こころの科学 No.232 2023年11月号

出版社: 日本評論社
発行日: 2023-11-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
雑誌名:
特集: 子どもの声を聴く
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

1,496 円(税込)

目次

  • [特別企画]
    子どもの声を聴く
    ―支援の現場から「子どもの権利」を考える

    ■巻頭に
    被害妄想をもつ人への面接

    ■特別企画 
    子どもの声を聴く―支援の現場から「子どもの権利」を考える     

    ▼総論
    あらためて「子どもの権利」とは
    政策決定にかかわる子ども・若者の参画
     ―その意義と有効性を支える実証研究
    子どもアドボカシーの意義と必要性

    ▼児童福祉の現場から
    児童相談所は子どもの声をどのように聴こうとしているのか
    子どもの「声」とその基盤
     ―児童養護施設における『子どもの権利ノート』から考える
    児童養護施設で子どもの声を聴く
    意見表明権の保障と「育ち・育てなおし」
     ―児童自立支援施設の現場から

    ▼さまざまな現場から
    小児科病棟で子どもの声を聴く
     ―チャイルド・ライフ・スペシャリストの視点から
    児童・思春期病棟で「子どもの声を聴く」ために
    子どもの医療における共同意思決定
    家事事件における子どもの手続参加と手続代理人制度
    離婚のプロセスで子どもの声を聴く

    ▼子どもの表現の自由を守る
    子どもの表現とその権利の保障
    デジタル世界で子どもの表現を守る

    ■論説
    聞こえにくさを抱えることの当事者研究―心理的支援のあり方を考える

    ■エッセイ
    精神保健の歩みを個人史からたどる―地域やひとを導線とした一つの試み

    ■連載
    つながる気持ちはどこへ行く?―思春期の生きづらさとSNS(12)
     【最終回】子どもたちのつながる気持ちと「居場所」

    アタッチメントを学ぼう―関係性の理解と支援(7)
      人生後半のアタッチメント

    みえているけど“気づかないこと”―ナラティヴの向こう側(2)
     「不自由さ」は障がいがある人だけのもの?

    こころとキャリアの羅針盤―働く人と職場を支える(3)
      緊急事態ストレスマネジメント

    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(15)
      カップルセラピーの共通要因・原理・統合

    ■ほんとの対話
    宮地尚子、村上靖彦『とまる、はずす、きえる』
    福丸由佳 編『離婚を経験する親子を支える心理教育プログラムFAIT―ファイト―』

    ■こころの現場から
    HIV・血友病のこれから(エイズカウンセリング)
    話せるようになることは喪失かもしれない(子どもアドボカシー)

    ■伝言板

最近チェックした商品履歴

Loading...