビン/シスプラチン)療法
      5.MVAC療法とその他全身化学療法
      6.PD-1/PD-L1阻害薬
      7.エンホルツマブ  ベドチン
      C.腎がん
      1.総論
      2.TKI
      3.mTOR阻害薬
      4.免疫チェックポイント阻害薬
      5.免疫チェックポイント阻害薬+チロシンキナーゼ阻害薬
      6.サイトカイン療法

    第3章 尿路感染症・性器感染症

     A.膀胱炎
      1.総論
      2.βラクタム系経口抗菌薬(BLI配合ペニシリン系・セフェム系)
      3.キノロン系経口抗菌薬
      4.ESBL産生菌に有効な経口抗菌薬
      5.その他の経口抗菌薬
       COLUMN 再発予防
       COLUMN 複雑性膀胱炎(カテーテル非留置症例)の治療
       COLUMN 無症候性細菌尿

     B.腎盂腎炎
      1.総論
      2.βラクタム系経口抗菌薬(セフェム系・BLI配合ペニシリン系)
      3.キノロン系経口抗菌薬
      4.βラクタム系注射抗菌薬(セフェム系・BLI配合セフェム系・BLI配合ペニシリン系)
      5.カルバペネム系注射抗菌薬
      6.キノロン系注射抗菌薬
      7.その他の注射抗菌薬(アミノグリコシドなど)
       COLUMN 尿路閉塞を伴う腎盂腎炎の治療
       COLUMN 重症度分類

     C.細菌性前立腺炎
      1.総論
      2.βラクタム系経口抗菌薬
      3.キノロン系経口抗菌薬
      4.βラクタム系注射抗菌薬
      5.カルバペネム系注射抗菌薬
      6.キノロン系注射抗菌薬
      7.その他の抗菌薬
       COLUMN 尿閉患者に対する排尿管理は膀胱瘻か? それとも尿道カテーテルか?
       COLUMN 泌尿器科的な外科的介入は必要か?
       COLUMN 経直腸的前立腺生検における予防抗菌薬, 生検後前立腺炎に対する治療は?

     D.精巣上体炎
      1.総論
      2.βラクタム系経口抗菌薬
      3.キノロン系経口抗菌薬
      4.テトラサイクリン系抗菌薬(経口/注射)
      5.βラクタム系注射薬(カルバペネム系を除く)
      6.カルバペネム系注射抗菌薬
      7.キノロン系注射抗菌薬
      8.その他の抗菌薬
       COLUMN 細菌性前立腺炎を合併している症例に対する対処は?
       COLUMN 治癒判定はどのように行うか? 硬結が消えるまで治療が必要か?

     E.慢性前立腺炎
      1.総論
       COLUMN 慢性前立腺炎の分類
      2.抗菌薬
      3.α₁遮断薬
      4.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)・その他解熱鎮痛剤
      5.セルニチンポーレンエキス
      6.その他の併用可能な薬剤(筋弛緩薬,消炎酵素薬など)
       COLUMN 2グラステストは必須か?
       COLUMN 前立腺マッサージの有用性
       COLUMN 治療における留意点
       COLUMN 治療効果判定について

     F.淋菌性尿道炎
      1.総論
      2.薬剤の種類と実際の用法
       COLUMN アジスロマイシン(ジスロマック®:AZM)
       COLUMN 淋菌の性器外感染と治療

     G.非淋菌性尿道炎
      1.総論
      2.非淋菌性尿道炎としての第1選択薬
      3.マクロライド系抗菌薬
      4.ニューキノロン系抗菌薬
       COLUMN Mollicutes網に属する細菌の病原性

     H.梅毒
      1.総論
      2.薬剤の種類と実際の用法
       COLUMN 梅毒患者数の増加

     I.性器ヘルペス
      1.総論
      2.薬剤の種類と実際の用法
      J.尖圭コンジローマ
      1.総論
      2.薬剤の種類と実際の用法
      3.その他の治療法

     K.尿路性器結核
      1.総論
       COLUMN 感染尿の取扱い,患者隔離の必要性
       COLUMN 結核発見の遅れ(Total delay)
       COLUMN 外科的切除との併用療法
       COLUMN 服薬コンプライアンスを向上させる工夫
       COLUMN BCG感染時の化学療法
      2.リファンピシン
      3.イソニアジド
       COLUMN 減感作療法
      4.ピラジナミド
      5.ストレプトマイシン
      6.エタンブトール
      7.キノロン系経口抗菌薬
       COLUMN 多剤耐性結核に対する併用療法

