鍼灸のことが気になったらまず読む本 Q&A 89

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2022-08-09
分野: 臨床医学:一般  >  東洋医学
ISBN: 9784498069329
電子書籍版: 2022-08-09 (1版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

3,520 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,520 円(税込)

商品紹介

医学と鍼灸の架け橋を目指す寺澤佳洋先生(医はき師てらぽん)と豪華執筆陣が,鍼灸を学ぶための超入門書をまとめ上げました.「鍼灸治療にエビデンスはあるんですか?」「鍼灸院は,整骨院や整体院とは違うんですか?」など,誰もが抱く疑問に簡潔に回答していきます.多くの方にとっては「鍼灸を学ぶ最初の一冊」に,医師にとっては「臨床の引き出しのひとつ」に,そして鍼灸師にとっては「地域医療との連携の秘密兵器」に,本書をぜひご活用ください.

目次

  • 第1章 まえがき ~編者の壮大な想い~
    Q1 なぜ本書を作成しようと思ったのですか?
    Q2 “医はき師”って何ですか?
    Q3 本書の読み方,注意点や使い方を教えてください.

    第2章 鍼灸師とは何者か
    Q4 鍼灸師とはどんな人ですか?
    Q5 マッサージ師とは違うんですか?
    Q6 柔道整復師や整体師とも違うんですか?
    Q7 国内に鍼灸師は何人くらいいますか?
    Q8 鍼灸師や鍼灸院により専門とする診療科はありますか?

    第3章 鍼灸診療を知ろう
    Q9 一般的な鍼灸治療の流れを教えてください.
    Q10 1度の治療で治るんですか? 通院の必要がありますか?
    Q11 経絡,経穴について教えてください.
    Q12 鍼灸治療に禁忌はありますか?
    Q13 鍼灸治療はどんな疾患や病態に効果がありますか?
    Q14 鍼灸治療にエビデンスはあるんですか?
    Q15 鍼灸治療の効果発現のメカニズムを教えてください.
    Q16 なぜ鍼灸治療で痛みが改善するのでしょう?
    Q17 鍼治療の副作用にはどんなものがありますか?
    Q18 灸治療の副作用にはどんなものがありますか?

    第4章 鍼灸診療の多様性
    Q19 小児にも鍼灸治療を行いますか?
    Q20 小児に効果の高い鍼灸治療にはどんなものがありますか?
    Q21 妊婦に鍼灸を行っても問題ないでしょうか?
    Q22 不妊治療に鍼灸治療がよいと聞いたことがありますが,本当でしょうか?
    Q23 逆子に鍼灸治療がよいと聞いたことがありますが,本当でしょうか?
    Q24 SNSでタレントが顔面部の鍼を受けている画像をよく見かけますが,
       どのような効果があるのでしょうか?
    Q25 美容鍼について教えてください.
    Q26 スポーツ選手が鍼灸治療を受けているとよく聞きますが,どんな治療をしているのでしょうか.
    Q27 緩和ケア領域における鍼灸治療を教えてください.
    Q28 精神科領域での鍼灸治療に関して教えてください.
    Q29 リハビリ領域での鍼灸治療に関して教えてください.
    Q30 YNSAという治療を聞いたことがあります.どんな治療でしょうか.
    Q31 フェムテックと鍼灸について教えてください.

    第5章 鍼灸師が活躍する場
    Q32 どこで鍼灸を受けられますか?
    Q33 どんな鍼灸師・鍼灸院がオススメですか?
    Q34 鍼灸院は,接骨院や整体院とは違うんですか?
    Q35 大学病院でも鍼灸師が活躍しているって本当ですか?
    Q36 市中病院でも鍼灸師が活躍していますか?
    Q37 診療所やクリニックでも鍼灸師が活躍していますか?
    Q38 訪問鍼灸師,在宅診療での治療の実際を教えてください.
    Q39 研究者としての鍼灸師の役割を教えてください.
    Q40 鍼灸学校教員としての鍼灸師の役割を教えてください.
    Q41 海外での鍼灸の資格はどのようになっていますか?
    Q42 鍼灸師が医学部教授になったと聞いたのですが,本当ですか?
    Q43 災害時における鍼灸師の活動を教えてください.

