Q&Aで学ぶ ジェネラリストのための女性診療BASIC

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2022-12-10
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 9784765319232
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

4,950 円(税込)

商品紹介

本書では「今さら聞けないこと」を含め、各ライフステージにおいて「よくある健康問題」「隠れている健康問題」について女性診療の基本となる40個のQuestionを取り上げました。執筆者には、産婦人科やプライマリ・ケアにおいて各テーマに精通した先生方を迎え、「女性診療のことを広く伝えたい」という共通の想いのもと丁寧に解説しています。

目次

  • 序章 女性診療の手始めに
     1.「女性診療(ウィメンズヘルスケア)」という考え方
     2.女性診療で扱う問題と本書の流れ
     3.自施設でどこまで実施するか
     4.潜在的なニーズに気づく
    column 女性の医療面接のポイント

    第1章 思春期〜性成熟期
     Q.01 正常な月経と月経異常の見分け方は?
     Q.02 無月経の場合、どうしたら良い?
     Q.03 月経困難症の診断と対応は?
     Q.04 月経前症候群の診断と対応は?
     column 月経移動について
     Q.05 若年女性の冷えには、どう対処したら良いですか?
     Q.06 帯下(おりもの)やかゆみを相談されたら?
     Q.07 性感染症が心配だとわれたら?
     column セクシュアリティについて相談を受けたら

    第2章 妊娠・出産
     Q.08 知っておくべきプレコンセプションケアとは?
     Q.09 不妊について相談されたら?
     Q.10 妊娠の診断、妊娠反応検査はどうするの?
     Q.11 妊娠中に処方しても良い薬は?
     Q.12 妊娠中のコモンプロブレムの対応とは?
     Q.13 妊娠中の慢性疾患の管理は?
     Q.14 妊娠中の過ごし方について相談されたら?
     Q.15 周産期メンタルヘルス・社会的ハイリスク妊産婦とは?
     Q.16 流産・死産や中絶の経験者のケアとは?
     Q.17 避妊法にはどのようなものが
     Q.18 乳腺炎の相談をされたら?
     Q.19 授乳中の処方についての原則は?
     Q.20 産後に尿失禁があると言われたら?
     column 産後の痔のケアについて

    第3章 性成熟期
     Q.21 女性の急性腹症へのアプローチとは?
     Q.22 異所性妊娠、卵巣出血、卵巣嚢腫茎捻転の見分け方は?
     Q.23 骨盤内炎症性疾患(PID)の診断と治療とは?
     Q.24 子宮内膜症の治療方針は?
     Q.25 子宮筋腫の対処方針は?
     Q.26 卵巣嚢腫・卵巣腫瘍の対処方針は?
     Q.27 乳房にしこりや痛みがあると言われたら?

    第4章 更年期・老年期
     Q.28 更年期はいつから?
     Q.29 更年期障害の診断とは?
     Q.30 更年期障害に用いる漢方療法は?
     Q.31 ホルモン療法の実際とは?
     column 閉経後の脂質異常症や骨粗鬆症の管理について
     Q.32 尿失禁や頻尿を相談された時は?
     Q.33 閉経後に出血がみられたと言われたら?
     Q.34 在宅患者で帯下がある時は?

    第5章 予防・健康増進
     Q.35 子宮頸がん検診のタイミングとは?
     Q.36 女性に勧めるべきワクチンは?
     Q.37 乳がん検診とは?
     Q.38 がんサバイバーのケアとは?
     Q.39 暴力・レイプなどの被害の徴候があったら?
     column LGBTQフレンドリーな医療機関になるには
     Q.40 地域で、性教育などの活動を行うには?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...