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 排尿障害 ( 下部尿路機能障害 )

P.20 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会, 編. 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2017.
4) Yoshida M, Takeda M, Gotoh M, et al. Vibegron, a novel potent and selective β(3) -adrenoreceptor agonist, for the treatment of patients with overactive bladder : A randomized, double-blind, placebo-controlled phase 3 study. Eur Urol. 2018 ; 73 : 783-90.
5) Ichihara K, Masumori N, Fukuta F, et al. A randomized controlled study of the efficacy of tamsulosin monotherapy and its combination with mirabegron for overactive bladder induced by benign prostatic obstruction. J Urol. 2015 ; 193 : 921-6.
6) Kakizaki H, Lee KS, Yamamoto O, et al. Mirabegron add-on therapy to tamsulosin for the treatment of overactive bladder in men with lower urinary tract symptoms : A randomized, placebo-controlled study (MATCH). Eur Urol Focus. 2020 ; 6 : 729-37.
P.38 掲載の参考文献
1) 日本排尿機能学会過活動膀胱ガイドライン作成委員会, 編. 過活動膀胱診療ガイドライン. 第2版. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2015.
2) 日本排尿学会/日本泌尿器科学会, 編. 女性下部尿路症状診療ガイドライン. 第2版. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2019.
P.59 掲載の参考文献
3) 日本排尿機能学会過活動膀胱診療ガイドライン作成委員会, 編. 過活動膀胱診療ガイドライン. 第2版. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2015.
4) 白川修一郎. 高齢者の睡眠障害と夜間頻尿. Urology View. 2005 ; 3 : 18-22.
5) 日本排尿機能学会夜間頻尿診療ガイドライン作成委員会, 編. 夜間頻尿診療ガイドライン. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2009.
6) 日本排尿機能学会/日本泌尿器科学会, 編. 夜間頻尿診療ガイドライン 第2版. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2020.
7) 日本泌尿器科学会, 編. 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2017.
8) 三島和夫 (睡眠薬の適正使用及び減量・中止のための診療ガイドラインに関する研究班), 編. 睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン. 東京 : じほう ; 2014.
10) Yoshida M, Takeda M, Gotoh M, et al. Efficacy of novel β3-adrenoreceptor agonist vibegron on nocturia in patients with overactive bladder : a post-hoc analysis of a randomized, double-blind, placebo-controlled phase 3 study. Int J Urol. 2019 ; 26 : 369-75.
15) Cho MC, Ku JH, Paick JS. α-blocker plus diuretic combination therapy as second-line treatment for nocturia in men with LUTS : a pilot study. Urology. 2009 ; 73 : 549-53.
17) Ferring AB. Desmopressin (MinirinR, DDAVPR) : focus on urological indications. Chester : Adis International ; 1998.
19) Yamaguchi O, Juul KV, Falahati A, et al. Efficacy and safety of 25 and 50μg desmopressin orally disintegrating tablets in Japanese patients with nocturia due to nocturnal polyuria : results from two phase 3 studies of a multicenter randomized double-blind placebo-controlled parallel-group development program. Low Urin Tract Symptoms. 2019. [Epub ahead of print]
22) 内村直尚. 高齢者における夜間頻尿による不眠. Geriatric Medicine. 2015 ; 53 : 1085-8.
P.73 掲載の参考文献
1) 日本間質性膀胱炎研究会・日本泌尿器科学会. 間質性膀胱炎・膀胱痛症候群診療ガイドライン. 東京 : リッチヒルメディカル ; 2019.
2) 日本夜尿症学会. 夜尿症診療ガイドライン 2016. 東京 : 診断と治療社 ; 2016.