    第6章 そもそも鍼とは
    Q44 一般的な鍼の長さや太さを教えてください.
    Q45 鍼の素材を教えてください.
    Q46 鍼の先端はどのようになっていますか?
    Q47 鍼の衛生管理はどのようにしていますか?
    Q48 鍼の打ち方に関して教えてください.
    Q49 古代九鍼について教えてください.
    Q50 電気を流す鍼があると聞いたのですが.
    Q51 お灸をつけた鍼を見たことがあるんですが.
    Q52 刺さない鍼もあるんですか?
    Q53 ドライ・ニードリングって何ですか?
    Q54 スポーツ選手が首や肩に貼る鍼を使っているのを見ました.あれも鍼なのでしょうか?
    Q55 耳鍼について教えてください.

    第7章 そもそも灸とは
    Q56 お灸って何からできているんですか?
    Q57 お灸の種類について教えてください.
    Q58 お灸って熱いんですか?
    Q59 お灸で効果が出るメカニズムを教えてください.
    Q60 お灸で火傷しますか?
    Q61 しつけのためにお灸が使われていたことがあるって本当ですか?
    Q62 メジャーリーガーが使用していた火を使わないお灸ってなんですか?
    Q63 お灸は医療資格者以外でも購入や使用は可能なんでしょうか?
    Q64 電気式のお灸もあるのですか?
    Q65 お灸の原料のヨモギを食べることもあるんですか?

    第8章 医師が語る鍼灸
    Q66 医師が鍼灸を知る意義はありますか?
    Q67 家庭医療専門医の立場から鍼灸を取り入れるメリット・デメリットを教えてください.
    Q68 小児科専門医として,鍼灸を取り入れるメリット・デメリットはなんですか?
    Q69 産婦人科専門医として,鍼灸を取り入れるメリットを教えてください.
    Q70 在宅診療の専門医として,鍼灸を取り入れるメリット・デメリットを教えてください.
    Q71 内科クリニック内に鍼灸院を持つメリット・デメリットを教えてください.
    Q72 整形外科と鍼灸院の連携について教えてください.
    Q73 総合診療(界)で著名な藤沼康樹先生! 鍼灸についてどうお考えですか?
    Q74 医師の立ち場で鍼灸をどのように学んだらよいでしょうか.

    第9章 療養費制度について
    Q75 鍼灸って保険診療になるんですか?
    Q76 療養費申請のために,医師,鍼灸師や患者はどうすればいいですか?
    Q77 療養費活用時の注意点を教えてください.

    第10章 関連する団体
    Q78 鍼灸師に関連深い業界団体について教えてください.
    Q79 全日本鍼灸マッサージ師会と日本鍼灸師会の活動について教えてください.
    Q80 全日本鍼灸学会について教えてください.
    Q81 都道府県鍼灸師会の活動について教えてください.
    Q82 日本東洋医学会の鍼灸に関連する活動について教えてください.
    Q83 日本東方医学会の鍼灸に関連する活動について教えてください

    第11章 その他
    Q84 日本での鍼灸の変遷について教えてください.
    Q85 現代に残る刺鍼手技や用具の特徴を教えてください.
    Q86 鍼治療の技術革新について教えてください.
    Q87 鍼灸界(国内)のややマニアな有名人を教えてください.
    Q88 鍼灸界(海外)のややマニアな有名人を教えてください.
    Q89 ラストメッセージをお願いします.

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第2章 鍼灸師とは何者か

P.12 掲載の参考文献
1) 加藤竜司, 鈴木雅雄, 福田文彦, 他. 鍼灸院通院患者の受療状況と満足度に関する横断研究. 全日本鍼灸学会雑誌. 2017 ; 67 : 297-306.
2) 矢野忠, 安野富美子, 藤井亮輔, 他. 最も気になる症状 (国民生活基礎調査「健康票」) の治療であんま・はり・きゅう・柔道整復師 (施術所) にかかっている割合に関する調査 [前編]. 医道の日本. 2019 ; 10 : 123-29.

