バイオテクノロジージャーナル 7/5 2007年9・10月号

出版社: 羊土社
発行日: 2007-09-01
分野: 基礎・関連科学  >  雑誌
雑誌名:
特集: 効果的な遺伝子導入のためのコンストラクトの作製法
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

2,750 円(税込)

目次

  • バイオテクノロジージャーナル 7/5 2007年9・10月号

    ―目次―

    特集 効果的な遺伝子導入のためのコンストラクトの作製法

    ・<概論>生細胞への遺伝子導入技術の開発動向
      〜活性トランスゲノムの構築
    ・複数種遺伝子の共導入系の構築と発現量の調節,
      および染色体特定部位への導入
    ・トランスジーンのサイレンシングを抑制する
      インスレーター配列とその応用
    ・インスレーター/バウンダリー配列を用いた複数の導入遺伝子を
      安定的に発現させるシステム
    ・ヒト人工染色体ベクターによるトランスジーンの活用
    ・幹細胞治療における遺伝子導入の課題と展望

    ニュース
    ■サイエンス・トピックス
    [遺伝子工学]
      ゲノム解析の最後のゴールドラッシュ
    [バイオインフォマティクス]
      インタラクトーム解析
    [ナノバイオテクノロジー]
      カーボンナノチューブの右巻き・左巻きを見分ける
    [組織工学]
      次世代細胞移植のための遺伝子と細胞とのハイブリッド
    [タンパク質工学]
      抗体に代わる新たな抗原結合性タンパク質分子-avimer-

    ■バイオニュース
    [先端医療]
      α4インテグリン拮抗薬剤(natalizumab)とRiskMAP
    [バイオビジネス]
      20年前に新規株式公開したバイオベンチャー企業の現状
    [アジアトレンド]
      タイ国家科学技術開発機構副所長にタイのバイオ政策を聞く

    ■U.S.A. Pharmaceutical NOW
    [大手メーカーの提携・買収戦略]アプタマーの可能性
    [行政ニュース]FDAの医薬品安全性管理の能力が問われている
    [行政ニュース]合衆国特許法,50年ぶりの大幅改正となるか?

    実験技術
    ■《新連載》
    その操作の意味,わかっていますか? 効率の上がる核酸実験法
     〜第1回 エタノール沈殿〜

    ■テクノ・トレンド
    ユビキチン結合領域を利用したユビキチン化タンパク質の精製法
    自己抗原ヒト化マウスの開発と応用
    Tol2トランスポゾンを用いたゼブラフィッシュGAL4エンハンサート
     ラップ法の確立

    研究戦略
    ■バイオテクノロジージャーナルインタビュー
    NMRがリードする創薬と技術開発の新たなサイクル
     〜アカデミックの先端研究施設を開放するプロジェクトが発進

    ■知っておきたい! バイオの法律と倫理指針
    第2回 ヒト由来試料の使用―ヒト由来試料バンクについて

    コラム&レポート
    ■オピニオン
    先進医療は研究者と患者の共同参加で推進を

    ■バイオ博士人材のキャリアパス
    第5回 目的達成を目指して,模索しながら過ごした大学院時代

    ■科学する物語・空想する科学
    第5回 皮膚は少女の唇を憶えている

    ■編集部レポート
    EUがめざすバイオテクノロジー研究

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...