第2章 泌尿器腫瘍

P.91 掲載の参考文献
1) Huggins C, Hodges V. The effect of castration, of estrogen and androgen injection on serum phosphates in metastatic carcinoma of the prostate. Cancer Res. 1941 ; 1 : 293-7.
2) 日本泌尿器科学会, 編. 前立腺癌診療ガイドライン 2016年版. 大阪 : メディカルレビュー社 ; 2016.
5) Parker CC, James ND, Brawley CD, et al. Systemic Therapy for Advanced or Metastatic Prostate cancer : Evaluation of Drug Efficacy (STAMPEDE) investigators. Radiotherapy to the primary tumour for newly diagnosed, metastatic prostate cancer (STAMPEDE) : a randomised controlled phase 3 trial. Lancet. 2018 ; 392 : 2353-66.
7) Klotz L, Boccon-Gibod L, Shore ND, et al.The efficacy and safety of degarelix : a 12-month, comparative, randomized, open-label, parallel-group phase III study in patients with prostate cancer. BJU Int. 2008 ; 102 : 1531-8.
10) Hussain M, Fizazi K, Saad F, et al. Enzalutamide in men with nonmetastatic, castration-resistant prostate cancer. N Engl J Med. 2018 ; 378 : 2465-74.
11) Armstrong AJ, Szmulewitz RZ, Petrylak DP, et al. ARCHES : A randomized, phase III study of androgen deprivation therapy with enzalutamide or placebo in men with metastatic hormone-sensitive prostate cancer. J Clin Oncol. 2019 ; 37 : 2974-86.
12) Davis ID, Martin AJ, Stockler MR, et al. Enzalutamide with standard first-line therapy in metastatic prostate cancer. N Engl J Med. 2019 ; 381 : 121-31.
13) Gillessen S, Attard G, Beer TM, et al. Management of patients with advanced prostate cancer : The Report of the Advanced Prostate Cancer Consensus Conference APCCC 2017. Eur Urol. 2018 ; 73 : 178-211.
15) Chi KN, Agarwal N, Bjartell A, et al. Apalutamide for metastatic, castration-sensitive prostate cancer. N Engl J Med. 2019 ; 381 : 13-24.
16) Fizazi K, Shore N, Tammela TL, et al. Nonmetastatic, castration-resistant prostate cancer and survival with darolutamide. N Engl J Med. 2020 ; 383 : 1040-9.
17) Fizazi K, Scher HI, Molina A, et al. Abiraterone acetate for treatment of metastatic castration-resistant prostate cancer : final overall survival analysis of the COUAA-301 randomised, double-blind, placebo-controlled phase 3 study. Lancet Oncol. 2012 ; 13 : 983-992.
P.106 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会, 編. 前立腺癌診療ガイドライン 2016年版. 大阪 : メディカルレビュー社 ; 2016.
3) Gillessen S, Attard G, Beer TM, et al. Management of patients with advanced prostate cancer : The report of the Advanced Prostate Cancer Consensus Conference APCCC 2017. Eur Urol. 2018 ; 73 : 178-211.
5) de Bono J, Mateo J, Fizazi K, et al. Olaparib for metastatic castration-resistant prostate cancer. N Engl J Med. 2020 ; 382 : 2091-102.
6) Hussain M, Mateo J, Fizazi K, et al. Survival with olaparib in metastatic castration-resistant prostate cancer. N Engl J Med. 2020 ; 383 : 2345-57.
7) 日本泌尿器科学会. 前立腺癌におけるPARP 阻害剤のコンパニオン診断を実施する際の考え方 (見解書). 改訂第2版. 2021.
8) Ku SY, Gleave ME, Beltran H. Towards precision oncology in advanced prostate cancer. Nat Rev Urol. 2019 ; 16 : 645-54.
12) Kamiya N, Suzuki H, Ueda T, et al. Clinical outcomes by relative docetaxel dose and dose intensity as chemotherapy for Japanese patients with castration-resistant prostate cancer : a retrospective multi-institutional collaborative study. Int J Clin Oncol. 2014 ; 19 : 157-64.
13) 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会, 編. 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2015年版. 東京 : ライフサイエンス出版 ; 2015.
16) 日本泌尿器科学会, 編. 前立腺癌診療ガイドライン 2012年版. 東京 : 金原出版 ; 2012.