第3章 鍼灸診療を知ろう

P.14 掲載の参考文献
1) 福田文彦. 医療面接. In : 矢野忠, 他編. 図解鍼灸療法技術ガイド I. 東京 : 文光堂 ; 2012. p. 502-8.
2) 矢野忠. 配穴法. In : 矢野忠, 他編. 図解鍼灸療法技術ガイド I. 東京 : 文光堂 ; 2012. p. 661-5.
P.19 掲載の参考文献
1) WHO/WPRO 標準経穴部位 日本語公式版. 第二次日本経穴委員会, 監訳. 神奈川 : 医道の日本社 ; 2009.
P.20 掲載の参考文献
1) 教科書検討小委員会. リスク管理. In : 公益社団法人東洋療法学校協会編. はりきゅう理論. 第3版. 神奈川 : 医道の日本社 ; 2021. p.29-33.
2) 増山祥子, 山下仁, 辻涼太, 他. がん患者に対する鍼灸治療-臨床的有用性に関するエビデンスと緩和ケアチームでの試行. 日本統合医療学会誌. 2017 ; 10 : 13-9.
3) 山下仁. 副作用情報を整備する. In : 速修現代臨床鍼灸学エッセンス. 神奈川 : 錦房 ; 2020. p.49-54.
P.22 掲載の参考文献
1) Bannerman RH. The World Health Organization viewpoint on acupuncture. Am J Acupunct. 1980 ; 8 : 231-5.
2) Zhang X. Acupuncture : review and analysis of reports on controlled clinical trials. Geneva : WHO ; 2002. p.1-81.
3) 山下仁. 適応症とエビデンスを再考する. In : 速修現代臨床鍼灸学エッセンス. 神奈川 : 錦房 ; 2020. p.7-12.
4) Acupuncture. NIH Consensus Statement. 1997 ; 15 : 1-34.
5) Ahn AC. Acupuncture. UpToDate(R). Last updated Oct 27, 2020.
P.24 掲載の参考文献
3) 山下仁, 津嘉山洋. 鍼灸の臨床試験. 医学のあゆみ. 2002 ; 203 : 503-7.
4) 山下仁. 鍼灸の臨床試験における特殊な事情. In : 速修現代臨床鍼灸学エッセンス. 神奈川 : 錦房 ; 2020. p.15-21.
P.25 掲載の参考文献
1) 川喜田健司. 鍼灸刺激による鎮痛発現の機序-ポリモーダル受容器から脳内オピオイドまで. 医学のあゆみ. 2002 ; 203 : 455-8.
2) 伊藤和憲, 内藤由規, 佐原俊作, 他. 鍼灸刺激による脳内物質の変化から神経内科領域の可能性を探る. 神経内科. 2013 ; 78 : 543-9.
P.28 掲載の参考文献
P.29 掲載の参考文献
1) 坂本歩, 監修, 全日本鍼灸学会学術研究部安全性委員会, 編. 鍼灸安全対策ガイドライン 2020年版. 東京 : 医歯薬出版 ; 2020. p.1.
3) 新原寿志, 小笠原千絵, 早間しのぶ, 他. 鍼灸臨床における有害事象に関するアンケート調査国内の開業鍼灸院を対象として. 全日鍼灸会誌. 2012 ; 62 : 315-25.
P.30 掲載の参考文献
1) 森和, 西條一止, 編. 鍼灸医学大辞典. 東京 : 医歯薬出版 ; 2012. p.126-7.
3) 新原寿志, 小笠原千絵, 早間しのぶ, 他. 鍼灸臨床における有害事象に関するアンケート調査 国内の開業鍼灸院を対象として. 全日鍼灸会誌. 2012 ; 62 : 315-25.

