HIV感染症とAIDSの治療 13/1 2022年

出版社: メディカルレビュー社
発行日: 2022-11-30
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 21851689
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

2,640 円(税込)

目次

  • ○座談会
     COVID-19 update in 2022
    〇ガイドライン改訂のPoints
     DHHSガイドライン改訂のポイント
    ○診断と治療のTopics
     ・濾紙血を用いたHIV郵送検査
     ・レテルモビルのHIV領域における可能性
     ・梅毒におけるベンジルペニシリンベンザチン筋注製剤の使い方
    ○Q&A形式Case Study
     ・ART開始,もしくは変更後に体重増加を認め,さらにINSTI服薬における
       不眠を認める症例について,ARTを継続するうえで注意すべき点,対処法はなにか
     ・Answer 矢倉裕輝
    ○Case Report
     ・ART導入後も血中ウイルス量高値が続く1例
    ○学会Report
     The 24th International AIDS Conference(AIDS2022)
     Cold Spring Harbor Laboratory Symposium :
      Fifty Years of Reverse Transcriptase
    ○座談会
     LTTSを見据えたHIV診療の現状と課題
    ○Photo Quiz
     40歳代,男性。HIV治療自己中断後約5年,一過性左下肢麻痺が出現。
     頭部造影MRIにおいて右前頭葉,側頭葉,頭頂葉に複数の病変,肺野に結節影を認めた。診断は?
    ○座談会
     全血(郵送検査)による検査について
    ○日本と世界の研究室から
     国立国際医療研究センター病院Sexual Health外来
     ~HIV感染と性感染症の予防に向けて~
    ○High-Impact Articles
     ・中和抗体予防研究 Two Randomized Trials of Neutralizing Antibodies to Prevent HIV-1 Acquisition
      ~今後のHIVワクチンの可能性を認識するProof of Conceptの研究~
    ○専門医に聞く
     HIV/AIDSのちりょうにおけメンタルケア
      HIV/AIDSカウンセリングの道のりと現在地
    〇特別寄稿
     ・MSMの直腸細菌感染症と薬剤耐性菌
     ・HIV治療薬の進歩と薬剤耐性HIVの変遷

最近チェックした商品履歴

Loading...