P.118 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会, 編. 膀胱癌診療ガイドライン 2019年版. 東京 : 医学図書出版 ; 2019.
2) 田中勝. アルキル化薬, 抗生物質. In : 日本臨床腫瘍学会, 編. 新臨床腫瘍学 改訂第5版. 東京 : 南江堂 ; 2018. p.266-72.
3) 高橋信. トポイソメラーゼ阻害薬. In : 日本臨床腫瘍学会, 編. 新臨床腫瘍学 改訂第5版. 東京 : 南江堂 ; 2018. p.282-7.
7) NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology. Bladder Cancer Version 4. 2019-July 10, 2019.
8) イムノブラダー(R) 膀注用80mg イムノブラダー(R) 膀注用40mg 添付文書. 2015年11月改訂 (第8版).
9) 日本泌尿器科学会. 泌尿器科領域における感染制御ガイドライン. 2009.
P.134 掲載の参考文献
1) Witjes JA, Bruins HM, Cathomas R, et al. EAU Guidelines on muscle-invasive and metastatic bladder cancer. European Association of Urology 2020.
3) 福井巖, 監修. 湯浅健, 編集. 最新化学療法レジメン-泌尿器がん. 東京 : メジカルビュー社 ; 2011.
4) 日本泌尿器科学会, 編集. 膀胱癌診療ガイドライン 2019年版. 東京 : 医学図書出版 ; 2019.
6) Bellmunt J, Albanell J, Paz-Ares L, et al. Pretreatment prognostic factors for survival in patients with advanced urothelial tumors treated in a Phase I/II trial with paclitaxel, cisplatin, and gemcitabine. Cancer. 2002 ; 95 : 751-7.
7) Yuasa T, Urasaki T, Oki R. Recent advances in medical therapy for urological cancers. Front Oncol. 2022 ; 12 : 746922.
9) Ogawa M, Yamamoto S, Inoue T, et al. Phase II study of second-line chemotherapy with paclitaxel, gemcitabine, and cisplatin for advanced urothelial carcinoma. Anticancer Res. 2020 ; 40 : 1613-8.
10) Fujiwara M, Yuasa T, Urasaki T, et al. Effectiveness and safety profile of pembrolizumab for metastatic urothelial cancer : A retrospective single-center analysis in Japan. Cancer Rep. 2021 May 2 : e1398. doi : 10.1002/cnr2.1398. Online ahead of print.
11) Powles T, Park SH, Voog E, et al. Avelumab maintenance therapy for advanced or metastatic urothelial carcinoma. N Engl J Med. 2020 ; 383 : 1218-30.
12) Bellmunt J, de Wit R, Vaughn DJ, et al. KEYNOTE-045 Investigators. Pembrolizumab as second-line therapy for advanced urothelial carcinoma. N Engl J Med. 2017 ; 376 : 1015-26.
13) Bajorin DF, Witjes JA, Gschwend JE, et al. Adjuvant nivolumab versus placebo in muscle-invasive urothelial carcinoma. N Engl J Med. 2021 ; 384 : 2102-14.
14) Alt M, Stecca C, Tobin S, et al. Enfortumab vedotin in urothelial cancer. Ther Adv Urol. 2020 ; 12 : 1-10.
15) Lattanzi M, Rosenberg JE. The emerging role of antibody-drug conjugates in urothelial carcinoma. Expert Rev Anticancer Ther. 2020 ; 20 : 551-61.
16) Powles T, Rosenberg JE, Sonpavde GP, et al. Enfortumab vedotin in previously treated advanced urothelial carcinoma. N Engl J Med. 2021 ; 384 : 1125-35.
P.146 掲載の参考文献
1) Heng DY, Xie W, Regan MM, et al. Prognostic factors for overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with vascular endothelial growth factor-targeted agents : results from a large, multicenter study. J Clin Oncol. 2009 ; 27 : 5794-9.
4) Motzer RJ, Barrios CH, Kim TM, et al. Phase II randomized trial comparing sequential first-line everolimus and second-line sunitinib versus first-line sunitinib and second-line everolimus in patients with metastatic renal cell carcinoma. J Clin Oncol. 2014 ; 32 : 2765-72.
11) Kondo T, Takagi T, Kobayashi H, et al. Superior tolerability of altered dosing schedule of sunitinib with 2-weeks-on and 1-week-off in patients with metastatic renal cell carcinoma-comparison to standard dosing schedule of 4-weeks-on and 2-weeks-off. Jpn J Clin Oncol. 2014 ; 44 : 270-7.
P.166 掲載の参考文献
5) Choueiri TK, Powles T, Burotto M, et al. Nivolumab plus cabozantinib versus sunitinib for advanced renal-cell carcinoma. N Engl J Med. 2021 ; 384 : 829-41.