第4章 鍼灸診療の多様性

P.36 掲載の参考文献
P.38 掲載の参考文献
P.39 掲載の参考文献
P.41 掲載の参考文献
1) 岡本真理, 折橋梢恵, 光永裕之, 他. 美容鍼総論 市場・種類・作用機序・安全性・美容医療との併用. 美容皮膚医学Beauty. 2020 ; 3 : 96-103.
P.43 掲載の参考文献
1) 本間祥白. スポーツ鍼灸の実験的研究序論. 日鍼灸誌. 1960 : 9 : 48-55.
P.44 掲載の参考文献
1) PEACE 資料 (2018年配布). がん患者のQOLを向上させることを目的とした支持治療のあり方に関する研究班資料.
2) 増山祥子, 山下仁, 辻涼太, 他. がん患者に対する鍼灸治療-臨床的有用性に関するエビデンスと緩和ケアチームでの試行. 日本統合医療学会誌. 2017 ; 10 : 13-9.
3) 増山祥子, 辻丸泰永, 山下仁. 病棟における鍼治療の可能性と課題-患者統計とインシデント報告. 森ノ宮医療大学紀要. 2014 ; 7・8 : 185-90.
P.45 掲載の参考文献
1) 向ありさ, 谷口博志, 藤本英樹, 他. 企業就労者の身体的・精神的疲労感に対する鍼灸治療と円皮鍼治療の比較-ランダム化比較試験. 全日本鍼灸学会雑誌. 2020 ; 70 : 2-13.
2) 松浦悠人, 渡部芳徳, 谷口博志, 他. うつ病と双極性障害うつ状態に対する標準治療による助走期間を考慮した鍼治療3ヵ月間の上乗せ (add-on) 効果と持続効果 過去起点型コホート. 全日本鍼灸学会雑誌. 2019 ; 69 : 102-12.
3) Armour M, Smith CA, Wang LQ, et al. Acupuncture for depression : a systematic review and metaanalysis. J Clin Med. 2019 ; 8 : 1140.
P.47 掲載の参考文献
1) 粕谷大智, 沢田哲治, 磯部秀之, 他. Multi-center randomized controlled trial of acupuncture and moxibustion for rheumatoid arthritis. 日温気物医誌. 2005 ; 68 : 193-202.
2) 粕谷大智, 中原康雄, 芳賀信彦. 糖尿病性神経障害に対する鍼灸治療. 神経内科. 2013 ; 78 ; 538-42.
3) 小糸康治, 美根大介, 粕谷大智, 他. がん化学療法による末梢神経障害に対する鍼治療. 全日本鍼灸学会雑誌. 2013 ; 63 : 123.
4) 粕谷大智. 腰部脊柱管狭窄症のバランス機能に対する足底部 (固有感覚受容器) の灸刺激の効果. 第84回日本温泉気候物理医学会学術集会. 2019.5.18. 岡山.
5) 粕谷大智. 脳血管障害後後遺症に対する鍼灸. 難病と在宅ケア 2018 ; 24 : 45-8.
6) 粕谷大智. 脳血管障害後遺症に対する鍼灸治療. 鍼灸OSAKA. 2002 ; 18 : 254-9.
P.49 掲載の参考文献
1) Allam H, Mohammed NH. The role of scalp acupuncture for relieving the chronic pain of degenerative osteoarthritis : a pilot study of Egyptian women. Med Acupunct. 2013 ; 25 : 216-20.
2) Hegyi G, Szigeti GP. Rehabilitation of stroke patients using Yamamoto new scalp acupuncture : a pilot study. J Altern Complement Med. 2012 ; 18 : 971-7.
3) Ogal HP, Hafer J, Ogal M, et al. Variations of pain in the treatment of one classical acupuncture-point versus one point of Yamamoto's new scalp acupuncture Anasthesiol Intensivmed Notfallmed Schmerzther. 2002 ; 37 : 326-32.

