統合失調症という問い

出版社: 日本評論社
著者:
発行日: 2022-11-14
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784535985186
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

3,630 円(税込)

商品紹介

疾患概念の誕生以来、謎であり続けてきた統合失調症という病。精神病理学、生物学、医療人類学等、様々な視点からその謎に迫る。

目次

  • 第1章 「統合失調症という問い」とはどういう問いか

    第2章 「統合失調症という問い」に生物学が答えようとしたこと

    第3章 文化と統合失調症――医療人類学的視点

    第4章 精神病理学はどのように統合失調症を捉えそこなってきたか

    第5章 このままじゃいけない統合失調症概念
          ――精神障害の具象化問題をめぐる
          ドン・キホーテとサンチョ・パンサ

    第6章 統合失調症の責任能力について――「純粋精神医学」の立場から

    第7章 統合失調症再考―ジャネの「社会的感情論」を手がかりに

    第8章 一続きの「私」――ある種の統合失調症的体験において
        それはどこで断片化するのか

    第9章 計算神経科学の視点からみた統合失調症

    第10章 反精神医学からスキゾ分析へ
          ――統合失調症と自然環境問題のあいだ

    座談会 統合失調症をみるということ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...