癌取扱い規約抜粋 消化器癌・乳癌 第14版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2023-04-10
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307204477
シリーズ: がん取扱い規約
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

4,400 円(税込)

商品紹介

消化器癌(食道・胃・大腸・肝・胆道・膵)および乳癌の各取扱い規約から日常診療に必要な項目を抜粋し、一冊にまとめた大好評シリーズ。オールカラーで見やすく、コンパクトな手帳サイズで常に携帯でき、どこでも参照できる癌診療に携わる医師必携の書。14版では3規約(食道・胆道・膵)の最新版刊行に伴い、記載内容を改訂した。

目次

  • 食道癌取扱い規約 第12版 抜粋
    対象と記載法
    原発巣の記載
    リンパ節転移
    M 遠隔転移
    Stage 進行度
    内視鏡的および外科的切除標本の取り扱い
    病理組織所見
    食道胃接合部およびバレット食道の取り扱い
    治療法
    放射線および化学療法
    放射線および化学療法の効果判定規準

    胃癌取扱い規約 第15版 抜粋
    記載法の原則
    原発巣の記載
    検体の取扱い
    肉眼型分類
    壁深達度(T)
    病巣内の消化性潰瘍,潰瘍瘢痕の有無 (UL)
    リンパ節転移の記載
    その他の転移
    進行度(Stage)
    切除断端と腫瘍の遺残
    病理学的所見
    癌の浸潤増殖様式および脈管侵襲
    薬物・放射線治療の組織学的効果判定基準
    胃生検組織診断分類(Group 分類)
    薬物・放射線治療の評価

    大腸癌取扱い規約 第9版 抜粋
    I 所見の記載法
    II 内視鏡治療,手術治療
    III 薬物治療,放射線治療
    IV 切除標本の取扱い
    V 組織学的所見

    原発性肝癌取扱い規約 第6版補訂版 抜粋
    ■第1部 臨床的事項
    I 解剖学的事項
    II 画像診断所見
    III 臨床検査所見
    IV 肉眼分類
    V 手術所見,切除標本肉眼所見
    VI 進行度分類(Stage)
    VII 肝切除術
    VIII 局所療法
    IX 肝動脈カテーテル療法
    X 薬物療法
    XI 肝切除術の治癒度
    XII 肝癌治療効果判定基準
    XIII 再発肝癌
    ■第2部 病理学的事項
    I 材料の取扱い
    II 肝癌の分類
    III 非癌部の組織学的所見(f)

    胆道癌取扱い規約 第7版 抜粋
    記載法の原則
    臨床分類と所見の記載法
    TNM分類を加味した胆道癌の臨床分類と所見の記載法
    I 肝門部領域胆管癌
    II 遠位胆管癌
    III 胆?癌
    IV 乳頭部癌
    外科的治療の記載法
    切除検体の取り扱いおよび検索方法
    組織型分類
    病理所見に関する記載
    生検診断
    術前治療後の組織学的評価

    膵癌取扱い規約 第7版増補版 抜粋
    記載法の原則
    所見の記載法
    外科的治療
    切除材料の取扱いと検索方法
    膵腫瘍の組織所見
    術前治療後の組織学的評価

    乳癌取扱い規約 第18版 抜粋
    腫瘍の臨床的記載法
    治療の記載法
    乳腺腫瘍の組織学的分類
    切除標本の取扱いと記載法
    細胞診および針生検の報告様式
    I 細胞診
    II 針生検
    組織学的治療効果の判定基準
    RECIST に準拠した治療効果の判定規準

    <付1>Performance status
    <付2>治療効果判定規準 ―胃癌・大腸癌・乳癌に適応―
    固形がん治療効果判定の新ガイドライン (RECIST2009)

最近チェックした商品履歴

Loading...