外科 84/13 2022年12月号

出版社: 南江堂
発行日: 2022-12-01
分野: 臨床医学:外科  >  雑誌
ISSN: 0016593X
雑誌名:
特集: 病態に応じた栄養療法の重要性
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

2,970 円(税込)

目次

  • 特集 病態に応じた栄養療法の重要性

    I. 総論
     1.近年の外科栄養療法の進歩
     2.海外におけるERAS、外科栄養療法の実際

    II. 各論
     1.食道癌患者の術前栄養状態の評価と栄養療法の実際
     2.食道癌患者の周術期合併症、予後と栄養療法の実際
     3.胃がん患者の術前栄養状態の評価と術前栄養療法の実際
     4.胃切除後患者の栄養状態と合併症、予後と栄養療法の実際
     5.炎症性腸疾患における周術期栄養管理の意義と実際
     6.大腸狭窄症例の周術期栄養状態の評価の意義と栄養療法の実際
     7.肝硬変を伴う肝癌患者の術前栄養状態の評価と栄養療法の実際
     8.肝移植患者の術前栄養状態の評価と栄養療法の実際
     9.膵頭十二指腸切除術における術前栄養状態の評価と栄養療法の実際

    臨床経験
     S状結腸憩室炎による結腸膀胱瘻14例の検討

    症  例
     Upsaide down stomachに併発した進行胃癌の1切除例
     Meckel憩室の回腸穿通による腸閉塞を発症した1例
     腸閉塞を発症した特発性腸間膜静脈硬化症に対して腹腔鏡手術を施行した1例
     大きさ20㎝の特発性腹腔内巨大デスモイド腫瘍の1例

    連載/外科医の私論
     専門をきわめる―二兎を追う者は

    書  評
     肝オペの美学―髙山式肝手術のすべて[Web動画付]

    随 録

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...