第3章 尿路感染症・性器感染症

P.181 掲載の参考文献
2) Ishikawa K, Hamasuna R, Uehara S, et al. Japanese nationwide surveillance in 2011 of antibacterial susceptibility patterns of clinical isolates from complicated urinary tract infection cases. J Infect Chemother. 2015 ; 21 : 623-33.
3) 荒川創一, 石川清仁, 清田浩, 他. 尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン-第2版-. 日本化学療法学会雑誌. 2016 ; 64 : 479-93.
4) JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 編. XI 尿路感染症. JAID/JSC感染症治療ガイド 2019. 東京 : ライフサイエンス出版 ; 2019. p.202-20.
P.200 掲載の参考文献
1) 荒川創一, 笠井正志, 河合伸, 他. JAID/JSC感染症治療ガイドライン 2017-敗血症およびカテーテル関連血流感染症-. 日本感染症学会, 日本化学療法学会, JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 敗血症ワーキンググループ.
4) 山本新吾, 石川清仁, 速見浩士, 他. JAID/JSC感染症治療ガイドライン 2015-尿路感染症・男性性器感染症-. 日本感染症学会, 日本化学療法学会, JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 尿路感染症・男性性器感染症ワーキンググループ.
8) 大曲貴夫. 薬剤耐性 (AMR) 対策アクションプラン 2016-2020. 日内会誌. 2017 ; 106 : 2259-64.
P.215 掲載の参考文献
1) Bonkat G, Pickard R, Bartoletti R, et al. EAU guidelines on urological infections. 2019. https://uroweb.org/guideline/urological-infections/
3) 和田耕一郎. ESBL産生菌感染症-新薬タゾバクタム/セフトロザンの有用性と今後の治療展望. 感染と抗菌薬. 2019 ; 22 : 155-61.
4) 神田裕子. 新規キノロン系抗菌薬シタフロキサシンの薬理学的特性と臨床効果. 日薬理誌. 2009 ; 133 : 43-51.
5) 吉川晃司, 森武潤, 鈴木鑑, 他. 尿路由来基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生大腸菌の検出状況および薬剤感受性の検討. 日本化学療法学会雑誌. 2014 ; 62 : 198-203.
6) Frimodt-Moller N. Correlation between pharmacokinetic pharmacodynamic parameters and efficacy for antibiotics in the treatment of urinary tract infection. Int J Antimicrob Agents. 2002 ; 19 : 546-53.
10) JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 編. XII 性器感染症. JAID/JSC感染症治療ガイド 2019. 東京 : ライフサイエンス出版 ; 2019. p.221-9.
12) 定平卓也, 和田耕一郎, 上原慎也, 他. Levofloxacin 500mg 単回投与における前立腺組織移行性の検討. 日本化学療法学会雑誌. 2015 ; 63 : 406-10.
13) 荒川宜親. カルバペネム耐性腸内細菌科細菌 (carbapenem-resistant Enterobacteriaceae, CRE) 等 新型多剤耐性菌のグローバル化と臨床的留意点. 日本化学療法学会雑誌. 2015 ; 63 : 187-97.
14) 堀誠治. 抗菌薬の副作用とその発現機序. 日本化学療法学会雑誌. 2004 ; 52 : 293-303.
15) 鈴木康義, 豊田精一, 加藤慎之介, 他. 硫酸アミカシン静脈内使用時の前立腺組織内移行に関する検討. 日本化学療法学会雑誌. 1988 ; 36 : 554-7.
21) 日本泌尿器科学会, 編. 各論 8 前立腺生検. 泌尿器科領域における周術期感染予防ガイドライン 2015. 大阪 : メディカルレビュー社 ; 2016. p.65-8.
22) Sadahira T, Wada K, Araki M, et al. Impact of selective media for detecting fluoroquinolone-insusceptible/extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli before transrectal prostate biopsy. Int J Urol. 2017 ; 24 : 842-7.
P.231 掲載の参考文献
2) 吉川晃司, 森武潤, 鈴木鑑, 他. 尿路由来基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生大腸菌の検出状況および薬剤感受性の検討. 日本化学療法学会雑誌. 2014 ; 62 : 198-203.
3) 和田耕一郎. ESBL産生菌感染症-新薬タゾバクタム/セフトロザンの有用性と今後の治療展望. 感染と抗菌薬. 2019 ; 22 : 155-61.
7) 日本性感染症学会編ガイドライン委員会. 性感染症診断・治療ガイドライン 2016 (改訂版). 日本性感染症学会誌. 2016 ; 27 : (1 Suppl).
