Q&A知っておきたい肺がん質問箱100

出版社: メディカルレビュー社
著者:
発行日: 2003-06-05
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 4896005740
電子書籍版: 2003-06-05 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,980 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

990 円(税込)

商品紹介

過去に出版された肺がんの解説書の中で、このように詳細に、しかもわかりやすく書かれたものはありませんでした。 肺がんに羅患された患者さんやご家族、そして医学生、医療従事者へ必見の価値のあるものとなっている。

目次

  • 表紙
  • 推薦のことば
  • はじめに
  • 執筆者一覧
  • Contents
  • 本書をご利用いただくにあたって
  • 外来
  • ◆肺がんの症状
  • Q1 肺がんの症状には、どのようなものがありますか?
  • Q2 肺がんと間違えやすい病気には、何がありますか?
  • Q3 咳が続くのですが、肺がんでしょうか?
  • ◆なぜ肺がんになるのか
  • Q4 肺がんはどのようにして発生するのでしょうか?
  • Q5 年齢と肺がんの間に関係はありますか?
  • Q6 食事の内容や栄養と肺がんの間に関係はありますか?
  • Q7 肺がんになりやすい危険因子は何でしょうか?
  • Q8 肺がんは遺伝しますか?
  • Q9 肺がんは増えているのですか?
  • Q10 なぜタバコを吸うと肺がんになりやすくなるのですか?
  • 検査・診断
  • ◆肺がんの検査
  • Q11 どのような検査で肺がんと診断できますか?
  • Q12 検査をしてどれくらいの期間で結果が出ますか?
  • Q13 胸部X線(レントゲン)検査とは、どのようなものですか?
  • Q14 胸部X線(レントゲン)検査で、確実な診断が期待できますか?
  • Q15 気管支内視鏡(気管支ファイバースコープ)検査とは、どのようなものですか?
  • Q16 気管支内視鏡(気管支ファイバースコープ)検査で、確実な診断が期待できますか?
  • Q17 縦隔鏡とは、どのようなものですか?
  • Q18 胸腔鏡とは、どのようなものですか?
  • Q19 エコー(超音波)検査とは、どのようなものですか?
  • Q20 CT検査とは、どのようなものですか?
  • Q21 MRI検査とは、どのようなものですか?
  • Q22 腫瘍マーカーとは、どのようなものですか?
  • Q23 骨シンチグラフィとは、どのようなものですか?
  • Q24 血液検査でどのようなことがわかりますか?
  • ◆肺がんの診断
  • Q25 肺がんにもいろいろな種類があるのですか?
  • Q26 早期がん、進行がんおよび末期がんの違いは何でしょうか?
  • Q27 遺伝子診断でどのようなことがわかりますか?
  • ◆病理組織学的診断
  • Q28 病理診断とは何ですか?また、どのような場合に行われるのですか?
  • Q29 細胞診とは何ですか?また、どのような場合に行われるのですか?
  • Q30 組織診とは何ですか?また、どのような場合に行われるのですか?
  • Q31 骨髄穿刺(生検)とは何ですか?
  • Q32 組織診(生検)は、肺がんに悪い影響を及ぼしませんか?
  • ◆肺がんの病態と病期
  • Q33 肺がんの組織学的分類とは何ですか?
  • Q34 肺がんの進行度は、どのようにして表されますか?
  • Q35 遠隔成績とは何ですか?
  • Q36 肺がんの予後に、最も影響を及ぼすものは何ですか?
  • 入院
  • ◆入院時の心構えと準備
  • Q37 肺がんと診断されたら、どのくらいの期間、入院や通院しなければなりませんか?
  • Q38 入院時には、何を準備すればよいでしょうか?
  • Q39 インフォームド・コンセントとは何ですか?
  • Q40 手術前日はどのように過こせばよいでしょうか?
  • 転移の病態と臨床
  • ◆肺がんの転移とは
  • Q41 がんはどのように転移するのでしょうか?
  • Q42 肺がんから転移しやすい臓器はどこですか?
  • Q43 血行性転移とは、どのようなことですか?
  • Q44 リンパ行性転移とは、どのようなことですか?
  • ◆血行性転移
  • Q45 肝転移の特徴的な症状は?また、どのような診断法がありますか?
  • Q46 骨転移の特徴的な症状は?また、どのような診断法がありますか?
  • Q47 脳転移の特徴的な症状は?また、どのような診断法がありますか?
  • 肺がんの治療
  • ◆治療法の種類とその適応
  • Q48 外科(手術)療法とは、どのようなものですか?また、どのくらいの期間がかかりますか?
  • Q49 外科(手術)療法の方法は?また、その適応はどのように判断されるのですか?
