超音波による乳がん検診の手引き 改訂第2版

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2023-11-25
分野: 臨床医学:一般  >  画像/超音波
ISBN: 9784524204564
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

3,300 円(税込)

商品紹介

日本乳癌検診学会編集による,被曝や侵襲のない乳房超音波検査をより安全で確実に実施・普及させるための手引きの改訂版.今改訂では,関連学会の定めた要精検基準を踏まえ実臨床で遭遇する画像所見を豊富に提示して解説.検診に携わる臨床検査技師・超音波検査士ならびに医師に役立つ記載が大きく拡充されている.

目次

  • 第I章 日本における乳がんの疫学
     A.日本人の乳がんの疫学
     B.日本における乳がんのサブタイプ分類から見た超音波検診の有効性の検証

    第II章 超音波による乳がん検診―総論
     A.超音波による乳がん検診のあり方
     B.施設基準
     C.精度管理
     D.受診者への利益・不利益の説明

    第III章 超音波診断装置の基準
     A.装置などの基準
     B.条件設定
     C.ファントムを用いた画像劣化の管理
     D.日常点検
     E.定期点検・清掃
     F.超音波診断装置の保守管理

    第IV章 超音波検査法
     A.検査法
     B.標準走査方法と注意点
     C.検査を行う場所の環境と検査人数

    第V章 画像の記録とラベリング
     A.画像の記録
     B.ラベリング

    第VI章 超音波検診における要精検基準とカテゴリー判定
     A.はじめに
     B.要精検基準作成における基本的考え方
     C.所見の分類と検診のためのカテゴリー分類
     D.腫瘤
     E.非腫瘤性病変
     F.参考所見
     G.その他いろいろな所見
     H.所見用紙・精密検査依頼書・精密検査結果報告書などの参考資料

    第VII章 教育研修プログラム
     A.検査実施者のトレーニング
     B.精度管理のための教育プログラム
     C.検診従事者の認定

    第VIII章 精密検査機関のあり方

最近チェックした商品履歴

Loading...