どの子もこぼれ落とさない授業づくり45

出版社: 岩崎学術出版社
著者:
発行日: 2012-01-16
分野: 臨床医学:内科  >  心身/臨床心理
ISBN: 9784753310388
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

1,760 円(税込)

商品紹介

発達障害のある子もない子も元気がでる授業

目次

  • 序章 「授業・学校づくり」のラフ・スケッチと若干の理論的下敷き
        1 子どもに学びをもたらす授業
        2 子どもの活動
        3 困り感
        4 授業・学校づくり――提案授業と研究協議会
        5 インクルージョン
    第1章 「学習課題」を設定する
       一、「ねらい」を「学習課題」に書き換える
        (1)「学ぶ喜び」をもたらすための「ねらい」
        (2)「ねらい」を決める
        (3)「学習課題」を設定する
       二、「学習課題」に向かわせるために
        (4)トランポリンモデル
        (5)「はしご課題」を設定する
        (6)「手だて」を工夫する
       コラム1  大学の授業から
    第2章 「学び合いのプラン」を考える
       一、教材とつなぐ
        (7)「学習課題」をつかませることから
        (8) 教材から「かたどる」
        (9) 子どもと教材をつなぐ手だて
       二、仲間とつなぐ基礎
        (10) 二つの「協同化」
        (11) 子どもをつなぐ媒介を用意する
        (12) 学ぶ値打ちのある学習課題を用意する
       三、仲間とつなぐ技法
        (13) 机のかたち
        (14) ペア活動
        (15) 班活動
        (16) 全体でつなぐ
       四、「学び合い」と「ケア」
        (17)「聴く」ことは「承認」すること
        (18) 語り出すことは傷つくこと
        (19) 依存的自立
        (20) 居場所は、人と人とのあいだにある
       五、自分の言葉で語る
        (21) 語ること、表現すること
        (22) 教師のしゃべりすぎはいけない
        (23) 世界を見る解像度を高める
        (24) できたてほやほやの言葉
       コラム2 授業の軸と学級崩壊
    第3章 通常の学級における特別支援教育
       一、支援に向けた考え方
        (25) 子どもを困らせていないか
        (26)「困り感」の軽減
        (27) 学びの支援
       二、教育的アセスメントとは
        (28) 子どもの実態は、人によって語られるもの
        (29)「指導法」は、実態把握のツール
        (30) 試行的な指導を通しての実態把握
       コラム3 付き人支援
    第4章 特別支援学級の学級経営と授業づくり
       一、特別支援学級の学級経営
        (31) 三つの環境を整える
        (32) 学級経営の柱を立てる
        (33) つけたい力を精選する
       二、特別支援学級の授業づくり
        (34)「学び合い」を意識する
        (35) 適切な手だてをして子どもから離れる
       コラム4 定着より、できた・分かった経験
    第5章 授業・学校づくり
       一、はじめの一歩
        (36) 足場を固める
        (37) 他人の授業を見て学ぶ
        (38) 公開が進まない理由
       二、提案授業の準備と参観の方法
        (39) 指導案をどうするか
        (40) 座席表を用意して子どもの学びと育ちを見取る
        (41) 記録をどうするか
       三、研究協議会のすすめ方
        (42) 協議の柱
       四、インクルーシブ教育に向けて
        (43) インクルージョン・レベル1
        (44) インクルージョン・レベル2
        (45) 学びの質の保証
       コラム5 先を急がない
    おわりに インクルーシブ教育への道

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...