  • Q50 小細胞肺がんの化学療法とは、どのようなものですか?
  • Q51 非小細胞肺がんの化学療法とは、どのようなものですか?
  • Q52 化学療法による副作用は、なぜ起こるのですか?
  • Q53 化学療法による副作用の症状とその対処法は?
  • Column 専門医からみたイレッサ(R)
  • Q54 放射線療法とは、どのようなものですか? また、どのような場合に、どのくらいの期間、行われるのですか?
  • Q55 放射線療法は人体に悪い影響を及ぼしませんか?
  • Q56 陽子線療法とは、どのようなものですか? また、その効果は?
  • Q57 免疫療法とは、どのようなものですか? また、その効果は?
  • Q58 光線力学的治療とは、どのようなものですか?また、その効果は?
  • Q59 漢方療法とは、どのようなものですか? また、その効果は?
  • Q60 モノクローナル抗体治療とは、どのようなものですか?また、その効果は?
  • Q61 遺伝子治療とは、どのようなものですか? また、その効果は?
  • Q62 温熱療法とは、どのようなものですか? また、その効果は?
  • ◆外科(手術)療法
  • Q63 手術をしない肺がんはありますか?
  • Q64 手術をする場合は、どのくらいの期間入院するのでしょうか?
  • Q65 手術にあたって、知っておくべきことや注意すべきことはありますか?
  • Q66 小細胞肺がんと非小細胞肺がんでは、手術方法は異なるのでしょうか?
  • Q67 肺がんの内視鏡治療とは、どのようなものですか?
  • Q68 肺がんの拡大手術とは、どのようなものですか?
  • Q69 肺がんの縮小手術とは、どのようなものですか?
  • ◆手術後の管理とリハビリテーション
  • Q70 手術の直後、具体的に何に注意したらよいでしょうか?
  • Q71 胸水とは何ですか?また、どのようにコントロールするのですか?
  • Q72 肺がんの手術後の合併症には、どのようなものがありますか?
  • Q73 合併症の予防法、対処法を教えて下さい。
  • Q74 肺がん手術のリハビリテーションは、どのようなものですか?
  • ◆術後補助療法
  • Q75 術後補助療法とは、どのようなものですか?
  • Q76 化学療法による術後補助療法とは、どのようなものですか?期間と副作用を具体的に教えて下さい。
  • Q77 放射線療法による術後補助療法とは、どのようなものですか?期間と副作用を具体的に教えて下さい。
  • ◆退院後(手術後の生活)
  • Q78 退院後は、どのような日常生活を過こせばよいでしょうか?
  • Q79 食事で特に注意すべきことはありますか?
  • Q80 手術後、どのくらいの期間、通院しなければならないのでしょうか?
  • Q81 肺がんが完治したといえるのはいつですか?また、再発予防には何が必要ですか?
  • 禁煙外来
  • Q82 タバコを1日にどれくらい吸うと肺がんになるのでしょうか?
  • Q83 ヘビースモーカーでも肺がんにならない人もいますが、なぜですか?
  • Q84 子供が欲しいのですが、喫煙は赤ちゃんにも影響がありますか?
  • Q85 周囲に喫煙者が多い環境ですが、肺がんになるリスク(危険性)は高くなりますか?
  • Q86 タバコがどうしてもやめられないのですが、有効な禁煙方法はありますか?
  • Q87 タバコをやめれば、肺はもとのようになりますか?
  • Q88 タバコをやめると、ストレスがたまって体に悪いのではないですか?
  • Q89 タールやニコチン量の少ないタバコに代えると、肺がん発症のリスク(危険性)は減少しますか?
  • Q90 タバコを吸い続けると、肺がん以外にどんな病気にかかりやすくなりますか?
  • Q91 喫煙者と非喫煙者の死亡率に差はありますか?また、タバコをやめるとその差はどうなりますか?
  • その他
  • Q92 民間療法、特に健康食品をどのように考えたらよいでしょうか?また、肺がんに効果はありますか?
  • Q93 肺がんの集団検診について教えて下さい。
  • ◆臨床試験
  • Q94 臨床試験とはどのようなものですか?
  • Q95 臨床試験に協力した場合のメリットとデメリットについて教えて下さい。
  • Q96 臨床試験の有効性や安全性はどのようにチェックされているのですか?
  • ◆疼痛(がんの痛み)について
  • Q97 痛みはどのようにして起こるのですか?
  • Q98 どのような痛みがありますか?また、その痛みをどのように伝えたらよいでしょうか?
  • Q99 現在行われている痛みの治療法とその適応、副作用について、具体的に教えて下さい。
  • Q100 ホスピスとは、どのようなところですか?
  • 肺のしくみ
  • キーワード解説
  • 文献
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

