臨床高血圧 12/4 2006年12月号

出版社: メディカルレビュー社
発行日: 2006-12-10
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,980 円(税込)

目次

  • 臨床高血圧 12/4 2006年12月号

    ―目次―

    ● DISCUSSION
    第21回 国際高血圧学会(ISH2006)を振り返って

    ● State of the ART
    グレリンの代謝調節作用と循環調節作用

    ● DEBATE
    高血圧性腎疾患を合併する高血圧患者の降圧目標は
    130/80mmHg未満でよいか,さらに厳重な降圧が必要か
    ・ 130/80mmHg未満を支持する立場から
    ・ 厳重降圧を支持する立場から

    ● DATA Analysis
    1. 治療抵抗性高血圧における心電図上のstrain型ST-T変化は
    新たな危険因子?
    2. 閉経が血圧の食塩感受性におよぼす影響
    3. 85歳以上の超高齢者では高血圧は志望の危険因子とはならない
    4. 中年男女における起立性低血圧の存在と死亡率との関係

    ● Trial & Meta-analysis
    1. 高齢者および若年者におけるβ遮断薬の効果:メタアナリシス

    ● In my experience 私の健康法

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...