子ども虐待を防ぐ養育者支援

出版社: 岩崎学術出版社
著者:
発行日: 2022-12-05
分野: 臨床医学:内科  >  心身/臨床心理
ISBN: 9784753312153
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

4,180 円(税込)

特記事項:

商品紹介

「子ども虐待を防ぐためには,その根本原因である養育者・世帯側の要因を理解し支援する必要がある。しかし子ども虐待対策の中で急を要する虐待の発見や子どもの保護に比して,どうしても養育者の支援や対策のための研究は遅れがちである。
この本は,養育者の理解と支援に的を絞り,子育てと攻撃性の脳科学,保育園や学校での調査,国内外での児童福祉現場の取り組みと,それを支える行政や法制度について,多様な視点から調査研究と考察を行い,その結果をまとめたものである。」(「はじめに」より抜粋)
子ども虐待防止における「養育者支援」の重要性を,多分野の研究結果から浮き彫りにする!

目次

  • はじめに

    第1部 子ども虐待防止の科学
     第1章 子ども虐待を防ぐ養育者支援
          ――生物学的・社会的要因の相互作用
     第2章 子育て行動の進化的基盤と脳内機構
          ――子育てと虐待の生物学的メカニズム

    第2部 深刻な子ども虐待の生物-心理-社会的要因
     第3章 重度の子ども虐待I――受刑中養育者の調査から
     第4章 重度の子ども虐待II――攻撃性の行動神経科学と事例紹介

    第3部 ライフサイクルと子育て困難
     第5章 保育所で――養育困難に寄り添うサポートによる虐待リスク低減
     第6章 小中学校で――貧困・ひとり親・外国ルーツ・孤立の影響
     第7章 貧困・児童虐待・ネグレクトの相互関係――英国のエビデンスレビュー論文より

    第4部 海外に学ぶ子ども虐待の養育者支援
     第8章 日常的な子育てと養育困難・子ども虐待をつなぐ視点
          ――イギリスに学ぶ家族支援
     第9章 フランスの児童保護制度に見る養育者支援とその課題
          ――養育者支援から子どもに焦点を置いた支援へ
     第10章 児童相談所での養育者支援,アメリカに学ぶ家庭支援
          ――大切にしたい当事者の視点

    第5部 日本の養育者支援の制度と実践,現在と未来
     第11章 要保護児童対策地域協議会
          ――全国悉皆調査データから読み解く,その機能を高めるための職員配置
     第12章 子ども虐待と親権――日本の法制度と虐待対応の現状と課題
     第13章 子どもの利益をまもる法のしくみ
          ――ドイツ,フランスから学ぶ養育者への支援と介入のための法制度
     第14章 養育者支援プログラム――子ども・自分とのつきあい方を学ぶ

    あとがき

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...