文献

P.235 掲載の参考文献
1) 日本臨床腫瘍研究会(編):臨床腫瘍学second edition. 癌と化学療法社, 東京, pp.868-880, 1999
1) 禁煙のためのニコレットホームページ http://www.nicorette-j.com/
1) Blot WJ, Fraumeni JF Jr:Cancers of lung and pleura. In:Cancer Epidemiology and Prevention, 2nd ed (ed by Schottenfeld D, Fraumeni JF Jr). pp. 637-665, Oxford University Press, NY, 1996
1) 日本肺癌学会(編):肺癌取り扱い規約改訂第5版. 金原出版, 東京, 1999
1) Slamon DJ, Leyland-Jones B, Shak S et al:Monoclonal antibodies as agonists, An expanded role for their use in cancer therapy. Cancer Res 54:5301-5309, 1994
1) 奥仲哲弥ほか:局所療法 PDT. がんの化学療法(前編), 最新医学3月増刊号. 西條長宏(編), 最新医学社, 大阪, pp.771-779, 2001
1) Benowitz NL, Hall SM, Herning RI et al:Smokers of low-yield cigarettes do not consume less nicotine N Engl J Med 309 (3):139-142, 1983
1) 北村 諭, 坂東政司:合併症とその予防および対策. 気管支鏡-臨床医のためのテクニックと画像診断. 日本気管支学会(編), 医学書院, 東京, p.201, 1998
1) 山本 昇, 西條長宏:がん化学療法の副作用と対策. 中外医学社, 東京, 1998
1) 日本肺癌学会(編):肺癌取り扱い規約改訂第5版. 金原出版, 東京, 1999
1) がんの統計編集委員会(編):がんの統計2001年度版. 財団法人がん研究振興財団, 2002
1) 国立がんセンター中央病院内科レジデント(編):がん診療レジデントマニュアル 第2版. 医学書院, 東京, 2000
1) 鈴木健司:縮小手術とその適応. 肺癌19 (1):67-70, 2002
1) US Public Health Service, Smoking and Health:Report of the Advisory Committee to the Surgeon General of the Public Health Service. U. S. Department of Health, Education, and Welfare, Public Health Service, Center for Disease Control, Atlanta, GA. PHS Publication No 1103, 1964
1) Samet JM:Health benefits of smoking cessation. Clin Chest Med 12 (4):669-679, 1991
1) 河野修興:呼吸器疾患と腫瘍マーカー. 日本内科学会雑誌88 (1):141-147, 1999
1) DeViia VT, Hellman S, Rosenberg SA:Cancer of lung. Cancer:Principles and Practice of Oncology, Sixth Edition. DeVita VT, Hellman S, Rosenberg SA (eds.), Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2001
1) 聖路加国際病院看護部緩和ケア検討会症状マネジメントグループ(編):がん疼痛マネジメントマニュアル 第2版. 医学書院, 東京, 1999
1) 卯木次郎ほか:がんの疼痛緩和について, がんの痛みが消えるとき 苦しまずに生きていくために. 厚生省保健医療局疾病対策課(監), 武田文和(編), 社会保険出版社, 東京, pp.36-55, 1997
1) 厚生統計協会(編):国民衛生の動向. 厚生の指標 47(9):52-53, 1998
1) Hill RP:Metastasis. In The Basic Science of Oncology. Pergamon Press, New York, pp. 160-175, 1987
1) Struve-Christensen E:Iatrogenic dissemination of tumor cells. Dissemination of tumor cells along the needle track after percutaneous, transthoracic lung biopsy. Dan Med Bull 25 (2):82-87, 1978