13) Bonkat G, Pickard R, Bartoletti R, et al. EAU guidelines on urological infections. 2019. https://uroweb.org/guideline/urological-infections/
14) JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 編. XII 性器感染症. JAID/JSC感染症治療ガイド 2019. 東京 : ライフサイエンス出版 ; 2019. p.221-9.
16) 神田裕子. 新規キノロン系抗菌薬シタフロキサシンの薬理学的特性と臨床効果. 日薬理誌. 2009 ; 133 : 43-51.
18) 堀誠治. 抗菌薬の副作用とその発現機序. 日本化学療法学会雑誌. 2004 ; 52 : 293-303.
P.247 掲載の参考文献
P.255 掲載の参考文献
P.264 掲載の参考文献
5) Workowski KA, Bachmann LH, Chan PA, et al. Sexually transmitted infections treatment guidelines, 2021. MMWR. 2021 ; 70 : 1-187.
6) 日本性感染症学会. 性感染症診断・治療ガイドライン 2020. 東京 : 診断と治療社 ; 2020.
P.272 掲載の参考文献
1) 日本性感染症学会. 性感染症診断・治療ガイドライン 2020. 東京 : 診断と治療社 ; 2020.
2) 日本性感染症学会梅毒委員会梅毒診療ガイド作成小委員会. 梅毒診療ガイド. <http://jssti.umin.jp/pdf/syphilis-medical_guide.pdf> 2018.
5) 井戸田一朗. HIV陽性者における梅毒診断治療と対策. J AIDS Res. 2018 ; 20 : 19-24.
6) Workowski KA, Bachmann LH, Chan PA, et al. Sexually transmitted infections treatment guidelines, 2021. MMWR. 2021 ; 70 : 1-187.
8) Nishijima T, Kawana K, Fukasawa I, et al. Effectiveness and tolerability of oral amoxicillin in pregnant women with active syphilis, Japan, 2010-2018. Emerg Infect Dis. 2020 ; 26 : 1192-200.
P.278 掲載の参考文献
P.283 掲載の参考文献
P.302 掲載の参考文献
1) 財団法人結核予防会. 結核の統計 2018. 東京 : 財団法人結核予防会 ; 2019. http://www.jata.or.jp/rit/ekigaku/toukei/nenpou/
2) Core Curriculum on Tuberculosis. What the Clinician Should Know, 2013. Division of Tuberculosis Elimination in CDC. https://www.cdc.gov/tb/education/corecurr/pdf/corecurr_all.pdf
3) 国立大学医学部附属病院感染対策協議会, 編集. 感染経路別予防策 : 病院感染対策ガイドライン 2018. 東京 : じほう ; 2018. p.21-53.
4) 国立大学医学部附属病院感染対策協議会, 編集. 結核 : 病原体別感染対策 : 病院感染対策ガイドライン 2018. 東京 : じほう ; 2018. p.55-71.
5) Guidelines for the investigation of contacts of persons with infectious tuberculosis. Recommendations from the National Tuberculosis Controllers Association and CDC. MMWR, 2005 ; 54 : RR-15.
9) Ohmori M, Ozasa K, Mori T, et al. Trends of delays in tuberculosis case finding in Japan and associated factors. Int J Tuberc Lung Dis. 2005 ; 9 : 999-1005.
10) 久米春喜. 尿路性器結核の手術療法. 泌尿器外科. 2008 ; 21 : 461-3.
11) 日本結核病学会治療委員会. 「結核医療の基準」の改訂-2018年. Kekkaku. 2018 ; 93 : 61-8.
12) Shishido Y, Mitarai S, Otomo K, et al. Anti-tuberculosis drug susceptibility testing of Mycobacterium bovis BCG Tokyo strain. Int J Tuberc Lung Dis. 2007 ; 11 : 1334-8.
14) アルフレッサ ファーマ株式会社. イスコチン原末 医薬品インタビューフォーム. 2019年3月作成 (第1版).
15) 第一三共株式会社. リファジンカプセル150mg 医薬品インタビューフォーム. 2019年2月改訂 (第15版).
16) 日本結核病学会治療委員会. 抗結核薬の減感作療法に関する提言. 結核. 1997 ; 72 : 697-700.
17) アルフレッサ ファーマ株式会社. ピラマイド原末 医薬品インタビューフォーム. 2019年3月作成 (第1版).
18) Meiji Seikaファルマ株式会社. 硫酸ストレプトマイシン注射用1g 医薬品インタビューフォーム. 2019年7月改訂 (第8版).
19) サンド株式会社. エサンブトール錠125mg 医薬品インタビューフォーム. 2016年10月改訂 (第13版).
20) 第一三共株式会社. クラビット錠250mg 医薬品インタビューフォーム. 2019年11月改訂 (第16版).

最近チェックした商品履歴

Loading...