造血幹細胞移植診療実践マニュアル 第2版

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2022-07-25
分野: 臨床医学:内科  >  血液
ISBN: 9784524231744
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

5,500 円(税込)

商品紹介

造血幹細胞移植診療全体をカバーした決定版マニュアル,待望の改訂版.本領域のエキスパートである著者が,事前準備・移植の実際・移植後の合併症管理・各疾患別の診療の実際に加え,本領域の論文の読み方と統計のポイントを,膨大なエビデンスと自らの豊富な経験に基づいて丁寧に解説.新規薬剤の導入,HLA半合致ドナーやHLA1抗原不適合ドナーによる移植,移植に伴う合併症の考え方などを含めて最新のエビデンスを多数反映したほか,造血幹細胞移植関連の論文の読み方と統計の内容も大幅にアップデート.造血幹細胞移植に携わる全スタッフ必携の一冊.

目次

  • 略語一覧

    第I章 移植実施の決定
     A. 造血幹細胞移植の原理と流れ
     B. 自家移植と同種移植の比較
     C. 造血幹細胞移植の流れと合併症
     D. 移植適応の考え方
     E. HLA 検査
     F. 同種造血幹細胞移植のドナーの選択
     G. 骨髄移植と末梢血幹細胞移植の比較

    第II章 移植の準備(移植計画の決定~幹細胞輸注)
     A. 移植の準備と移植コーディネーター
     B. 医療費
     C. ドナーの準備
     D. 患者の準備
     E. 移植前処置の決定
     F. 妊孕性の温存
     G. 急性GVHD 予防法の決定
     H. 無菌管理・移植後早期感染症予防法の決定
     I. 輸血対策の決定
     J. 栄養管理の決定
     K. 心理的サポート
     L. リハビリテーション

    第III章 移植後合併症の管理
     A. 前処置関連毒性(RRT)の評価と対応
     B. 肝中心静脈閉塞症(VOD)/ 類洞閉塞症候群(SOS)
     C. 移植後の疼痛管理
     D. 移植後早期の細菌・真菌感染症対策
     E. 生着不全
     F. キメリズム解析
     G. 生着症候群,生着前免疫反応
     H. 急性GVHD の診断と治療
     I. 移植関連血栓性微小血管症(TA-TMA)
     J. 移植後中後期の感染症対策
     K. 慢性GVHD の診断と治療
     L. 非感染性肺合併症
     M. 晩期合併症対策
     N. 移植後再発の予防と治療

    第IV章 各血液疾患に対する造血幹細胞移植
    1 急性骨髄性白血病(AML)[急性前骨髄球性白血病(AML M3)を除く]
     A. 予後予測因子
     B. 標準化学療法
     C. 第一寛解期における造血幹細胞移植の適応
     D. 第一寛解期AML における薬物療法と造血幹細胞移植を比較した臨床決断分析
     E. 第一寛解期AML に対する自家造血幹細胞移植
     F. 再発後の治療
     G. 高齢者AML に対する同種造血幹細胞移植
     H. 急性前骨髄球性白血病(APL)
    2 急性リンパ性白血病(ALL)
     A. 予後予測因子
     B. 標準化学療法 258M. 幹細胞輸注
     C. 第一寛解期Ph 染色体陰性ALL に対する造血幹細胞移植の適応
     D. 第一寛解期ALL における薬物療法と造血幹細胞移植を比較した臨床決断分析
     E. 第一寛解期ALL に対する自家造血幹細胞移植
     F. 再発後の治療
     G. ミニ移植
     H. 第一寛解期Ph 染色体陽性ALL に対する造血幹細胞移植
     I. Ph 染色体陽性ALL に対するミニ移植
     J. Ph 染色体陽性ALL に対する同種移植後のチロシンキナーゼ阻害薬
    3 骨髄異形成症候群(MDS)
     A. 予後予測因子
     B. 移植以外の治療
     C. 同種造血幹細胞移植の適応
     D. 造血幹細胞移植前の芽球減少治療の妥当性
     E. 自家移植
     F. ミニ移植
    4 慢性骨髄性白血病(CML)
     A. 予後予測因子
     B. 薬物療法
     C. 造血幹細胞移植の適応
     D. ミニ移植
    5 悪性リンパ腫(ML)
    5-1. びまん性大細胞型B 細胞リンパ腫(DLBCL)
     A. 予後予測因子
     B. 薬物療法
     C. 自家移植の適応
     D. 自家移植におけるBMT とPBSCT の比較
     E. 同種移植の適応
     F. ミニ移植
    5-2. 濾胞性リンパ腫(FL)
     A. 予後予測因子
     B. 化学療法
     C. 自家移植の適応
     D. 同種移植の適応
     E. ミニ移植
    5-3. Hodgkin リンパ腫(HL)
     A. 予後予測因子
     B. 自家移植の適応
     C. 同種移植の適応
     D. ミニ移植
    5-4. 末梢性T 細胞リンパ腫(PTCL)
    5-5. マントル細胞リンパ腫(MCL)
    5-6. 成人T 細胞白血病/ リンパ腫(ATLL)
    5-7. そのほかのリンパ腫
    6 多発性骨髄腫
     A. 予後予測因子
     B. 薬物療法
     C. 自家移植
     D. 多発性骨髄腫患者からの自家末梢血幹細胞採取
     E. 多発性骨髄腫に対する同種移植とgraft-versus-myeloma(GVM)効果
     F. ミニ移植
    7 再生不良性貧血
     A. 重症度分類
     B. 薬物療法
     C. 同種造血幹細胞移植
     D. 免疫抑制療法と同種造血幹細胞移植の比較

    第V章 造血幹細胞移植関連の論文の読み方と統計
     A. 造血幹細胞移植領域の統計解析の特殊性
     B. 生存解析の定義
     C. 競合イベント
     D. 時間依存性変数
     E. 臨床決断分析
     F. リスク分類
     G. 交 絡
     H. 多変量解析
     I. 傾向スコア解析
     J. 交互作用
     K. 実際の統計解析の流れ

    巻末付録
     1.ドナーチェックリスト
     2.移植患者チェックリスト(一般的な検査項目を除く)
     3.症状,身体所見,検査所見などに基づく鑑別診断リスト(頻度の高いもの)
     4.日本人における体表面積表
     5.抗微生物薬の腎障害時の減量基準

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...