1) 日本肺癌学会(編):肺がん取り扱い規約 改訂第5版. 金原出版, 東京, 1999
2) 日本臨床腫瘍研究会(編):臨床腫瘍学second edition. 癌と化学療法社, 東京, pp.941-950, 1999
2) World Cancer Research Fund in Association with American Institute for Cancer Research:Lung. In:Food, Nutrition and the Prevention of Cancer:a Global Perspective. pp.130-147, American Institute foe Cancer Research, Washington DC, 1997
2) 原 信之, 中西洋一:肺癌. 日本臨床 59:322-328, 2001
2) 淀川キリスト教病院ホスピス(編), 柏木哲夫(監):緩和ケアマニュアル 改訂第4版. 最新医学社, 大阪, pp.31-73, 2001
2) 仁井谷久暢(監), 西條長宏(編):肺癌診療ハンドブック第2版. 中外医学社, 東京, pp.60-65, 2001
2) 日本肺癌学会(編):肺癌取り扱い規約改訂第5版. 金原出版, 東京, 1999
2) Hammond EC:Smoking in relation to the death rates of one million men and women. In Haenszel W (ed.) Epidemiological approaches to the study of cancer and other chronic diseases. NCI Monograph 19. U.S. Department of health, Education, and welfare, public health service, national cancer institute, pp. 127-204, January 1966
2) The Health Benefits of Smoking Cessation:A Report of the Surgeon General. US Dept of Health and Human Services, Washington, 1990
3) Stellman SD, Takezaki T, Wang L et al:Smoking and lung caner risk in American and Japanese men:An international case-control study. Cancer Epidemiol Biomakers Prev 10 (11):1193-1199, 2001
3) The Alpha Tocopherol, Beta Carotene Cancer Prevention Group:The effect of vitamin E and beta carotene on the incidence of lung cancer and other cancers in male smokers. N Engl J Med 330 (15):1029-1035, 1994
3) Kahn HA:The dorn study of smoking and mortality among U. S. veterans:Report of eight land one-half years of observation. In Haenszel W (ed.) Epidemiologicalapproaches to the study of cancer and other chronic diseases. NCI Monograph 19. U. S. Department of health, Education, and welfare, public health service, national cancer institute, pp.1-125, January 1966
3) Feld R, Borges M, Giner V et al:Prognostic factors in non-small cell lung cancer. Lung Cancer 11 (Suppl 3):S 19-23, 1994
4) Hirayama T:Life-Style and Mortality:A Large-Scale Census-Based Cohort Study in Japan (Contributions to Epidemiology and Biostatistics, Vol 6) Basel:Krager, 1990

最近チェックした商品履歴

Loading...