• HOME
  •  > 
  • 基礎医学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  臨床と微生物 50巻 2023年10月増刊号 抗菌薬治療に関連した主な検査とその周辺

臨床と微生物 50巻 2023年10月増刊号 抗菌薬治療に関連した主な検査とその周辺

出版社: 近代出版
発行日: 2023-10-31
分野: 基礎医学  >  雑誌
ISSN: 09107029
雑誌名:
特集: 抗菌薬治療に関連した主な検査とその周辺
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

4,180 円(税込)

目次

  • 特集 抗菌薬治療に関連した主な検査とその周辺

    ■カラーアトラス

    ■はじめに
    ◇薬剤感受性測定法(CLSI標準法)
      ―nonfastidiousな菌種を対象としたディスク拡散法と微量液体希釈法―
    ◇特殊菌の薬剤感受性測定法

    ■グラム陽性球菌
    ・肺炎球菌,溶血レンサ球菌,viridans group,NVS
    ・Aerococcus spp.,Gemella spp.,Lactococcus spp.,Leuconostoc spp. と
     その他のグラム陽性球菌

    ■グラム陽性桿菌
    ・Corynebacterium spp.,Bacillus spp.(炭疽菌を除く),Listeria monocytogenesと
     その他のグラム陽性桿菌

    ■グラム陰性球菌
    ・淋菌,髄膜炎菌,Moraxella catarrhalis

    ■グラム陰性桿菌
    ・インフルエンザ菌および栄養要求の厳しいグラム陰性桿菌

    ■Vibrio spp.(コレラ菌を含む),Aeromonas spp.(Aeromonas caviae complex,
     Aeromonas hydrophila complex,Aeromonas veronii complex)

    ■嫌気性菌

    ■抗酸菌
    ・結核菌,非結核性抗酸菌,迅速発育菌群

    ■真 菌
    ・酵母,糸状菌
    ◇β-ラクタマーゼの分類と検査法
    ◇主要な耐性菌の検査法

    ■メチシリン耐性黄色ブドウ球菌,バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA,VISA)

    ■バンコマイシン耐性腸球菌の検査法

    ■ペニシリン耐性肺炎球菌の検査法

    ■ABPC耐性インフルエンザ

    ■ESBL産生菌の検査法

    ■AmpC過剰産生型耐性菌の検査法

    ■カルバペネム耐性腸内細菌目細菌(CRE)の検査法

    ■多剤耐性緑膿菌,多剤耐性アシネトバクター

    ■多剤耐性結核菌,その他抗酸菌の多剤耐性菌

    ■耐性に注意すべき菌種とその抗真菌薬
    ◇CLSI法に記載のない菌種や薬剤の感受性試験結果が意味するもの
    ◇免疫クロマト法による薬剤耐性菌の検出法
    ◇耐性遺伝子検出のための簡易自動機器の種類と特徴
    ◇抗菌薬の併用効果の検査法
    ◇薬物動態学/薬力学 PK/PD(PK:Pharmacokinetics,PD:Pharmacodynamics)
    ◇薬物血中濃度モニタリング(TDM:Therapeutic Drug Monitoring)

    ■グリコペプチド系:VCM,TEIC

    ■アミノグリコシド系:GM,TOB,AMK,ABK

    ■トリアゾール系:ボリコナゾール
    ◇主な抗菌薬の副作用と相互作用
    ◇抗菌薬の適正使用

最近チェックした商品履歴

Loading...