医学のあゆみ 283/5 2022年10月29日号

出版社: 医歯薬出版
発行日: 2022-10-29
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 00392359
雑誌名:
特集: 細胞死のすべて
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

6,490 円(税込)

目次

  • 特集 細胞死のすべて
       ―そのメカニズムと,生命現象・疾患との関わり

    アポトーシスと非アポトーシス細胞死
    ■細胞死研究の歴史――いかにして細胞死がホットトピックになったか
    ■ミトコンドリアを経由するアポトーシス
    ■デスレセプターを介したアポトーシス
    ■カスパーゼによるアポトーシスの実行
    ■ネクロプトーシスの分子機構と意義
    ■オートファジー細胞死
    ■パイロトーシス――炎症をつかさどる“燃える”細胞死
    ■ネトーシスの誘導機構とその感染症における役割
    ■フェロトーシス(鉄依存性細胞死)
      ――転写因子NRF2とBACH1による競合的制御とフェロトーシス伝播現象
    ■ミトコンドリア膜透過性遷移を介したネクローシス

    死細胞の行方
    ■脂質スクランブルによる“eat me”シグナルの提示
    ■ゴーシェ病における神経細胞死誘導の新たな分子機構
    ■マクロファージによる死細胞貪食とその意義

    さまざまな細胞機能と細胞死
    ■小胞体ストレスと細胞死
    ■核小体ストレスによる細胞死と病態
    ■細胞競合を制御する分子機構
    ■治療ターゲットとしての細胞老化とその機能
    ■ASK1と細胞死
    ■生死を制御するJNKシグナル伝達経路

    さまざまな生命現象と細胞死
    ■発生と組織修復におけるカスパーゼの非細胞死性の機能
    ■成体脳におけるニューロンの細胞死と再生
    ■骨形成と細胞死
    ■死細胞からのdanger-associated molecular patternsの放出機構
    ■自己免疫と細胞死
    ■パイロトーシスによる自然炎症とその制御――オルガネラを標的とする新たな抗炎症薬の開発

    疾患と細胞死
    ■神経変性疾患における細胞死研究
    ■がんの細胞死回避戦略としてのワールブルグ効果とカルジオリピン代謝を制御するMieap液滴について
    ■非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)と細胞死
    ■メタボリックシンドロームと細胞死
    ■自己炎症性疾患と細胞死
    ■皮膚疾患と細胞死――表皮角化細胞アポトーシスとリンパ球のダイナミクス
    ■脳梗塞における神経細胞死の誘導機序
    ■放射線による細胞死と組織障害

    細胞死を応用した創薬
    ■アポトーシス抵抗性BCL2ファミリー阻害薬BH3-mimetic drugsの基礎と臨床
    ■IAPの医薬品開発――IAPアンタゴニストとSNIPER
    ■TRAIL創薬

    細胞死解析技術とその応用
    ■ケミカルバイオロジーを用いた細胞死の解析
    ■二分割発光タンパク質の再構成法を用いる細胞死イメージング
    ■蛍光タンパク質レポーターを利用した細胞死イメージング

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...