第5章 鍼灸師が活躍する場

P.56 掲載の参考文献
1) 若山育郎, 形井秀一, 北小路博司, 他. 病院医療における鍼灸-現代における鍼灸の役割を考える. 日東医誌. 2008 ; 59 : 651-66.
2) 小内愛, 菊池友和, 山口智, 他. 【どこでもやっているわけではない治療 先進・先端治療から補完代替医療まで】 (第III部) 補完代替医療 鍼灸. 緩和ケア. 2019. 29. 6月増刊. 103-5.
3) 小内愛, 菊池友和, 山口智, 他. がん患者に対する鍼灸治療法とその有用性 がん緩和ケアにおける鍼治療の実際と鍼灸師の役割. 現代鍼灸学. 2020 ; 20 : 57-61.
P.58 掲載の参考文献
鍼灸と漢方. 医道の日本. 2019 ; 12 : 38-41.
P.61 掲載の参考文献
1) Elliotson J. On the use of the sulphate of copper in chronic diarrhoea. To which are added some observations on the use of acupuncture in rheumatism. Med Chir Trans. 1827 ; 13 (Pt 2) : 451-68.
2) NIH Consensus Conference. Acupuncture. JAMA. 1998 ; 280 : 1518-24.
P.64 掲載の参考文献
1) 鍼灸医療普及機構ホームページ. https://harikyuiryo.or.jp/
2) Zheng Z. Acupuncture in Australia : regulation, education, practice, and research. Integr Med Res. 2014 ; 3 : 103-10.
3) Ijaz N, Boon H. Evaluating the international standards gap for the use of acupuncture needles by physiotherapists and chiropractors : a policy analysis. PLoS One. 2019 ; 14 : e0226601
P.66 掲載の参考文献
1) Suzuki M, Muro S, Ando Y, et al. A randomized, placebo-controlled trial of acupuncture in patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD) : the COPD-acupuncture trial (CAT). Arch Intern Med. 2012 ; 172 : 878-86.
2) Liu S, Wang Z, Su Y, et al. A neuroanatomical basis for electroacupuncture to drive the vagal-adrenal axis. Nature. 2021 ; 598 : 641-5.
3) Suzuki M, Muro S, Fukui M, et al. Effects of acupuncture on nutritional state of patients with stable chronic obstructive pulmonary disease (COPD) : re-analysis of COPD acupuncture trial, a randomized controlled trial. BMC Complement Altern Med. 2018 ; 18 : 287.
4) He Y, Guo X, May BH, et al. Clinical evidence for association of acupuncture and acupressure with improved cancer pain : a systematic review and meta-analysis. JAMA Oncol. 2020 ; 6 : 271-8.
5) Li H, He T, Xu Q, et al. Acupuncture and regulation of gastrointestinal function. World J Gastroenterol. 2015 ; 21 : 8304-13.
6) Suzuki M, Ishizaki N, Kayo T, et al. Pilot study of acupuncture's antispasmodic effect on upper gastrointestinal tract during endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer : controlled clinical trial. J Clin Med. 2021 ; 10 : 3050.

