生殖医療フロントラインMOOK(2)受精とその障害

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2022-11-25
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 9784498160422
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

6,160 円(税込)

商品紹介

生殖医療の最前線の知識と技術を伝えるシリーズ第二弾.受胎の始まりである受精を,現場で生かせる知識として再整理した.進歩が著しい生殖医療の世界でも,受精機構は今だに謎が多い.それゆえ,基礎と臨床の両方の面から最新の知見に更新していく必要があると言える.各テーマの第一人者の解説は,平易でありながら深い.一読すれば,受精の重要性を改めて認識すると共に,チーム全体の知識の共有と底上げにも役立つだろう.

目次

  • 1 受精のメカニズム
       1.概要
       2.精漿成分と精子受精能力
       3.精子が卵と出会うまで
       4.受精
       5.卵活性化

    2 卵丘細胞・卵複合体の成熟と受精
       1.卵丘細胞の起源
       2.卵胞発達過程における卵丘細胞の機能
       3.排卵過程における卵丘細胞の機能
       4.排卵過程における卵丘細胞を中心としたホルモンネットワーク
       5.排卵される卵・卵丘細胞の変化と受精との関係
       6.未成熟卵の体外成熟培養

    3 精子の受精能
       1.受精能について
       2.先体反応と超活性化運動
       3.受精能の調節
       4.受精能の利用応用について

    4 精子機能検査
       1.低浸透圧膨化試験
       2.精子生存試験
       3.精子自動分析装置
       4.ヘミゾナアッセイ
       5.先体反応
       6.精子形態
       7.ヒアルロン酸の付着性
       8.精子DNA断片化検査

    5 精子DNAの損傷と受精
       1.精子のDNAの凝縮と受精後の変化
       2.精子DNAの断片化
       3.精子DNA断片化測定方法
       4.フローサイトメーターを用いた精子クロマチン構造解析
       5.FCM—SCSAの実際
       6.SCSAの注意点
       7.精子DNA損傷が受精や胚発生に与える影響―動物実験による検討―
       8.ヒト精子におけるDFIの意義

    6 良好精子回収方法
       1.良好精子回収とは
       2.精液採取(採精)
       3.精子調整法
       4.受精方法を見越した精子調整法の工夫・多職種連携
       5.これからの精子調整法

    7 精子中心体の役割と受精での機能異常
       1.受精の本質とそのゴール
       2.精子中心体の形成と機能発現
       3.不妊症例における精子中心体の機能異常

    8 Aging卵と受精
       1.卵の加齢の定義
       2.排卵前の卵の加齢と受精
       3.排卵後の卵の加齢と受精
       4.まとめ

    9 受精と免疫
       1.受精
       2.免疫
       3.精巣・精子抗原
       4.精子抗原の避妊ワクチンへの応用
       5.卵子・卵巣抗原
       6.抗透明帯抗体は不妊の原因か?
       7.透明帯抗体の避妊ワクチンへの応用
       8.胚が保有する抗原

    10 IVFでの媒精法
       1.精液(精子)の輸送
       2.採卵
       3.検卵
       4.前培養
       5.媒精作業

    11 IVFでの受精と受精障害の対策
       1.IVFでの受精
       2.受精確認
       3.受精障害の対策

    12 c‒ICSIの方法
       1.c—ICSI実施のポイント
       2.まとめ

    13 Piezo‒ICSIの方法
       1.Piezo—ICSIに必要な器材
       2.器材のセッティング
       3.Piezo—ICSIの手技

    14 ICSIでの受精と受精障害への対策
       1.ICSIによる受精
       2.ICSIによる受精の問題点
       3.ICSI後の受精障害
       4.ICSIの受精障害への対策
       5.人為的卵活性化処理法
       6.特殊な受精障害例

    15 ICSIの適応
       1.男性因子によるICSI適応
       2.男性因子以外によるICSIの適応
       3.まとめ

    16 不動精子症例でのICSI
       1.概要
       2.不動精子症例
       3.不動精子症例のICSI

    17 受精の判定とその異常
       1.0 PN(受精未確認胚)
       2.1 PN(単核)
       3.3 PN(多PN)

    18 シネマトグラフィからとらえた受精
       1.対象と方法
       2.初期胚発生過程の連続観察結果
       3.初期胚発生の時間経過
       4.細胞内小器官の動態
       5.新たな多精子受精防御機構の可能性
       6.前核形成過程の異常現象
       7.前核期における新たな形態評価基準
       8.考察

    19 ライブセルイメージングからわかる受精後の胚発生
       1.生殖補助医療で得られた胚の質の評価
       2.ライブセルイメージングの概要
       3.ライブセルイメージングでわかった染色体分配異常の発生への影響
       4.超解像ライブセルイメージングによる染色体分配の観察
       5.ライブセルイメージングによる胚評価のこれから

    20 先体酵素とICSI
       1.精子の先体酵素
       2.先体のある精子のICSIにおける有害性
       3.先体のある精子をICSIすることによる問題点
       4.まとめ

    21 卵活性化因子PLCζ研究の現況と展望
       1.哺乳類の受精時における卵活性化
       2.卵活性化機構に関する3つのセオリー
       3.SFとしてのPLCζの発見
       4.PLCζの局在と機能
       5.卵の成熟過程におけるIP3Rの制御
       6.PLCζに関する研究の現状と展望

    22 実験動物における精子細胞および精母細胞を用いた顕微授精
       1.各動物種における顕微授精技術の現状
       2.精子細胞・精母細胞を用いた顕微授精の基本情報
       3.伸長精子細胞を用いた顕微授精(ELSI)
       4.円形精子細胞を用いた顕微授精(ROSI)
       5.二次精母細胞を用いた顕微授精
       6.一次精母細胞を用いた顕微授精
       7.まとめ

    23 精子細胞での受精
       1.円形精子細胞の問題点
       2.低い出産率,高い流産率の原因とその対策
       3.今後の課題

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...