第6章 そもそも鍼とは

P.73 掲載の参考文献
1) 形井秀一. 現行刺鍼の方法. In : 矢野忠, 他編. 図解鍼灸療法技術ガイド I. 東京 : 文光堂 ; 2012. p.27-32.
2) 尾崎昭弘. 図解鍼灸臨床手技マニュアル. 2版. 東京 : 医歯薬出版 ; 2012. p.37-51.
P.76 掲載の参考文献
1) 伊藤和憲. 各種疼痛に対する様々な治療法 鍼灸. 臨床と研究. 2020 ; 97 : 84-8.
2) 谷口博志, 今井賢治, 谷口授, 他. 鍼刺激による循環動態・胃運動・男性生殖器に対する体性-自律神経反射を介した機能調節. 東京有明医療大学雑誌. 2017 ; 9 : 1-7.
P.77 掲載の参考文献
1) 川本正純. 灸頭鍼法. In : 矢野忠, 他編. 図解鍼灸療法技術ガイド I. 東京 : 文光堂 ; 2012. p.109-12.
2) 尾崎昭弘. 図解鍼灸臨床手技マニュアル. 2版. 東京 : 医歯薬出版 ; 2012. p.42-3.
3) 長岡里美, 新原寿志, 日野こころ, 他. 灸頭鍼における艾球の中心温度と落下地点の温度. 全日本鍼灸学会雑誌. 2013 ; 63 : 167-75.
P.79 掲載の参考文献
1) 船水隆広. てい鍼テクニック-船水隆広のTST. 医道の日本社 : 2020.
2) 武田充史, 石山良平. 打鍼術における鍼具の形状および手技に関する考察. 鈴鹿医療科学大学紀要. 2016 ; 23 : 49-53.
P.80 掲載の参考文献
1) Paulett JD. Low back pain. Lancet. 1947 ; 2 : 272-6.
2) Zhu H, Most H. Dry needling is one type of acupuncture. Med Acupunct. 2016 ; 28 : 19.
3) Ijaz N, Boon H. Evaluating the international standards gap for the use of acupuncture needles by physiotherapists and chiropractors : a policy analysis. PLoS One. 2019 ; 14 : e0226601.
4) 山下仁. ドライ・ニードリング. In : 速修現代臨床鍼灸学エッセンス. 神奈川 : 錦房 ; 2020. p.105-6.
5) 伊藤和憲. はじめてのトリガーポイント鍼治療. 神奈川 : 医道の日本社 ; 2009.
P.81 掲載の参考文献
1) ランダム化比較試験による筋疲労の回復に及ぼす円皮鍼の効果
2) トライアスロン競技後の筋肉痛に及ぼす円皮鍼の効果

第7章 そもそも灸とは

P.86 掲載の参考文献
1) 松本毅, 本間雄二, 山崎優子, 他. 日本の灸療法に適した国内産ヨモギの選抜-葉面積を指標とした1次選抜. 日本東洋医学雑誌. 2012 ; 63 : 181-4.
2) 形井秀一, 松本毅. 日本のモグサ製造の現状について-モグサ製造業者へのアンケート調査. 日本東洋医学雑誌. 2015 ; 66 : 140-6.
P.94 掲載の参考文献
1) Schmidt RF. (岩村吉晃, 酒田英夫, 佐藤昭夫, 他訳). 感覚生理学. 第2版. 京都 : 金芳堂 ; 1989. p.186-7.
2) 菅田良仁, 東家一雄, 大西基代, 他. 艾の燃焼温度と生体内温度変化に関する研究. 全日本鍼灸学会雑誌. 1988 ; 38 : 326-9.
3) 菅田良仁, 東家一雄, 大西基代, 他. 艾の燃焼温度と生体内温度変化に関する研究 (第2報). 全日本鍼灸学会雑誌. 1989 ; 39 : 241-5.
P.97 掲載の参考文献
1) 尾崎昭弘, 會澤重勝, 戸田静男, 他. お灸の研究. 全日本鍼灸学会雑誌. 2008 ; 58 : 32-50.
2) Caterina MJ, Schumacher MA, Tominaga M, et al. The capsaicin receptor : a heat-activated ion channel in the pain pathway. Nature. 1997 ; 389 816-24.
3) Mandadi S, Sokabe T, Shibasaki K, et al TRPV3 in keratinocytes transmits temperatutre information to sensory neurons via ATP. Pfluger Archiv Eur J Physiol. 2009 ; 458 : 1093-102.
4) Kashio M, Sokabe T, Shintaku K, et al Redox signal-mediated sensitization of Transient Receptor Potential Melastatin 2 (TRPM2) to temperature affects macrophage functions. Proc Natl Acad Sci USA. 2012 ; 109 : 6745-50.
P.99 掲載の参考文献
1) 山田幸生. 低温やけどについて. 製品と安全. 製品安全協会 ; 1999 ; 72 : 2-8.
2) 新原寿志, 小笠原千絵, 早間しのぶ, 他. 鍼灸臨床における有害事象に関するアンケート調査-国内の開業鍼灸院を対象として. 全日本鍼灸学会雑誌. 2012 ; 62 : 315-25.
3) 岩井拓磨, 吉田寛, 牧野浩司, 他. 腹腔鏡下手術時に灸治療による著明な腹腔内癒着を認めた1例. 日本外科系連合学会誌. 2016 ; 41 : 719-23.

第8章 医師が語る鍼灸

P.107 掲載の参考文献
1) Ledford CJW. Crawford PF 3rd. Integrating medical acupuncture into family medicine practice. Am Fam Physician. 2019 ; 100 : 76-8.
2) Michefelder AJ. Acupuncture in family medicine? Fam Med. 2022 ; 54 : 72-3.
P.109 掲載の参考文献
1) Jindal V, Ge A, Mansky PJ. Safety and efficacy of acupuncture in children a review of the evidence. J Pediatric Hematol/Oncol. 2008 ; 30 : 431-42.
2) 中村真理, 高橋涼子, 坂口俊二. 夜泣き児 83例に対する小児はりきゅう治療の効果. 全日鍼灸会誌. 2019 ; 69 : 185-93.
3) 清水千里. 小児針について 小児・少年期の針灸治療. 日鍼灸治療会誌. 1974 ; 23 : 1-10.
4) タバルカ K, クパロバ RC. 山田昭三郎, 訳. 小児における夜尿症の鍼治療. 日鍼灸治療会誌. 1974 ; 23 : 17-8.
5) Lin Y, Jin H, Huang B, et al. Efficacy and safety of acupuncture on childhood attention deficit hyperactivity disorder : A protocol for systematic review and meta-analysis. Medicine. 2021 ; 100 : e23953.
6) 北村智, 森川和宥, 和田貞雄. Neurometoryと小児療治針 チック症の臨床効果について. 日鍼灸治療会誌, 1981 ; 30 : 153-62.
7) 北村智, 森川和宥, 和田貞雄. ノイロメトリーによる小児鍼治療について (第二報) チック症に関する考察. 日鍼灸良導絡医会誌. 1981 ; 9 : 1-6.
8) 笠ツルエ. 小児てんかんの好治験例. 日鍼灸良導絡医会誌. 1985 ; 14 : 12-5.
9) Liu CF, Chien LW. Efficacy of acupuncture in children with asthma : a systematic review. Ital J Pediatr. 2015 ; 41 : 1-9.
10) 鈴村水鳥. 小児鍼. チャイルドヘルス. 2016 ; 19 : 41-6.
11) 村井和. 「生命そのもの」を見る医学. In : 予防医療臨床研究会編集部. 医師による東洋医学 西洋医学・東洋医学 (漢方・鍼灸) 併用へのアプローチ. 東京 : 予防医療臨床研究会 ; 2017. p.159-90.
P.111 掲載の参考文献
1) 林田和郎. 東洋医学的方法による胎位矯正法. 東邦医学会雑誌. 1987 ; 34 : 196-206.
P.113 掲載の参考文献
1) 日本東方医学会ホームページ. https://www.jptoho.or.jp
2) 田中耕一郎. 入江祥史, 編著. 漢方一問一答 99の素朴なギモンに答えます! 東京 : 中外医学社 ; 2017. p.189.
P.117 掲載の参考文献
1) Reeve J, Dowrick CF, Freeman GK, et al. Examining the practice of generalist expertise : a qualitative study identifying constraints and solutions. JRSM short reports. 2013 ; 4 : 2042533313510155

第10章 関連する団体

P.128 掲載の参考文献
1) 光藤英彦. 穴位主治の伝承における医心方の意義. 日東医誌. 1994 : 44 ; 101-12.
2) 篠原昭二, 若山育郎, 柳澤紘, 他. 日本東洋医学会会員及び鍼灸学系大学協議会加盟大学教員を対象にした経穴の使用実態に関するアンケート調査. 日東医誌. 2021 ; 72 : 287-302.
P.130 掲載の参考文献
1) 日本東方医学会ホームページ. https://www.jptoho.or.jp
2) 赤羽峰明. 医鍼薬地域連携研究会の活動報告. 東方医学. 2020 ; 36 : 19-23.

最近チェックした商品履歴

Loading...